化学物質管理

ラベル等表示内容

※本ページは化管法政省令改正後のSDS制度のページです。
  施行日 : 平成24年6月1日(純物質)、指針
  施行日 : 平成27年4月1日(混合物(混合製品))

指定化学物質等取扱事業者は、指定化学物質等を容器に入れ又は包装して、譲渡し又は提供する場合において、性状取扱情報を提供する際は、その容器又は包装にJIS Z 7253:2012に適合する表示を行うよう努めなければいけません。

  1. 【提供する情報】
  2. 1.指定化学物質の名称、又は指定化学物質を含有する製品である場合当該製品の名称
  3. 2.物理化学的性状、安定性、反応性、有害性及び環境影響
  4. 3.貯蔵又は取扱い上の注意
  5. 4.物理化学的性状、安定性、反応性、有害性又は環境影響に対応する絵表示
  6. 5.表示をする者の氏名(法人にあっては、その名称)、住所及び電話番号
  7. 6.注意喚起語

※JIS Z 7253に適合したラベル提供の努力義務規定については、純物質は平成24年6月1日から、混合物は平成27年4月1日から適用となります。

JIS Z 7253:2012 ラベルに必要な情報

  1. 1 危険有害性を表す絵表示
  2. 2 注意喚起語
  3. 3 危険有害性情報
  4. 4 注意書き
  5. 5 化学品の名称※1
  6. 6 供給者を特定する情報
  7. 7 その他国内法令によって表示が求められる事項

※1「化学品」は「製品」と同意
(日本規格協会 JIS Z 7253:2012 から引用)

<絵表示の例>
絵表示の例

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター  リスク管理課  PRTRサポートセンター
TEL:03-5465-1681  FAX:03-3481-1959
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ