バイオテクノロジー

ブラジル

本ページの最終更新日:2017年3月23日

生物多様性条約関連国内法

ブラジルは、生物多様性条約を1994年5月29日に批准しました。一方、名古屋議定書を批准していません。

アクセスと利益配分に関するブラジルの国内法としては、遺伝財産に関する法律(2015年5月20日付法律第13123号)、関連政令(2016年5月11日付政令第8772号)等があります。

ブラジル国旗

遺伝財産に関する法律(2015年5月20日付法律第13123号)

2015年11月17日に「遺伝財産に関する法律 2015年5月20日付法律第13123号」が施行されました。これにより、2001年8月23日付暫定措置令第2186-16号は廃止されました。2015年の法律はブラジル連邦が管轄権を有する遺伝財産及び関連する伝統的知識のアクセス、保護、利益配分について規定したものです。

原文(ポルトガル語) 【PDF:426KB】
NITE/JBA仮訳 【PDF:517KB】
参考:概要説明 【PDF:801KB】
参考:[JBA] 暫定措置令第2186-16号(JBA仮訳) 【外部リンク】

政令第8772号(2016年5月11日付政令第8772号)

2016年5月12日に「2016年5月11日付政令第8772号」(以下、政令第8772号という)が施行されました。これにより、2001年9月28日付政令第3945号、2003年12月31日付政令第4946号、2005年6月7日付政令第5459号、2007年7月17日付政令第6159号、2009年7月29日付政令第6915号は廃止されました。2016年の政令第8772号は2015年11月17日に発効した法律第13123号の運用詳細について規定したものであり、遺伝財産及び関連する伝統的知識国家管理システム(SisGen)への登録を介した遺伝財産または関連する伝統的知識へのアクセス手続きや、利益配分手続き等の詳細が明記されています。

原文(ポルトガル語)【外部リンク】
[環境省]暫定訳【外部リンク】

【ブラジル原産の遺伝資源を利用される皆様へ】

 2015年11月17日に施行された法律第13123号 第2条VIIIにおいて、「遺伝財産へのアクセス」の定義は、「遺伝財産のサンプルに対する研究または技術開発」となっています。
 ブラジル原産の遺伝資源については、ブラジル国内又は他の提供国における取得の時点ではなく、当該遺伝資源を研究または技術開発に利用する時点で「遺伝財産へのアクセス」と見なされる可能性があり、その場合、ブラジルの国立または民間の科学技術研究機関を通じて「遺伝財産及び関連する伝統的知識国家管理システム(SisGen)」に登録する必要があります(法律第13123号第11-16条、政令第8772号第22条)。 ただし、2017年3月現在、SisGenのページは稼働していません。

 またその登録は、以下の行為の前に行わなければならないと規定されています (法律第13123号第12条2項、政令第8772号第22条)。
  • ・いかなる知的財産権の要求
  • ・中間製品の商品化
  • ・学会におけるもしくは通信手段による最終もしくは中間結果の公表
  • ・アクセスの結果、開発される最終製品または生殖素材の通知

 学会におけるブラジル原産の遺伝資源に関する研究成果の報告や、論文発表も上記の法律に基づき判断されることがあることに留意してください。疑義がある場合はABSクリアリングハウスに記載されているブラジル政府のフォーカルポイント(下記関連リンク参照)に確認することをお勧めします

相談窓口

生物多様性条約等に基づく微生物の移転及び海外資源へのアクセス等について、ご相談を受け付けております。  以下お問い合わせフォームより、国名及びご相談内容を明記の上、お問い合わせください。

 

*この関連国内法等は改正される可能性があります。本ページの利用により生じた損害・不都合について、当機構は一切責任を負いません。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  国際事業推進課
TEL:0438-20-5909  FAX:0438-20-5902
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ