化学物質管理

分解性・蓄積性に関するQSAR・カテゴリーアプローチの活用

View this page in English

化審法で取得された分解性・蓄積性のデータを解析することにより、構造活性相関モデルやカテゴリーアプローチ手法の適用性等について検討を行うと共に、それらの手法を化審法の運用に役立てています。

新規化学物質の類推による届出の妥当性の評価

類推を用いた新規化学物質の届出(相談案件)に対し、構造活性相関の予測結果やカテゴリーアプローチの検討結果に基づき、届け出られた類推の妥当性について検証し、その結果を化審法の審議会に報告しています。
 本業務において得られた化学構造と分解性に関する知見を、以下に公開しています。

ページトップへ

化学物質の新規審査における合理化検討

化学物質の新規審査における合理化検討において、構造活性相関・カテゴリーアプローチの専門家として検討しています。この検討の結果、新規化学物質の蓄積性の類推による届出の際のルールが見直され明確化されました。
 本業務において実施した解析結果等を踏まえ、明確化されたルールは次のとおりです。

ページトップへ

新規届出物質に対する審査参考資料の作成

NITE構造活性相関委員会でバリデーションが行われたQSARモデルNITEが開発したカテゴリーアプローチ手法を用いて、化審法新規化学物質の予測を行い、その結果を参考資料として化審法の審議会に提出しています。

ページトップへ

カテゴリーアプローチによる化学物質の生物濃縮性予測

カテゴリーアプローチによる化学物質の生物濃縮性予測

NITE構造活性相関委員会(平成16年度~平成23年度)において開発された「カテゴリーアプローチによる生物濃縮性の予測手法」の報告書を公開しています。

ページトップへ

分解性・蓄積性データ及びその活用方法の公開

化審法既存化学物質の安全性点検結果(分解性・蓄積性)及び判定済みの化審法新規化学物質並びにその変化物である既存化学物質の蓄積性に関するデータを解析用データとして公開しています。
 また、OECD QSAR Toolboxを利用して、これらの公開データをデータベースとして活用する方法のマニュアルを公開しています。 類推による届出や構造活性相関の解析などにご利用下さい。

既存化学物質

判定済みの化審法新規化学物質

OECD QSAR Toolboxを用いた公開データの活用方法に関するマニュアル

OECD QSAR Toolbox活用マニュアル(データのインポートと構造検索)【PDF:3.9MB】

ページトップへ

過去の活動

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター  安全審査課  QSAR担当
TEL:03-3481-1735  FAX:03-3481-1950
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ