適合性認定

認定センターよくあるお問い合わせ(FAQ)

View this page in English

IAJapanとは

IAJapan(アイエイジャパン)とは何ですか?
IAJapanは国際基準を満たしていますか?
官民の認定機関の認定範囲の違いを具体的に明確にしていただきたい。

ページトップへ

試験所・校正機関認定制度とは

ISO 9000、ISO 14000等の認証と試験所認定との違いは何ですか。
認定ラボのメリットとは何ですか。

ページトップへ

ISO/IEC 17025の一般的解釈について

ラボの独立性はどのくらい必要でしょうか。
試験室には必ず仕切が必要なのでしょうか。
コンサルタントと試験業務の切り分けが難しいのですが。

ページトップへ

ILAC/APLACについて

APLAC/MRA、ILAC/MRAとは何ですか。また、そのメリットは何ですか。
ILAC(APLAC)MRAの認知の対象になることによって、よけいな義務が生じるのではないですか?
近年、国内よりも海外での現地事業所の認定が必要ですが、海外事務所について認定を受けることは可能ですか。

ページトップへ

JNLA/JCSS有料サービスについて

サーベイランス契約は何年契約でしょうか? また、料金の支払いは契約内でしょうか?
なぜ、サーベイランスを有料で行うのでしょうか?
試験結果・校正結果の適切性を主張するには、認定国際基準にあった制度運営に基づいている認定を受けていることが重要であると理解しますが、そうしますとMRA等に対応しないJNLAまたはJCSSの認定そのものの位置づけはどうなるのでしょうか。存在意義そのものがなくなるように思われるのですが。
1年以上審査や検査を受けずにいた場合、国際的な認定が必要になったときに、技能試験及び立入検査を受けて、国際的な認定を得ることはできますか。
MRA等への対応を希望しない場合、立入検査の受審は、問題があった場合又は抜き打ち的に行う場合に限定されるのでしょうか。技能試験への参加義務はなくなるのでしょうか。JNLAの認定レベルを維持できているかどうかをどのように確認するのでしょうか。認定国際基準に合致した認定を受けている等の主張をしなければ、従来通りの認定を維持できるのでしょうか。
JNLA(JCSS)の初回認定を受けても、第一年目のサーベイランスを受けるまでは、サーベイランスを受けない事業者との区別はないので、MRA対応主張はできないのではないですか?
MRA対応ラボのダイレクトリ掲載の条件は何ですか?

ページトップへ

ASNITEについて

ASNITE(アズナイト)とは?
ASNITE/IAJapanを実施する根拠はどこにあるのですか?
認定は技術能力を評価するものですが、国の最高技術機関であるNMIの技術能力の評価は誰が行うのでしょうか。
技能試験を義務づけるのでしょうか。
標準物質生産者の場合、同一の標準物質に対し複数の事業者を認定するのでしょうか。
標準物質生産者の認定と国家標準の関係はどうなっていますか?

ページトップへ

その他

自己適合宣言について教えてほしい。
JCSS、JNLA等の一般要求事項の文書の中に、「製品認証を暗示するような認定の引用をしない」旨の要求事項がありますが、どのようなことが想定されますか。
審査チームはどのようなメンバーで編成されますか。
認定センターに文書を送付する際の注意事項は何かありますか。

認定センターよくあるお問い合わせ(FAQ)にあるページ一覧

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター
TEL:03-3481-1946  FAX:03-3481-1937
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ