バイオテクノロジー

アジア・コンソーシアム(ACM)

View this page in English

生物多様性条約 (Convention on Biological Diversity: CBD) は、
1)生物多様性の保全
2)その構成要素の持続可能な利用
3)遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な分配
を目的とする国際条約です。 この条約によって遺伝資源には原産国の主権的権利が認められるようになり、遺伝資源の利用には資源提供国の事前合意と、公正かつ衡平な利益配分が求められるようになりました。 そこで海外への遺伝資源へのアクセスが円滑に行われるとともに、利用におけるリスク軽減のため、微生物の保存・管理・提供を担う生物資源センター(Biological Resource Center)の役割が重要視されるようになっています。

NITEは、平成16年にアジア地域の11ヵ国と共に「微生物資源の保全と持続可能な利用のためのアジア・コンソーシアム(ACM)」を設立しました。現在、13ヵ国、23機関が加盟し、活動を行っております。ACMでは年次大会を開催し、アジア地域における生物遺伝資源(特に微生物)の研究者やその利用に係る研究開発政策担当機関の代表者との意見交換を行っています。交流の緊密化・活発化を通じて、各国関係者間の理解を深め、CBD(生物多様性条約)の枠組みの中でアジアを中心とした生物遺伝資源の保存とその有効利用を図ることを目的に活動しています。

ACM
ACM年次会合の様子

ACM年次会合
第14回会合 台湾(台北) 2017年12月4-6日予定 詳細はこちら
第13回会合 インド(チャンディーガル) 2016年11月 詳細はこちら
第12回会合 インドネシア(ジャカルタ・ボゴール) 2015年10月 詳細はこちら
第11回会合 韓国(ソウル) 2014年10月 詳細はこちら
第10回会合 中国(北京) 2013年9月 詳細はこちら
第9回会合 タイ(チェンマイ) 2012年10月 詳細はこちら
第8回会合 マレーシア(クアラルンプール) 2011年10月 詳細はこちら
第7回会合 日本(東京・千葉) 2010年10月 詳細はこちら
第6回会合 ベトナム(ハノイ) 2009年11月 詳細はこちら
第5回会合 韓国(大田) 2008年10月 詳細はこちら
第4回会合 インドネシア(ボゴール) 2007年11月 詳細はこちら
第3回会合 中国(北京) 2006年11月 詳細はこちら
第2回会合 タイ(バンコク) 2005年11月 詳細はこちら
第1回会合 日本(つくば) 2004年10月 詳細はこちら

ACMについては、ACMウェブサイトもごらんください。

また、NITEは、アジア諸国との2国間による協力体制を構築しています。
くわしくは、「アジア諸国との協力体制の構築」をごらんください。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  国際事業推進課
TEL:0438-20-5909  FAX:0438-20-5902
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ