化学物質管理

(5)紫外線とその防止指数(SPF及びPA)について

紫外線は波長が190~400nmの範囲の電磁波で、太陽光線に含まれています。地表に到達する電磁波の中で一番波長が短く高いエネルギーを持っており、多量の紫外線を皮膚に浴びると種々の障害が発生します。

「1.化粧品」表紙画像

紫外線はその波長により、さらに下記の3つに分けられますが、それぞれの生物学的作用が異なっています。

紫外線防止効果の目安として、SPFとPA分類があります。

SPF(Sun protection factor):

紫外線防止用化粧品に表示されている紫外線のカット効果を示す指標です。

SPFの数値は、太陽光中のUV-B(中波長域紫外線、290~320nm)によって皮膚に紅斑ができるまでの時間を何倍にのばせるかを示したものです。現在、SPFの表示には上限が設けられており、SPF測定結果が統計的に50を越えるUVケア化粧品についてはSPF 50+ と表示されます。

ただし、これらはあくまで実験室内の一定条件下で測定したものであり、一方実際の使用場面では種々の影響を受けますので、SPFはあくまで目安です。

PA(Protection grade of UVA):

紫外線防御能の中で、UV-A(長波長域紫外線、320~400nm)防止効果の程度を示す目安です。SPFのように数値でその効果を表すのではなくて、三つの分類

  • PA+(UVA防止効果がある)、
  • PA++(UVA防止効果がかなりある)、
  • PA+++(UVA防止効果が非常にある)で表示されます。

日本化粧品連合会の目安

図:生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方

生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方のチャート図

記載を確認し使用目的によって、製品を選択することが重要です。

紫外線を浴びる女性のイラスト

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
TEL:03-3481-1977  FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ