製品安全

65一般財団法人日本燃焼機器検査協会

一般財団法人日本燃焼機器検査協会(法人番号 1021005009164)

基本情報
本社(本部) 〒 247-0056   神奈川県鎌倉市大船1751
TEL 0467-45-6311   FAX 0467-45-6968   http://www.jhia.or.jp
交通アクセス
JR 大船駅東口→5番線〔湘南モノレール側バスターミナル〕
「大船警察署前」バス停(ただし、資生堂経由は乗車不可)下車徒歩1分
地方事業所(支所)
問い合わせ先 〒 247-0056   神奈川県鎌倉市大船1751
総務部 総務グループ
TEL 0467-45-6312   FAX 0467-45-6968
代表者名 理事長  大野 栄一
資本金(基本金) 1000百万円
従業員 34人(うち、技術者24人)
主な試験対象製品 石油燃焼機器及び関連部品
原因究明を行う範囲 事故品が消失した場合であっても、可能な場合は事故同等品を入手して、製品、部品、材料等の性能・成分の試験をする他、現地調査や事故再現試験を行って、可能な限り総合的に判断する。
試験以外の対応 電話相談(無料)
技術的相談(石油燃焼機器の開発、生産に係る品質管理の管理技術)
現地調査(専門家派遣)
他の機関との連携体制 なし
手数料規定 あり
調査依頼手続き・方法
  1. 1.調査内容の連絡を受ける
  2. 2.依頼内容について依頼主と事前に打合せる
  3. 3.依頼試験申請書を発送する
  4. 4.調査内容を依頼主と細部に打合せる
  5. 5.依頼試験申請書、試料、試験料を受理する
  6. 6.調査手続き依頼完了
  7. 7.依頼試験
  8. 8.試験成績書作成・発行

ページトップへ

調査(究明)体制の受入

(A:受入可能  B:条件付き受入  C:受入不可能  -:保留)

依頼者
利用目的
個人
(依頼弁護士を含む。)
企業
(依頼弁護士を含む。)
裁判外紛争
処理機関
地方自治体 裁判所
民事紛争処理
(相対交渉の判断材料から裁判における証拠)※
B1,2 B1,2 B1,2
行政の紛争処理
(行政が行う調停等)
B2 B2 B2 B2 B2
裁判所からの鑑定依頼 B2
行政からの依頼
(行政措置の実施等)
B2 B2
Bの場合の条件 
B1:一次処理機関(消費者センター等)で受付等されていること。
B2:試験内容の条件等が明確になっていること。
※裁判の証拠としての利用は調査の精度として保証できない場合等もある。(ケースバイケースである。)

ページトップへ

製品分野別の原因究明事例

[機械器具/石油器具]
事故
内容
異常燃焼(火傷・発火,燃料の異常流出燃焼,しんの出寸法に係わる異常燃焼,臭気,停電時の異常燃焼,ポットバーナー内の異常燃料溜まり,傾斜・転倒時の異常燃焼,熱反射異常燃焼,異常過熱,給湯経路の水質,給湯温度制御異常,ふろ経路空だき,風による異常燃焼,点火装置の異常,不完全燃焼による中毒,室内環境ガス濃度(室内及び機器のガス濃度),異常燃焼によるこんろ・なべなどからの溢れ,放射強度,安全装置・電気回路系の異常(漏電,接地不良,電気回路の接触不良,電気雑音等による誤作動,遠隔操作の誤動作,異常音(騒音)振動による着火,材料老化(油漏れ),熱交換機の水漏れ,排ガス漏れ,冷媒ガス漏れ,歪み,変形,耐熱性,低温時の異常性,繰返し作動,異常性,プラスチック及びゴム材の燃焼性・耐熱性・耐油性・耐寒性
使用原因
究明機器
燃焼計測システム,熱電対温度計,ハイブリッド温度記録計,赤外線ガス分析計(CO・CO),電子台ばかり,精密微差圧計,マノメータ,簡易ドラフト計,スモークテスター,ガスクロマトグラフ,標準比重計,粘度計(ウベローデ,キャノンフェンスケ),セーボルト比色計,硫黄分析試験器,自動引火点試験器,煙点試験器,熱量計,暖房出力測定装置,床暖房出力測定装置,交流安定化電源,トルクメータ,吸上測定装置,上皿直示天秤,上皿電子天秤,防爆型乾燥器,引張試験機,高温油槽,油量調節器流量試験装置,落差測定装置,気密試験装置,低温恒温室,傾斜試験装置,引張転倒値測定装置,転倒油漏れ試験装置,転倒消火試験装置,熱反射試験装置,水質試験装置(濁度,色度,銅,亜鉛,鉛,残留塩素,カドミウム,鉄,六価クロム,過マンガン酸カリウム消費量,硬度),耐風性試験装置,耐風速性試験装置,耐風圧性試験装置,逆風圧試験装置,点火試験装置,CO分析計,O分析計,NO分析計,THC分析計,SO分析計,注水試験装置,煮こぼれ試験装置,放射効率試験装置,オシロスコープ,恒温槽,不完全燃焼防止装置の作動試験装置,密閉試験装置,給気不足試験装置,排気筒外れによる安全性試験装置,耐ほこり性試験装置,振動試験装置,室温調節装置の作動試験装置,水流検知装置用試験装置,タイマ動作試験装置,消費電力測定装置,耐停電性試験装置,電気雑音試験装置(耐ノイズ,放射ノイズ,耐雷サージ,雑音端子電圧,耐静電気放電,耐瞬時停電),電波暗室,シールド室,耐散水性試験装置,絶縁抵抗計,テストフィンガ,恒温恒湿槽,耐電圧試験機,接地抵抗計,ミリオームメータ,音響計測器,低周波騒音計測器,無響室,乾燥機,塩水噴霧試験装置,漏れ試験装置,耐圧試験装置,テストポンプ,直示天秤,油タンク漏れ試験装置,逆止弁の閉止能力測定装置,低温試験室,気密性試験装置,かん合性試験装置,耐荷重試験装置,耐熱性試験装置,低温恒温槽,ハンドル繰返し試験機,油量調節器疲労試験機,口金機能試験機,対震耐久性試験装置,接点繰返し試験機,レバー繰返し試験機,巻き上式対震耐久性試験装置,注油ポンプ疲労試験装置,曲げ試験装置,マッフル炉,環境試験室,恒温水供給装置,BOD計,COD計,pH計

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図