ナイトについて

理事長挨拶

View this page in English

豊かで誇りの持てる社会の形成に資するために


理事長  辰巳  敬

 独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))は、1928年2月に輸出絹織物検査所として生まれました。戦後も、わが国からの輸出用繊維製品や機械製品、化学製品の検査などを通じて輸出品の世界的な信頼性の確保のために、技術面で経済産業行政を支えた長い歴史をもっております。

 2001年からは独立行政法人として、製品安全分野、化学物質管理分野、バイオテクノロジー分野、適合性認定分野などにおいて、社会に存在するリスクの低減に貢献し、国民生活の安全と持続的な経済発展の基盤を支えてまいりました。2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智北里大学特別栄誉教授とは、受賞理由となった新種放線菌のゲノム解析を共同研究させていただいた実績があり、これはNITEとして誇りとするところです。2015年には、国と密接に関連した事業を確実に執行する経済産業省所管の行政執行法人となり、法律執行や政策の支援の一層の充実を図るとともに、それらの業務を通じて得た知見も活用して、わが国におけるイノベーションの創出に貢献すべく努めております。

 近年、社会情勢はめまぐるしく変化しており、これに伴い、国民や産業界から行政に求められるニーズも日々刻々と変化しております。NITEも国家戦略や行政ニーズに迅速かつ的確に応えるために、常に進化し続ける組織である必要があります。こうした観点から2015年度には新たに国際評価技術本部を設置しました。国際評価技術本部では、大型蓄電池システムやファインバブルといった新たな分野やビジネスに関連する評価技術の確立や国際標準化などを推進し、産業の発展に貢献してまいります。2016年春からは、大阪で世界最大級の大型蓄電池システム試験評価施設の運用を開始しております。

 NITEは、2014年に策定した長期ビジョン2030において、将来進むべき方向として「製品の安全、信頼、並びに環境・エネルギーについて、技術上の価値に関する情報を創出し、伝統産業・文化の観点を含めた評価基準を開発するとともに、国際展開を進め、豊かで誇りの持てる社会の形成に貢献すること」と定めております。このビジョンに沿って、これまでNITEに蓄積されてきた技術評価の知見を活かしつつ、新たなニーズにも果敢に挑戦し、わが国の産業の発展と、より安全な社会の実現を目指してまいります。皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 企画管理部  経営企画課広報室
TEL:03-3481-6685  FAX:03-3481-1920
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ