NITE HOME へ

NITEキッズ「NITEってなぁに?」

キッズページのトップへリンク集へ
 

HOMEキッズトップページ > 化学物質をより安全に利用するために 化学物質の「リスク」ってどういう意味?

  バイオテクノロジー分野

化学物質管理分野

適合性認定分野 製品安全分野  
 

化学物質と安全につきあうために 化学物質をより安全に利用するために

 
1
2
3
ステージ1-A
4

 

 

ステージ1 A 化学物質の「リスク」ってどういう意味?

 

ここからは、「化学物質をより安全に利用するために」3つのステージに挑戦(ちょうせん)! まずは「ステージ1」、化学物質の「リスク」について学ぼう!

 

お姉さん私たちの生活の中で大活躍(だいかつやく)している「化学物質」だけど、扱(あつか)い方を間違(まちが)えたらとても危険なの。

男の子

毒になるガスを吸い込(こ)んだりしたら大変だね。

お姉さんそうね、便利だけど「リスク」があるっていうことね。
女の子

え、その「リスク」ってなんのこと?

お姉さん難しい式で表すと

リスク=危険・有害性×ばく露量(ばくろりょう)

リスク=危険・有害性×ばく露量(ばくろりょう)
男の子

うわぁ〜!難しい〜!

女の子

「危険」はケガをしたりすることでしょ。

男の子

「有害性」って人間にとって毒になるっていうことだよね。

お姉さんそうよ。それに「ばく露」とは、「さらされる」つまり、私たちの傍(そば)にさらされて、吸ったり、食べたり、触(ふ)れたりしてしまうこと。
「ばく露量」は、その「さらされる」量のことね。
女の子

リスクとは、ケガの原因となったり、毒になったりするものをどれくらい吸ったり、食べたり、触(さわ)ったりするか、っていう意味ね。

リスク=ケガの原因や毒になるものをどれくらい吸ったり、触(さわ)ったりするか
お姉さんそうね、「リスク」とは、人間にとって「危険や害が生じる可能性」ということね。
男の子 さあ、これで「リスク」の意味が分かったぞ!

次のクイズに挑戦だあ!

 

前のページへ

次のページへ


 
Copyright © 2002-2011 National Institute of Technology and Evaluation All rights reserved.