製品安全

自転車による製品事故の防止について(注意喚起)(H21年10月)

NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構、理事長:安井 至)は、別添のとおり自転車による製品事故の防止について記者説明会を行いました。

公表日

平成21年10月14日

本件の概要

報道発表資料

発表日:
平成21年10月14日(水)
タイトル:
自転車による製品事故の防止について(注意喚起)
発表者名:
製品安全センター
資料の概要:

NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構、理事長:安井至、本部:東京都 渋谷区)に通知された製品事故情報のうち自転車による製品事故は、平成8年4月~21年8月までに563件(※1)ありました。平成18年度から平成20年度まで31 件、45件、67件発生し、平成21年度は5カ月間で37件と増加傾向にあり、本年7~8月には重大事故が5件発生しています。
563件のうち、調査が終了し結果を公表したものをみると「製品に起因しない事故」が87件、「事故原因が判明しない事故」が202件であり、合計すると289件で約6割を占めており、分析すると、使用者の年代別では10歳代が最も多くなります。
NITEが公表している自転車の製品事故のうち「製品に起因しない事故」と「事故原 因が判明しない事故」を合計すると死亡が15件、重傷が65件と重篤な事故が多くなっています。使用者が日常的に点検を行ったり、スポーク、前ホークへの異物の巻き込みをしないなど、正しく使用すれば防げたと考えられる事故が多くあることから、通知された製品事故の中から、使用者が日常的に自転車の点検を行う必要のある項目をとりまとめ、事故防止のために注意喚起することとしました。

(※1)平成21年8月31日現在、重複、対象外情報を除いた件数。電動アシスト自転車を除く。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図