製品安全

製品安全分野長期ビジョン2030

 

 事故原因究明から得られた技術及び価値ある情報を適切に伝えることで、事業者による製品安全の取組と消費者の安全意識の向上への支援を通じ、豊かなくらしに貢献する。

趣旨

 本ビジョンは、来る2030年を想定し、今後、製品安全部門が担うべき使命とそれを実現するための必要な取組を明らかにするために策定いたしました。
 この長期ビジョンによって明らかになった使命を念頭に、これからも製品安全に係る諸活動に取り組みます。

解説

 「製品安全分野長期ビジョン2030」が示す具体的なイメージは以下のとおりです。

 本ビジョンの策定にあたっては、以下の3つのテーマを設定し、それぞれのイメージについて検討を行い、ビジョンとして取りまとめました。
 

【めざす社会像】
  1. 安全で健やかな社会
  2. 事業者が意識をもって製品安全に取り組んでいる社会
    事業者自身が使命をもって製品安全に取り組む社会、環境、仕組作り
    製品安全を通じた、生産活動に対する課題解決支援
  3. 消費者が製品安全の意識を育む社会

【2030年の象徴的な課題への取組】
  1. 環境・エネルギー、ソフトウエア・ネットワーク化された社会、製品への対応
  2. 製品ライフサイクル全般への取組

【めざす社会像を実現すためのNITE製品安全部門の取組】
  1. 最新技術情報の収集、技術的知見の維持、向上
  2. 分かり易く、広く確実な情報提供
  3. 海外危害情報の収集、提供とそれを支えるための、海外機関との連携
  4. 人材教育、人的資源の確保

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  製品安全企画課
TEL:03-3481-6566  FAX:03-3481-1870
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図