製品安全

乳幼児用製品の共通安全対策

乳幼児に関する事故は、多数報告されています。これまでこのような事故に対しては個別製品ごとに事故防止対策を実施してきましたが、乳幼児に関連する事故は多種多様であり、個別製品ごとに安全対策を行うにことには限界があります。
NITE事故情報の乳幼児製品に関する事故(全720件)を危険源別で整理すると「機械的危険源」に起因する事故が最も多く(673件)、全事故の約93%を占めます。とりわけ以下の3項目の危険源による事故が多い結果となっています。
そこで、これら乳幼児製品に存在する危険源に対して製品横断的な安全規格を作成しています。

機械的危険源-隙間・開口部-身体挟み込み

身体挟み込みに関する詳細情報

*

ページトップへ

機械的危険源-不完全な構造-部品の外れ

*

ページトップへ

機械的危険源-不完全な構造-製品破損

*

乳幼児製品に関する事故(全720件)
危険源(大分類) 件数 危険源(中分類) 件数 有害事象 件数
機械的危険源 673 不完全な構造 340 部品の外れ 126
製品破損 113
製品のはまり込み 86
製品の急停止 7
製品の折りたたまれ 5
安全装置を子供が解除する 3
隙間及び開口部 231 体の一部、特に頭・首及び指の挟み込み 223
隙間からの転落 8
コーナー、エッジ及び先端部 49 先鋭部への接触 23
エッジ部分への接触 19
突起との衝突 5
ざらつく表面への接触 2
小さな物 23 異物鼻孔及び耳孔挿入 13
小さな物又は部品を飲み込む 10
不安定性 16 子供が乗ると製品が転倒する 16
可動物及び回転物 6 回転部に挟み込み 6
危険な高さ 3 製品の乗り越え 3
ループ 3 服・装具による締め付け 3
通気性のないエンクロージャ-
(ケース、包囲、筐体)
1 柔軟な材料が口や鼻を覆う 1
破裂 1 破片の接触 1
乳幼児製品に関する事故(全720件)
不十分な情報 30 不十分な情報 30 組み立てが不十分 28
適合しない製品の取り付け 2
化学的危険源 6 アレルギー 6 接触、吸入、摂取 6
熱的危険源 5 高温及び低温表面 5 高温表面接触 5
化学的危険源 3 毒性 3 接触、吸入、摂取 3
電気的危険源 3 断線・短絡 3 製品が火災の原因につながる 3

※NITE事故情報の乳幼児製品事故(2007~2012年)のうち事故原因が明らかになっているものを対象とした。

  • このホームページ上に公開されている文書、データ等著作権法上保護される一切の情報の著作権は独立行政法人製品評価技術基盤機構に帰属します。
  • このホームページ上で公開されている情報の全部もしくは一部を、当機構の許可なしに複製し第三者に開示することを禁じます。
  • 製品評価技術基盤機構は、本ホームページ上で公開されている情報に関していかなる保証をするものでもありません。
  • 万一内容に誤りがあった場合でも当機構は一切の責任は負いかねます。
  • このページへのリンクを希望される場合、また、印刷媒体、CD-ROM、VTR、放送等で利用される場合は、事前に E-Mail:standard@nite.go.jp までご連絡ください。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  製品安全企画課標準・技術基準室
TEL:03-3481-6933  FAX:03-3481-1934
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ