バイオテクノロジー

特許微生物寄託

View this page in English

特許微生物寄託とは

特許を成立させるには発明が実際に為されたこと(発明の完成)と、第三者がその発明を再現できること(技術の公開)を保証しなければなりません。

特許微生物寄託とは、微生物を利用した発明の場合のこれらの要件を満たすため、その微生物を寄託する制度のことです。

このため、特許法施行規則第27条の2及び3の規定に基づく寄託機関として、また、特許手続上の微生物の寄託の国際的承認に関するブダペスト条約に基づく国際寄託当局として、特許手続上の微生物の受託等を行う特許微生物寄託業務を行っています。

また、2015年6月18日からは、日本と台湾との相互承認に基づく特許微生物寄託業務を行っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ページトップへ

2つのセンター(NPMD及びNITE-IPOD)について

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、特許微生物寄託機関としてNITE特許微生物寄託センター(NPMD)及びNITE特許生物寄託センター(NITE-IPOD)を運営しています。

NPMD及びNITE-IPODで受託する微生物種に違いがありますので、詳細はこちらをご覧ください。

また、NITE-IPODは、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)から平成24年4月にその業務を承継し、特許微生物寄託業務の一元化を図りました。詳細はこちらをご覧ください。

ページトップへ

メニュー一覧

寄託手続き

 微生物を寄託しますと、「受託証」と「生存に関する証明書」 を交付します。発明者は、出願時に明細書とともに受託証の写しを特許庁にご提出下さい。新規寄託手続きの流れや注意事項について、こちらのページよりご確認下さい。

送付方法と受付窓口

 微生物の送付方法と受付窓口を説明しております。

継続手続き

 保管期限を超えて保管を続けたい場合に必要なお手続きです。

分譲手続き

 特許公報等の情報を基に特許寄託微生物の分譲請求を行うことができます。分譲手続きの流れや請求者の要件等はこちらのページよりご確認下さい。

申請書類のダウンロード

 各種お手続きに必要な書類をダウンロードできます。申請書類は、各センター指定の様式をご使用下さい。

手数料一覧

 各種手続きにかかる手数料をご案内します。

FAQ

 皆様からよくお問い合わせいただく内容とその回答を掲載しています。

テクニカルサポート

 微生物の保存方法やアンプルの作製方法について掲載しています。

事業報告

 経済産業省告示の規定に基づき特許庁へ届出した事業報告書を掲載しています。

ページトップへ

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  特許微生物寄託センター(NPMD)
TEL:0438-20-5580  FAX:0438-20-5581
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 122号室 地図
お問い合わせフォームへ