バイオテクノロジー

Bacillus cereusのセレウリド合成酵素(CRS)遺伝子の検出

セレウリドはBacillus cereusが産生する毒素のひとつで、食中毒を引き起こす嘔吐毒素として知られています。そこでNBRCが保有するBacillus cereus 16株について、セレウリド合成酵素(CRS)遺伝子のPCR法を用いた検出試験を行いました。

供試菌株

NBRCで保有するBacillus cereus 16株(表1

方法

  1. 1.各菌株指定の液体培地(802培地)で1日間培養
  2. 2.DNAを抽出
  3. 3.供試菌株のDNA、ポジティブコントロールとしてキット付属のPositive control Template(CRSおよびLE)、ネガティブコントロールとして滅菌水をそれぞれ鋳型としてPCR反応(PCR条件は製品添付の説明書に従っています)
  4. 4.3%アガロースゲルで電気泳動後、エチジウムブロマイドで染色

使用キット

Bacillus cereus (CRS gene) PCR Detection Kit
(製品コード:RR132A、タカラバイオ株式会社)

結果

PCRで得られるセレウリド合成酵素(CRS)遺伝子の増幅産物は426 bpで、試験したNBRC株16株の全株において増幅産物は得られず、セレウリド合成酵素(CRS)遺伝子は保持していないことを確認しました。

全てのサンプルのPCR反応液はインターナルコントロール(I.C.)を含みますが、LEまたはCRS遺伝子由来の増幅産物が確認されたサンプルでは、インターナルコントロール由来の増副産物が確認できない場合があるとされています。
 試験は2回行い、同一の結果を得ています。




PCRの結果

表1. レーン番号と供試菌株

1 NBRC 3001
2 NBRC 3002
3 NBRC 3003
4 NBRC 3131
5 NBRC 3132
6 NBRC 3457
7 NBRC 3466
8 NBRC 3514
9 NBRC 3563
10 NBRC 3836
11 NBRC 13494
12 NBRC 13597
13 NBRC 13690
14 NBRC 15305
15 NBRC 103938
16 NBRC 109892
M マーカー
P1 ポジティブコントロール(CRS;セレウリド合成酵素遺伝子)
P2 ポジティブコントロール(LE;レシチナーゼ遺伝子)
N ネガティブコントロール(I.C.;インターナルコントロール)

2017年2月
担当:宮下美香

ページトップへ

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ