化学物質管理

【NITEケミマガ】NITE化学物質管理関連情報 第244号(2015/05/13)

**************************************************************************
       【NITEケミマガ】NITE化学物質管理関連情報 第244号
                    2015/5/13配信
**************************************************************************
本メールマガジン【NITEケミマガ】(NITE化学物質管理関連情報)は、化学物質管
理に関連するサイトの新着情報、報道発表情報等を配信するサービスです。
原則として、毎週水曜日に配信いたします。
連絡先: chem-manage@nite.go.jp

---------------------------- 4/27~5/10の更新情報 -----------------------
_____________________________________
●官報情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/01】
  ・排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令(環境二十)
  → http://kanpou.npb.go.jp/20150501/20150501h06525/20150501h065250003f.html
  
  標記省令が掲載された。1,4-ジオキサンに関する特定施設及び排水基準の追加
  について。施行日は平成27年5月25日。

_____________________________________
●経済産業省・厚生労働省・環境省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/24】
  ・[化審法]平成27年度第1回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対
   策部会化学物質調査会 化学物質審議会第146回審査部会 第153回中央環境
   審議会環境保健部会化学物質審査小委員会 議事要旨
  ○経済産業省→ http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004475/146_giji.html
  ○厚生労働省→ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000084059.html
  
  4月24日に標記会合(非公開)が開催された。議題は、
  1.前回指摘事項等の確認等について
  2.新規化学物質の審議について など。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/01】
  ・[化審法]平成27年度第2回少量新規化学物質の申出手続き
   (平成27年6月1日~6月10日)に関する情報を公開しました。
  ○経済産業省→ http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/todoke/shinki_shoryo_index.html
  ○厚生労働省→ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000083465.html
  
  標記お知らせが掲載された。
  ※化審法低生産量・少量新規化学物質申出システム(Version 5.1)が公開され
  ている。更新が済んでいない場合は、「3. 電子による申出」から最新のプロ
  グラムをインストールしてご使用ください。

_____________________________________
●経済産業省・環境省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/08】
  ・水俣条約対応技術的事項検討会(第3回)の開催について
  ○経済産業省→ http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/mercury_meeting3.pdf
  ○環境省→ http://www.env.go.jp/press/100956.html

  (1)日時 5月22日(金)18:00~20:00
  (2)場所 経済産業省 別館1階 101-2、103、105共用会議室
  (3)議題(仮)
   ・水俣条約対応技術的事項検討会中間報告書(案)について
   ・その他(今後の予定等)

_____________________________________
●経済産業省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/28】
  ・[製造産業局化学物質管理課] 臨時的任用職員の募集情報を更新しました。
  → http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/saiyo.html
  
  標記お知らせが掲載された。
  
  <業務内容> 化学物質の管理に関係する法令に関する事務作業(資料作成等)
  <応募締め切り> 平成27年5月18日(月)(郵送の場合は当日消印有効)
 

_____________________________________
●厚生労働省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"
【2015/04/28】
  ・平成26年の労働災害発生状況を公表
  → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000083803.html
  
  標記資料が掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/30】
  ・平成27年度 第1回発がん性評価ワーキンググループの開催について
  → http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000084185.html
  
  5月13日に標記会合が開催される。
  議題は、平成26年度に実施した中期発がん性試験の評価について など。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/07】
  ・平成27年(2015年)食中毒発生事例(速報)
  → http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/04.html
  
  標記資料が掲載された。4月追加分には化学物質が原因で食中毒となった事例
  は1件(食中毒患者7名)。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/08】
  ・薬事・食品衛生審議会 毒物劇物部会 議事録(2015年2月19日)
  → http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000084628.html

  2月19日に標記会合が開催された。議題は、劇物の指定等について など。

_____________________________________
●国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/28】
  ・食品安全情報(化学物質) No.09
  → http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2015/foodinfo201509c.pdf
  
  標記資料が掲載された。食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の
    最新情報が紹介されている。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/30】
  ・平成27年度一般公開について掲載しました。
  → http://www.nihs.go.jp/oshirasejoho/H27koukai_20150430.pdf
  
  標記お知らせが掲載された。開催日時は7月25日(土)10:00~16:00。

_____________________________________
●環境省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/27】
  ・第7回「化学物質と環境に関する政策対話」の開催について
  → http://www.env.go.jp/press/100899.html

  5月21日に標記会合が開催される。議題は、
  (1)前回政策対話の振り返り
  (2)SAICMへの取組状況の報告及び今後の進め方
  (3)国際化学物質管理会議第2回公開作業部会(ICCM/OEWG2)の結果報告
  (4)その他

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/27】
  ・ストックホルム条約、バーゼル条約及びロッテルダム条約締約国会議の開催
   について
  → http://www.env.go.jp/press/100917.html
  
  5月4日~5月15日に標記会合がジュネーブ(スイス)において開催される。
  議題は、
  [ストックホルム条約]
  ○条約への新規POPs物質の追加(塩素化ナフタレン(CN)、ヘキサクロロブタジ
  エン(HCBD)、ペンタクロロフェノール(PCP)とその塩及びエステル類)
  ○条約の有効性評価
  [バーゼル条約]
  ○POPs廃棄物、水銀廃棄物及びE-Wasteに関する技術ガイドライン
  ○有害廃棄物等の環境上適正な管理に関するガイドライン
  [ロッテルダム条約]
  ○附属書IIIへの対象化学物質の追加(メタミドフォス他4物質)
  [3条約合同セッション部分]
  ○3条約間で条約事務局の統合など運営面の効率化
  ○地域センターの連携など条約実施の協調等を進める取組及び予算
  ○技術援助及び資金メカニズム、条約遵守

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/29】
  ・第4回エコチル調査シンポジウムの動画を掲載しました。
  → http://www.env.go.jp/chemi/ceh/outline/movie.html
  
  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/01】
  ・「排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の
   公布について
  → http://www.env.go.jp/press/100937.html

  標記お知らせが掲載された。今回の省令改正は、水質汚濁防止法における1,4-
  ジオキサンに係る暫定排水基準について、現行の暫定措置が平成27年5月24日
  をもって適用期限を迎えることから、以降の暫定排水基準について定めたもの。
  また、平成27年1月30日から3月2日にかけて実施した「1,4-ジオキサンに係る
  暫定排水基準の見直し(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果
  (意見の件数:0件)についても併せて掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/01】
  ・日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM17)の結果について
  → http://www.env.go.jp/press/100904.html
  
  4月29~30日に中国・上海市にて標記会合が開催された。会合の概要は、大気
  環境改善、化学物質管理と環境に係る緊急時対応など。

_____________________________________
●総務省消防庁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/28】
  ・「石油コンビナート等の消火用屋外給水施設における合成樹脂配管の使用に
   関する検討会報告書」の公表
  → http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h27/04/270428_houdou_3.pdf
  
  標記資料が掲載された。

_____________________________________
●中小企業基盤整備機構
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/01】
  ・[J-NET21]REACHコラム:労働安全衛生法における化学物質管理の強化について
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/150501.html
  
  標記コラムが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/01】
  ・[J-NET21]RoHS Q&A:Q.456  当社は、RoHS指令の適用範囲外である大型固定
   式工具の制御機器を販売し、これはカテゴリー9に該当すると判断していま
   すが、この制御機器および制御機器のスペアパーツは2017年7月からRoHS指令
   の適用範囲に入るのでしょうか。
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/456.html
  
  標記Q&Aが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/08】
  ・[J-NET21]REACHコラム:安全消費者製品規則(SCPR)の動向
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/150508.html
  
  標記コラムが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/08】
  ・[J-NET21]RoHS Q&A:Q.457 繊維強化プラスチックの成形品に対してRoHS指令
   の禁止物質を分析する場合、均質材料についてはどう判断すればいいのでし
   ょうか?
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/rohs/qa/457.html
  
  標記Q&Aが掲載された。

_____________________________________
●農林水産消費安全技術センター(FAMIC)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/01】
  ・[メールマガジン]バックナンバーに第581号を掲載しました。
  → http://www.famic.go.jp/mail_magazine/backnumbers/No581.pdf
  
  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/01】
  ・登録・失効農薬情報を更新しました。
  → http://www.acis.famic.go.jp/toroku/index.htm
  
  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/07】
  ・農薬登録情報ダウンロードを更新しました。
  → http://www.acis.famic.go.jp/ddownload/index.htm
  
  標記お知らせが掲載された。

_____________________________________
●農業環境技術研究所(NIAES)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/01】
  ・農業と環境 No.181を掲載しました。
  → http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/181/
  
  標記資料が掲載された。内容は、国際土壌年2015 中学・高校生公開講座
  「農業と食料を支える小さな生き物たち」(5月16日)開催案内、アジアモン
  スーン地域における気候変動とその農業影響に関する第4回国際ワークショップ
  参加報告 など。

_____________________________________
●化学物質国際対応ネットワーク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/07】
  ・メルマガ65号をバックナンバーに掲載しました。
  → http://www.chemical-net.info/mag/mag_bn65.html
  
  標記お知らせが掲載された。

_____________________________________
●海外環境協力センター(OECC)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/28】
  ・在日フランス大使館主催「日仏環境フォーラム 環境移行期を生きる」が
   開催されます。
  → http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cop21/

  下記要領で標記フォーラムが開催される。
  日時:5月18日(月)10:00-18:30
  場所:東京日本橋三井ホール
  内容:
   ・2050年に向けた日仏の低炭素社会の実現のための経済戦略とは?
   ・企業、温室効果ガス排出とグリーン成長 COP21に向けた目標とは?
   ・明日のよりよい暮らし 新たな環境への移行期間における都市の生活様式
    とその後の展望とは?

_____________________________________
●経済協力開発機構(OECD)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/07】
  ・Adverse Outcome Pathways, Molecular Screening and Toxicogenomics
  → http://www.oecd.org/env/ehs/testing/adverse-outcome-pathways-molecular-screening-and-toxicogenomics.htm
  
  標記資料が掲載された。Molecular ScreeningとToxicogenomicsによる、
  AOP評価ツールについて。

_____________________________________
●欧州化学品庁(ECHA)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/04/27】
  ・Advice for registrants on skin sensitisation testing helps reduce
   animal tests
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/advice-for-registrants-on-skin-sensitisation-testing-helps-reduce-animal-tests
  
  ECHAは、皮膚感作性の新しいOECDテストガイドライン関する助言を公表した。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/27】
  ・New version of the Registry for Biocidal Products (R4BP3) available
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/new-version-of-the-registry-for-biocidal-products-r4bp-3-available
  
  殺生物性製品の登録のためのツール「R4BP3」が更新された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/27】
  ・In situ generated biocidal active substances redefined
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/in-situ-generated-biocidal-active-substances-redefined

  ECHAは、In situで製造された活性物質の定義を見直した。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/29】
  ・Seminar on Applications for Authorisation in June
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/seminar-on-applications-for-authorisation-in-june
  
  ECHAは、Cefic及びEurometauxと共催で、標記セミナーを6/29~30に開催する。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/29】
  ・ECHA e-News - 29 April 2015
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-e-news-29-april-2015
  
  ECHAは、4月29日付けでe-Newsを掲載した。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/29】
  ・ECHA publishes corrigendum to Guidance on Biocidal Products Regulation
   :Volume III Human Health, Part B Assessment
  → http://echa.europa.eu/guidance-documents/guidance-on-biocides-legislation?panel=vol3partB
  
  ECHAは、殺生物性製品規則に関する下記ガイダンスの訂正箇所を公表した。
   ・Volume III Human Health, Part B Assessment
   
--------------------------------------------------------------------------
【2015/04/30】
  ・Draft update to the IR&CSA Guidance Chapter R.7a (Section R7.2 related
    to irritation/corrosion only) sent for CARACAL consultation
  → http://echa.europa.eu/support/guidance/consultation-procedure/ongoing-reach?panel=ircsar7
  
  ECHAは、REACH規則関する以下のガイダンス草案をCARACAL(*)のコンサルテー
  ションに送付した。(*)REACH規則及びCLP規則の所管官庁会議による欧州委員会
  と加盟国所管官庁の最終協議
   ・IR&CSA Guidance Chapter R.7a
   (Section R7.2 related to irritation/corrosion only)

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/05】
  ・新たに3物質についてCLH案が提案された。
  → http://echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation
  
  今回CLH案が提案されたのは、以下の物質。
   ・メタクリル酸2,3-エポキシプロピル (CAS No.106-91-2)
   ・3,3'-dicyclohexyl-1,1'-methylenebis(4,1-phenylene)diurea
    (CAS No.58890-25-8)
   ・Spiroxamine (ISO),8-tert-butyl-1,4-dioxaspiro[4.5]decan-2-ylmethyl
    (ethyl)(propyl)amine (CAS No.118134-30-8)

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/06】
  ・ECHA e-News: 6 May 2015
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-e-news-6-may-2015
  
  ECHAは、5月6日付けでe-Newsを掲載した。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/06】
  ・ECHA is calling for co-opted members in RAC and SEAC
  → http://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-is-calling-for-co-opted-members-in-rac-and-seac
  
  ECHAは、RAC(リスクアセスメント専門委員会)及びSEAC(社会経済分析専門委員会)
  の選定メンバーに認可用途の評価・採択作業について、協力等を呼びかけている。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/06】
  ・OECD QSAR Toolbox webinar
  → http://www.echa.europa.eu/view-webinar/-/journal_content/56_INSTANCE_DdN5/title/oecd-qsar-toolbox
  
  6月17日にOECD QSAR Toolboxのオンラインセミナーが開催される。

_____________________________________
●米国環境保護庁(US EPA)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/08】
  ・Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances
  → https://www.federalregister.gov/articles/2015/05/08/2015-11166/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances
  
  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2015/05/08】
  ・Chemical Substances When Manufactured or Processed as Nanoscale
   Materials; TSCA Reporting and Recordkeeping Requirements;
   Notice of Public Meeting
  → https://www.federalregister.gov/articles/2015/05/08/2015-11215/chemical-substances-when-manufactured-or-processed-as-nanoscale-materials-tsca-reporting-and
  
  標記お知らせが掲載された。

_____________________________________
●EICネット:環境情報センター
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2015/05/06】
  ・「2020年までに鉛含有塗料を廃絶」を目標に、国連環境計画などの国際パー
   トナーシップが協力(発表日4/18)
  → http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=34540&oversea=1
  
  標記記事が掲載された。

_____________________________________
●セミナー情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・化学工業日報社 「化学物質管理ミーティング2015」 開催のご案内
  → http://www.cdsympo.com/cm2015/

  標記展示会が開催される。化学物質を適正に管理するためのツールやサービス
  を提供する事業者と化学物質管理で悩みを抱える事業者とのベストマッチング
  を図るために企画された展示会である。
  <開催日> 6月19日(金)9:00~17:00
  <開場>東京都産業貿易センター 浜松町館5階
  <参加費>無料(ただし、事前登録が必要。当日参加者は有料1,000円(税込))
  <内容>
  (1)基調講演
   ・化学物質管理規制の最新動向と産業界の取り組み
    日本化学工業協会 常務理事 庄野文章 氏
   ・さらなる産業の活性化と化学物質管理
     製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター所長 木井保夫 氏
  (2)出展者プレゼンテーション
  (3)展示会

--------------------------------------------------------------------------
  ・在日フランス大使館主催「日仏環境フォーラム 環境移行期を生きる」
  → http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cop21/

  下記要領で標記フォーラムが開催される。
  日時:5月18日(月)10:00-18:30
  場所:東京日本橋三井ホール
  内容:
   ・2050年に向けた日仏の低炭素社会の実現のための経済戦略とは?
   ・企業、温室効果ガス排出とグリーン成長 COP21に向けた目標とは?
   ・明日のよりよい暮らし 新たな環境への移行期間における都市の生活様式
    とその後の展望とは?

※ 本セミナー情報は、参加費無料のものに限定しております。

**************************************************************************
【NITEケミマガ】をご利用いただきまして、ありがとうございます。
●【NITEケミマガ】のバックナンバーは、下記HPをご覧ください。
  → http://www.nite.go.jp/chem/shiryo/chemimaga.html
●配信停止をご希望の方は、以下のURLをクリックして下さい。
  → http://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_del.html
●配信先e -mailアドレスの変更をご希望の方は、以下のURLをクリックして
  配信停止手続をしていただき、新たに配信登録をお願いします。
   配信停止→ http://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_del.html
   配信登録→ http://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_01.html
●ご意見・ご感想・ご要望等は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
   chem-manage@nite.go.jp
**************************************************************************
・【NITEケミマガ】の転送、複写は、読者の組織内に対し全文の転送、複写をする
  場合に限り、自由に行って頂いて構いません。
・組織外への公表・転送、商用利用等につきましては、以下のメールアドレスまで
  お問い合せください。
  → chem-manage@nite.go.jp
・発行元:独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
TEL:03-3481-1977  FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ