製品安全

Vol.267  7月12日号「ゴキブリなどの小動物にかかわる事故」

  
 
 ■■■◆              2016.7.12 VOL.267
==■    ◆===========PSマガジン(製品安全情報マガジン)===========
 ■■■◆  ■■■       製品安全についての情報をお届けします。
 ■    ■                            (第2・4火曜日発行)
 ■        ■■ >>>‥‥‥‥………………………………‥‥‥‥‥>
             ■ NITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]
         ■■■                  製品安全センター
====================================================================

  予期できない思わぬ事故の中にゴキブリやネズミなどの小動物がかかわ
  るものがあります。夏は、害虫などの活動が活発になるので、少しでも
  寄りつかない環境にするため、こまめに清掃するなど事故の未然防止を
  図りたいところです。今回は、ゴキブリなどの小動物がかかわる事故を
  紹介します。

======================================================================
               項目一覧 
======================================================================
1.ゴキブリなどの小動物にかかわる事故

2.製品事故収集情報(6月22日~7月5日 受付 181件)

3.社告・リコール情報( 3件)

4.その他の製品安全情報
  ・「製品安全セミナー」のご案内
  ・「生活の安全を科学する」のご案内
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について

5.編集後記

===================================
         1.ゴキブリなどの小動物にかかわる事故
===================================

  【事例1】
    電磁調理器の上に置いていた樹脂製の調味料容器が溶融した。

   →電源スイッチが入ったIH調理器に入り込んだ小動物(ゴキブリ)が
    併設しているラジエントヒーターに接触したために誤作動し、ヒー
    ター部分が加熱したものと考えられます。

  【事例2】
    電気冷蔵庫とその周辺を焼く火災が発生した。
   
   →内部配線を小動物(ネズミ)がかじったことによりショートが発生
    したものと考えられます。 

  【事例3】
    シャワーを使うためにガス給湯機能付ふろがまの点火操作を2回行っ
    たところ、爆発を伴う火災が発生して周辺が破損し、1人が重傷を
    負った。

   →使用者は事故の直前まで、別の部屋で可燃性ガスが入った噴射式殺
    虫剤を使用していました。浴室に流れ込んだ可燃性ガスに点火操作
    時の火花が引火したものと考えられます。
  
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  【事例1の注意事項】
   小動物が内部に入り込むなど、思わぬ原因で製品に通電してしまうこ
   とがあります。事故を防ぐために、「熱源を持つ調理機器などの上に
   物を置かない」、「使用後は電源スイッチの『切』を確認する」、
   「使用しない場合は電源プラグを抜く」など、日頃から注意してくだ
   さい。

  【事例2の注意事項】
   冷蔵庫の背面や底面は、ネズミが活動しやすい場所です。こまめに清
   掃するなど、少しでもネズミが寄りつきにくい状態にしてください。
   また、土間や軒下、ベランダ等の屋外設置はネズミが侵入するリスク
   が高いため、避けてください。

  【事例3の注意事項】
   可燃性ガスが含まれているスプレー製品を使用したら、窓を開けるな
      ど換気を行ってください。


  ■その他の事故事例は以下「事故情報の検索」をご活用ください。
   http://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/search/index.html
===================================
            2.製品事故収集情報            
===================================
  ◆◆◇     消費生活用製品の事故情報収集状況     ◇◆◆
                     (6月22日~7月5日 受付 181件) 
  NITEに通知のあった事故情報から、件数の多い製品を掲載します。

    ======================================================== 
         製品名            (事故状況と件数)
      1.洗面化粧台               (破損等  49件)
     2.ACアダプター(タブレット端末用)   (破損等  29件)
     3.パソコン                  (破損等  27件)
     4.ガスふろがま              (破損等   5件)
     5.エアコン                 (死亡等   4件)
     5.ガス給湯器                (破損等   4件)
    ======================================================== 
        洗面化粧台は、キャビネットが落下したという49件の同種事故、
    ACアダプター(タブレット端末用)は、コード部分から火花が
    出たという29件の同種事故、パソコンは内部が焼損したという
    27件の同種事故です。

  ◇最新事故情報(これまでの受付情報もご確認いただけます)
   http://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/information/index.html

  ■事故情報の提供をお願いいたします。
   事故の再発防止のため、有効に活用させていただきます。
      http://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/shushu/index.html

===================================
              3.社告・リコール情報
===================================

   ◆株式会社東京スタイル「サンダル」                     6/16(HP)
   【詳細】 http://www.tokyostyle.co.jp/news/brand/bosch_2.php

  ◆ウルシヤマ金属工業株式会社「ガスこんろ用炊飯釜」   6/27(HP)
   【詳細】 http://www.umic-all.com/products/kamadaki_koukan/index.html

    ◆株式会社クロスワーク「運動器具」           7/ 8(HP)
   【詳細】 http://crosswork.the-buyer.jp/news.php?nId=22

===================================
             4.その他の製品安全情報
===================================
   ◆◆◇      「製品安全セミナー」のご案内       ◇◆◆

                             経済産業省

  経済産業省では、製品の安全な使用法やリコール製品等について情報提
  供・注意喚起を行っており、その一貫として、平成19年3月から消費者向
  けにセミナーを開催しています。NITEからも講師を派遣します。ぜひご
  参加ください。

  【開催日】2016年7月31日
  【会 場】京都府 吉津地区公民館

  【開催日】2016年10月3日
  【会 場】高知県 一寿司会館

  【開催日】2016年10月4日
  【会 場】石川県 石川県女性センター

  【開催日】2016年10月5日
  【会 場】北海道 江別市野幌公民館  

  【開催日】2016年10月25日
  【会 場】秋田県 上小阿仁村生涯学習センター  

  【開催日】2016年10月29日
  【会 場】福島県 南相馬道の駅  

  【開催日】2016年11月1日or2日
  【会 場】静岡県 裾野市生涯学習センター

  【開催日】2016年11月20日
  【会 場】鳥取県 ハワイアロアホール

  【開催日】2016年11月29日
  【会 場】青森県 三八地区田子町

  【開催日】2016年12月7日
  【会 場】岡山県 哲多総合センター

  【詳 細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/consumer/seminar.html

    ----------------------------------------------------------------
   ◆◆◇     「生活の安全を科学する」のご案内      ◇◆◆
 
            早稲田大学グローバルエデュケーションセンター

   生活の安全・安心について、なぜ身の回りに安全をおびやかす問題が起
    こるのか、その検査・検出方法や問題のありかを科学的にひもときなが
    ら、社会や生活のなかにどのように安全を担保していくのかを考えてい
    きます。また、現役早大生も一緒に受講し、グループワークの機会も設
  ける予定です。

  ◇一般財団法人化学物質評価研究機構(CERI)連携プログラム
  【開催日】2016年10月1日(土)~12月3日(土)
       13:00~14:30 14:45~16:15
  【会 場】早稲田大学 早稲田キャンパス
   【参加費】10,000円(税込)
  【詳 細】 http://www.waseda.jp/inst/gec/news/2016/06/27/3334/
    ----------------------------------------------------------------
    ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について   ◇◆◆

                              消費者庁

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
  あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

     7/12    7件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160712kouhyou_1.pdf

     7/08   15件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160708kouhyou_1.pdf

     7/05    4件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160705kouhyou_1.pdf

     7/01    5件  http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160701kouhyou_1.pdf

===================================
              5.編集後記

  さまざまな虫の鳴き声が窓の外から聞こえてくる季節になりました。幼
  い頃、夏の夜に近所の畑の横を通ると「ジーーーーッ」という音が聞こ
  えたものです。周りの大人からは「ミミズの鳴き声」だと聞いていまし
  たが、十数年経った頃、あれはおけらの鳴き声だったのだと知りました。

===================================

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
                                                          
  PSマガジン配信先の紹介等PSマガジンの普及にご協力をお願い致
  します。また、社内報や広報誌、回覧板などへの掲載も歓迎致します。
                                                              
  PSマガジンに関するお問い合わせ、「その他の製品安全情報」欄へ
  掲載のご希望などがありましたら、以下のメールアドレスまでご連絡
  ください。( mailto:ps@nite.go.jp )                      
                                                             
  配信登録や解除、配信メールアドレスの変更は、下記HPからお願い
  致します。(PSマガジンのバックナンバーも掲載しています)              
   http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/mailmagazin/index.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         【編集・発行】 独立行政法人  製品評価技術基盤機構 
                 製品安全センター リスク評価広報課
                http://www.nite.go.jp/jiko/index.html


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図