製品安全

標準化業務 福祉用具共通試験方法

「福祉用具共通試験方法」は、様々な福祉用具に備わっている"機能"に着目し、機能ごとに安全性試験方法を整備したものです。この機能別試験方法の組み合わせによって、様々な福利用具の安全性試験を実施することができます。

<注意事項>
 この試験方法によって発生した事故や機器・用具の破損、いかなる不利益につきましても、当機構では一切責任を負いかねます。また、この試験方法は、事前の予告なしに、修正される場合があります。
 NITE(ナイト)は、計測業務や技術的コンサルタントは行っておりませんので、予めご了承ください。

搭乗関連

身体支持機能、リクライニング機能等、身体を支えるための機能の試験方法

機能名 説明
座位や立位姿勢等を保持する機能
用具上で人が滑ることを防止する機能や、床や路面上で用具が滑ることを防止する機能
柵やシートベルトなど用具から転落することを防止する機能
リフト等に吊り下げることができ、人を乗せることができる機能
携帯式段差解消用スロープなど、階段や段差、隙間を解消する機能
用具の座面や寝台、踏台、スリング等が昇降する機能
背もたれ(バックサポート)を後方に傾け、ある角度で固定することができる機能
用具に弾力(クッション性)を持たせる機能
座面とバックサポート(背もたれ)の角度を一定に保ったまま、座面を傾け、ある角度で固定することができる機能
用具の座面が回転できる機能

ページトップへ

移動・走行関連

移動機能、段差乗り越え機能等、用具を移動させるための機能試験方法

機能名 説明
駐車時に車輪やキャスタを固定する機能
車椅子の後部下方に付いているティッピングレバーなど、車椅子などを使うときに、段差を乗り越えやすくするための機能
用具の車輪が、溝などに落下することを防止する機能
車輪やキャスタに対して、人の操作で、ブレーキをかけ続けることによって用具を停止させておく機能
立位・歩行時のバランスを保つために、歩行器、歩行車、つえ、手すり等の用具につかまって体重を支えることができる機能
人を移動させる機能
キャスタを使って用具を移動させることができる機能人を移動させるものは除く
補助輪などによって、用具が傾いても転倒しないようにする機能
車いすや電動三輪車、歩行車等の走行時に、路面のガタツキから生じる衝撃を緩和するなど、路面の凹凸による衝撃をやわらげる機能
車椅子や電動三輪車、歩行車のかごなど、用具上に荷物を積むことができる機能
車椅子用テーブル、ベッド用テーブルなど、食器や文具などを載せたり、腕を置いたり、ひじをついて寄りかかったりすることができる機能
持ち手の付いた用具を手で容易に持ち運ぶ機能

ページトップへ

身体保護関連

非常停止機能、挟み込み防止機能等、使用者の身体に直接危害を及ぼすことを防ぐ機能の試験方法

機能名 説明 備考
用具のバリや突起で、身体を傷付けたり、身体や洋服が引っかかったりすることを防ぐための対策 .
用具の可動部の隙間にはさまれた異物を感知して可動を停止させる機能 .
身体による荷重を分散させることにより、体圧を低減させる機能 .
徘徊監視を目的とした離着床検知マットなど、ベッドからの離着床を検知する機能 .
用具の可動部にある隙間に異物を挟み込むことを防止する機能 (自動的に異物を感知して可動を停止する機能を除く。) この機能試験方法で用いる挟み込み確認ジグ寸法に関する資料は、下記を参照ください。
 

「挟み込み防止機能で使用するジグ寸法について」【PDF:763KB】

傷等の患部に、布団等の荷重がかからないようにする用具の機能 .

ページトップへ

操作関連

開閉機能、折りたたみ機能等、用具を操作するための機能試験方法

機能名 説明
用具の走行、方向転換、停止、昇降等の操作を乗車者及び介助者が行うことができる機能
用具を折りたたむことができる機能
用具にドア等の開閉することができる機能

ページトップへ

視覚関連

点灯・反射機能、表示機能等、視覚に関連する機能試験方法

機能名 説明
バックミラーなどによって後方を確認できる機能
用具の設定状態や警告・注意等を表示する機能
懐中電灯、反射板など、照明や指示灯を点灯・消灯させる機能。もしくは、反射版などにより、光を反射させる機能

ページトップへ

排泄関連

脱臭機能、抗菌機能等、排泄に関連する機能試験方法

機能名 説明
マットレスなどに付いている機能など、用具の内部にたまった湿気を外に出す機能
逆止弁など、水などが一方向のみに流れる機能
リフト用スリングやマットレスカバー等、用具を洗濯機等で洗濯可能なもの
尿等を吸引する機能
汚物を受けるための機能
尿瓶の受け部や、集尿器の受尿部など、尿を受けるための機能
用具に臭気が吸着することを防ぐ機能
用具使用時等に発生する臭気を、排気したり、閉じこめたりして除去又は緩和する機能
用具を消毒しても割れや硬化がないように対処されている機能
ポータブルトイレや尿瓶、差し込み便座の抗菌処理など、身体に対して有害な細菌が、用具に繁殖することを防ぐ機能

ページトップへ

水廻り関連

給排水機能、防水・防滴機能等、水廻りに関連する機能試験方法

機能名 説明
温水をノズルから吐出し、こう(肛)門洗浄又はこう門洗浄及びビデを行う機能
マットレスの表面素材などに付いている、水をはじく機能
電動車イスや電動三輪車の雨雪に対する防滴など、用具が水に濡れても、有害な影響を防ぐ機能
簡易浴槽、洗髪器、足浴器など、容器や浴槽で構成された水や湯を溜める機能
簡易浴槽等に付いている給水機など、水を供給する機能(給水機能)を持ったもの、及び、容器や浴槽等に付いている排水口、ホースなど、水を外へ流し出す機能
浴槽等の蓄水できる用具についている、水中に気泡を発生させる機能

ページトップへ

電気関連

電動機能、暖房機能等、電気に関連する機能試験方法

機能名 説明 備考
定格荷重移乗の荷物を載せたり、用具と他のモノが干渉して定格荷重移乗の負荷がかかったときに、可動を停止する機能 .
車輪、キャスタ、昇降部分、リクライニング部分等の可動部分が、電動装置によって可動する機能 .
電動車いすや電動三輪車等の電源供給として充電によって繰り返し使用できる電池をもったもの .
電動車いすや電動三輪車、充電されたバッテリーを積載して単独で作動する用具(バッテリー式の階段昇降機など)に付いている電池の残量を表示する機能 .
手動車いすに装着できるパワーアシスト用モータ、車輪等の手動で可動する部分について、電動機(モーター)等で人の力を補助する機能 .
非常時に、電動可動部を停止させる機能 .
ベッドサイドに設置するナースコールなど、緊急状態等を通報することができる機能 .
徘徊監視装置や携帯式集尿機など、用具を身につけるなどをして持ち歩くことができる機能 .
ナースコールの緊急通報ボタンや、ベッドからの離着床を検知した信号を送信・受信するなどの機能 .
インターホンなど、互いに離れた場所から会話をすることができる機能 .
シャワー機能付きトイレに付いている温風乾燥機など、身体を乾燥させるために、送風口等から温風が出る機能 .
足浴器などについている、身体に危険のない程度の遠赤外線を発生させる機能 この機能試験方法で用いるJIS C 1602(熱電対)の規準熱起電力表(一部抜粋)は、以下からダウンロードできます。
 

熱電対Kの規準熱起電力【PDF:45KB】

熱電対Rの規準熱起電力【PDF:47KB】
熱湯による消毒や入浴時の湯の追い炊きの際に変形、変質することがないような耐熱機能など、熱によって用具が変形したり、変質することがないような機能 .
ベッド用マットレスや車いすのシート素など、火源を近づけたり、接触させても、容易に燃焼しない機能 .
座面や背もたれ等を電気発熱体によって暖める機能 .

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  製品安全企画課標準・技術基準室
TEL:03-3481-6933  FAX:03-3481-1934
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ