化学物質管理

【NITEケミマガ】NITE化学物質管理関連情報 第421号(2018/12/19)

**************************************************************************
       【NITEケミマガ】NITE化学物質管理関連情報 第421号
                   2018/12/19 配信
**************************************************************************
本メールマガジン【NITEケミマガ】(NITE化学物質管理関連情報)は、化学物質
管理に関連するサイトの新着情報、報道発表情報等を配信するサービスです。
原則として、毎週水曜日に配信いたします(都合により木曜日になる場合が
あります。)。
連絡先: chem-manage【アットマーク】nite.go.jp(メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください。)

--------------------------- 12/10~12/16の更新情報 -------------------------
_____________________________________
●お知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・NITEケミマガ次号(422号)の配信は、12月27日(木)とさせていただきます。

_____________________________________
●経済産業省・製品評価技術基盤機構(NITE)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・平成31年度(第1回申出:1月21日(月)~)より、少量新規申出は、
   従来の電子・書面による申出に加え、新たに光ディスクによる郵送での
   申出も可能となります。
  → https://www.nite.go.jp/chem/kasinn/syouryou_hikaridisk.html

  光ディスク申出は、光ディスク提出票(書面)とともに申出システムにて
  出力したファイルを、受付期間中に経済産業省に簡易書留、または書留で
  郵送してください。
  受付期間:平成31年1月21日(月)~1月30日(水)
  受理のための内容確認に1日程度要することが見込まれますので、
  十分な時間的余裕をもって郵送をお願いします。

--------------------------------------------------------------------------
  ・少量新規・低生産量審査特例制度に関するお問合せはお早めに!
  → https://www.nite.go.jp/chem/kasinn/kasinn_toiawase_2018.html

  2019年から少量新規・低生産量審査特例制度が大幅に変更されます。
  ご不明な点等がございましたらお早めにお問合せをお願いします。
  ○MOLファイル作成方法及び用途番号・用途分類の選択方法
  → NITE化審法連絡システムへ
  ○申出書や用途証明書の記載方法等の上記以外
  → 改正化審法に関する問合せ専用窓口へ

  なお、少量新規申出期間直前及び期間中(1月18日~30日)に頂いた
  お問合せにつきましては、申出期間中に回答できない可能性がございますので
  ご留意ください。

_____________________________________
●官報情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/12】
  ・残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約の附属書A及び附属書Cの
   改正に関する件(外務三八〇)
  → https://kanpou.npb.go.jp/20181212/20181212h07408/20181212h074080003f.html

  標記告示が掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・特定物質等の規制等によるオゾン層の保護に関する法律第八条第一項の規定に
   基づき許可製造数量の増加許可申請の受付期間を定める件(経済産業二三九)
  → https://kanpou.npb.go.jp/20181212/20181212h07408/20181212h074080008f.html

  標記告示が掲載された。

_____________________________________
●経済産業省・厚生労働省・環境省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・平成30年度第8回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会
   化学物質調査会 化学物質審議会第183回審査部会 第190回中央環境審議会
   環境保健部会化学物質審査小委員会 合同開催について
  ○経済産業省→ https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/22705
  ○厚生労働省→ https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000205109_00001.html

  12月21日に標記会合(非公開)が開催される。議題 は、
  1.新規化学物質の審議について
  2.その他

_____________________________________
●厚生労働省・農林水産省・内閣府消費者庁
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/11】
  ・第83回コーデックス連絡協議会
  ○厚生労働省→ https://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/codex/07-14/index.html
  ○農林水産省→ http://www.maff.go.jp/j/syouan/kijun/codex/83.html
  ○消費者庁→ http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/other/review_meeting_007/#83

  11月20日に開催された標記会合の議事概要・会議資料が掲載された。議題は、
  1.コーデックス委員会の活動状況
  (1)今後の活動について
  ・第40回栄養・特殊用途食品部会(CCNFSDU)
  ・第6回薬剤耐性に関する特別部会(TFAMR)
  ・第4回スパイス・料理用ハーブ部会(CCSCH)
  (2)最近コーデックス委員会で検討された議題について
  ・第24回食品輸出入検査・認証制度部会(CCFICS)
  2.その他

_____________________________________
●経済産業省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・「HCFC」の輸入割当てについて
  ○電子政府総合窓口(e-Gov)
  → http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595118110&Mode=0

  2018年11月10日から2019年1月8日までの間、標記の意見募集が行われる。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・化学兵器禁止法に基づく指定物質等の平成30年(1月~12月)製造等・使用実績
   数量及び輸出入数量に関する届出期限のお知らせ[PDF]
  → http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/cwc/ver3info201812.pdf

  以下の平成30暦年(1-12月)の実績数量について、平成31年2月28日までに
  届出が必要。
   ・指定物質の製造等(副生を含む)/使用
   ・有機化学物質及び特定有機化学物質の製造
   ・指定物質の輸出/輸入

  〇輸出入のみに係る届出の場合
   化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律に基づく指定物質の輸出入
   実績の届出期限について(お知らせ)[PDF]
  → http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/cwc/H3012newinfo2.pdf

_____________________________________
●厚生労働省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/04】
  ・平成29年度食品からのダイオキシン類一日摂取量調査等の調査結果について
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189672_00001.html

  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・[職場のあんぜんサイト]安衛法名称公表化学物質(平成30年9月27日公示分)を
   掲載しました
  → http://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/kag/201809kag_new.htm

  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・平成30年度第5回有害性評価小検討会(ペーパーレス)を開催します
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02817.html

  12月17日に標記会合が開催される。議題は、
  1.平成30年度リスク評価対象物質の有害性評価について
  2.その他

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/11】
  ・薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会(ペーパーレス開催)開催案内
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000210722_00002.html

  12月19日に標記会合が開催される。議題は、
  1.審議事項
   ・食品中の農薬等の残留基準の設定について
  2.報告事項
   ・食品中の農薬等の残留基準の設定について
   ・組換えDNA技術応用添加物の製造基準への適合確認について
  3.文書による報告事項等
   ・食品中の農薬等の残留基準の設定について
   ・食品添加物の規格基準の改正について
   ・清涼飲料水の規格基準の改正について
  4.その他の報告事項

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会農薬・動物用医薬品部会報告
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/zanryu/bukaihoukoku.html

  農薬の残留基準の設定について以下の報告が掲載された。
  イソピラザム[PDF]
  → https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000452783.pdf

  エトフェンプロックス[PDF]
  → https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000452789.pdf

  フェンピロキシメート[PDF]
  → https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000452804.pdf

  マンデストロビン[PDF]
  → https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000452813.pdf

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会農薬・動物用医薬品部会
   (ペーパーレス)の開催について
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000207569_00010.html

  12月26日に標記会合が開催される。議題は、
  1.食品中の残留農薬等に係る基準の設定について
  2.その他

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会器具・容器包装部会(ペーパーレス)を
   開催します
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212301_00007.html

  12月20日に標記会合が開催される。議題は、
  1.改正食品衛生法について
  2.器具・容器包装のポジティブリスト制度について

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・平成30年度第5回化学物質のリスク評価検討会(有害性評価小検討会) 資料
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02916.html

  12月17日に開催される標記会合の資料が掲載された。議題は、
  1.平成30年度リスク評価対象物質の有害性評価について
   ○ 1,4-ジオキサン
   ○ スチレン
   ○ テトラクロロエチレン
   ○ トリクロロエチレン
   ○ メチルイソブチルケトン
  2. その他

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・第23回シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会
  → https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000160397_00005.html

  12月27日に標記会合が開催される。議題は、
  1.室内濃度指針値案の見直し等について
  2.その他

_____________________________________
●環境省
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/13】
  ・農薬取締法の一部を改正する法律(平成30年法律第53号)の施行に伴う、
   農薬取締法第三条第一項第四号から第七号までに掲げる場合に該当するか
   どうかの基準等の一部改正について
  ○電子政府総合窓口(e-Gov)
  → http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195180058&Mode=2

  標記お知らせが掲載された。農薬取締法の改正に伴う技術的改正であり、
  意見公募手続は実施していない。

_____________________________________
●内閣府食品安全委員会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/13】
  ・食品安全委員会(第724回)の開催について
  → http://www.fsc.go.jp/iinkai_annai/annai/annai724.html

  12月18日に標記会合が開催される。議事は
  1.食品安全基本法第24条の規定に基づく委員会の意見の聴取に関する
   リスク管理機関からの説明について
   ・農薬 3品目
   [1]アミスルブロム [2]シモキサニル
   [3]フルベンジアミド
   (厚生労働省からの説明)
   ・農薬 1品目(ポジティブリスト制度関連)
   カルタップ、チオシクラム及びベンスルタップ
   (農林水産省からの説明)
  2.その他

_____________________________________
●中小企業基盤整備機構
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/14】
  ・[J-NET21]REACHコラム:プロポジション65改正案と意見募集
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/column/20181214.html

  標記コラムが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・[J-NET21]REACH新着 Q&A:Q.529 シリコーンゴム製の部品を使っています。
   シリコーンゴムにはシロキサン(D4~D6)が入っているとの情報があります。
   REACH規則の規制に抵触する濃度でしょうか。
  → http://j-net21.smrj.go.jp/well/reach/qa/529.html

  標記記事が掲載された。

_____________________________________
●国立環境研究所(NIES)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/11】
  ・環境研究総合推進費 戦略的研究開発課題S-17「災害・事故に起因する
   化学物質リスクの評価・管理手法の体系的構築に関する研究」
   ホームページの公開
  → http://www.nies.go.jp/res_project/s17/index.html

  標記お知らせが掲載された。

_____________________________________
●農林水産消費安全技術センター(FAMIC)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/12】
  ・農薬抄録及び評価書を更新しました。
  → http://www.acis.famic.go.jp/syouroku/index.htm

  標記お知らせが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/13】
  ・農薬検査に係る検討会を更新しました。[PDF]
  → http://www.acis.famic.go.jp/shinsei/gijigaiyou/shiyouji30_2.pdf

  11月27日に開催された平成30年度第2回農薬使用時安全性検討会の
  議事要旨が掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・メールマガジンバックナンバーに第759号を掲載しました。[PDF]
  → http://www.famic.go.jp/mail_magazine/backnumbers/No759.pdf

  標記メールマガジンが掲載された。

_____________________________________
●化学物質国際対応ネットワーク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・コラムを掲載しました。
   「化審法の改正を考える」
   第8回「2017年の化審法改正と化学物質管理の課題」をお届けします。
  → http://chemical-net.env.go.jp/column_kizuki_kitamura.html#VOL8

  標記コラムが掲載された。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・メルマガ95号をバックナンバーに掲載しました。
  → http://chemical-net.env.go.jp/mag/mag_bn95.html

  標記メールマガジンが掲載された。

_____________________________________
●産業環境管理協会(JEMAI)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・「環境管理」2018年12月号を公開しました
  → https://www.e-jemai.jp/purchase/back_number/2018/12/

  標記資料が掲載された。

_____________________________________
●経済協力開発機構(OECD)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・Series on Testing and Assessment: Testing for Endocrine Disrupters
  → http://www.oecd.org/env/ehs/testing/seriesontestingandassessmenttestingforendocrinedisrupters.htm

  OECDは、2012年に最初に公開した化学物質の内分泌かく乱性を評価するための
  標準化された試験ガイドラインに関する改訂ガイダンス文書150を公開した。
  この文書は標準化された試験ガイドラインを使用して化学物質を評価するための
  指針を提供することを目的としたものと説明している。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・Series on Testing and Assessment: publications by number
  → http://www.oecd.org/env/ehs/testing/series-testing-assessment-publications-number.htm

  OECDは、in vitro毒性科学の科学的再現性の危機を回避することを手助けする
  重要なリソースとなることを意図したGood in Vitro Methods Practice (GIVIMP)
  に関するガイダンス文章を発表した。GIVIMP に関する詳しい情報は
  → https://www.oecd-ilibrary.org/environment/guidance-document-on-good-in-vitro-method-practices-givimp_9789264304796-en

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/13】
  ・Webinars on Testing and Assessment Methodologies
  → http://www.oecd.org/env/ehs/testing/webinars-on-testing-and-assessment-methodologies.htm

  OECDは、皮膚感作性のための定められたアプローチに関するWebセミナーを
  2019/1/16に開催する予定で、このWebセミナーへの参加を呼びかけている。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・Latest Documents
   Considerations for Assessing the Risks of Combined Exposure to
   Multiple Chemicals
  → http://www.oecd.org/env/ehs/risk-assessment/latestdocuments/

  OECDは、複数の化学物質への複合暴露のリスクを評価するための様々な
  アプローチと方法を概説する「複数の化学物質への複合暴露のリスク評価の
  ための考察」と題する報告書を公開した。
  報告書[PDF]
  → http://www.oecd.org/chemicalsafety/risk-assessment/considerations-for-assessing-the-risks-of-combined-exposure-to-multiple-chemicals.pdf

_____________________________________
●国連欧州経済委員会(UNECE)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/11】
  ・Dangerous Goods
  → http://www.unece.org/trans/danger/danger.html

  UNECEは、陸上による危険物の国際輸送に関する欧州協定(ADR)の第1条(A)、
  第14条(1)、および第14条(3)を改正する議定書に対するチュニジアの受託を
  記載する預託通知 C.N.584.2018を掲載した。
  C.N.584.2018 [PDF]→ https://treaties.un.org/doc/Publication/CN/2018/CN.584.2018-Eng.pdf

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/13】
  ・European Agreement concerning the International Carriage of Dangerous
   Goods by Road (ADR 2019)
  → http://www.unece.org/index.php?id=50416

  UNECEは、陸上による危険物の国際輸送に関する欧州協定のADR 2019年版が
  利用可能となり、Webページから購入できることを案内している。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/13】
  ・TRANSPORT AND COMMUNICATIONS
  → https://treaties.un.org/Pages/ViewDetails.aspx?src=TREATY&mtdsg_no=XI-D-6&chapter=11&clang=_en

  UNECEは、内陸水路による危険物の国際輸送に関する欧州合意(AND)の
  付属規則への改正C.N.583.2018.TREATIES-XI.D.6が承認され2018/12/11に
  発効されたことを報じている。

_____________________________________
●欧州委員会 (EC)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・COMMISSION REGULATION (EU) …/… amending Annex V to Regulation (EC)
   No 1907/2006 of the European Parliament and of the Council concerning
   the Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction
   of Chemicals (REACH)
  → https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1544489386225&uri=PI_COM:Ares(2018)6332647

  欧州委員会(DG Environment)は、欧州規則 (EC) 1907/2006 (REACH) の
  附属書Vを改正する欧州委員会の規則案を官報公示した。附属書Vには
  REACH第2条(7)(b)に従い、登録の義務が免除される物質がリストされており、
  改正案では附属書Vの12を 堆肥、バイオガス、消化物に置き換えるとしている。
  この欧州委員会の発議に対する意見は2019/1/7まで欧州委員会のWebサイトで
  受け付けられる。
  欧州委員会Webサイト
  → https://ec.europa.eu/info/law/better-regulation/initiatives/ares-2018-2937758_en

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/11】
  ・Commission launches Circular Plastics Alliance to foster the market
   of recycled plastics in Europe
  → http://europa.eu/rapid/press-release_IP-18-6728_en.htm

  欧州委員会は、プラスチック廃棄物を削減し、リサイクルプラスチックの
  シェアを高め、市場の革新を促進するための継続的な取組の一環として、
  バリューチェーンをカバーする主要業界の利害関係者との連携を開始する
  「循環型プラスチックアライアンス」を立ち上げたことを報じている。

_____________________________________
●欧州化学品庁(ECHA)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・Harmonised classification and labelling public consultations
  → https://www.echa.europa.eu/harmonised-classification-and-labelling-consultation

  ECHAはCLP規則に基づき、7種のホウ素化合物の欧州調和分類と表示(CLH)案に
  関する意見募集を開始した。意見提出は2019/2/22までとしている。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/10】
  ・Current Testing Proposals
  → https://www.echa.europa.eu/information-on-chemicals/testing-proposals/current

  ECHAは無益な動物試験を回避するため、5物質に対する11の試験提案に関する
  意見募集を開始した。意見提出は2019/1/24までとしている。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・ECHA Weekly - 12 December 2018
  → https://echa.europa.eu/view-article/-/journal_content/title/echa-weekly-12-december-2018

  ECHAは ECHA Weekly の2018/12/12版を掲載した。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・Public consultation on a draft recommendation for amendment of
   Authorisation List entries
  → https://www.echa.europa.eu/draft-recommendation-for-amendment-of-authorisation-list-entries-public-consultation

  ECHAは4種のフタル酸エステル(BBP、DEHP、DBP、DIBP)に関するREACH附属書XIVの
  エントリー 4、5、6、7を改正する勧告案を公開し、2019/3/12までの意見募集を
  開始した。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/12】
  ・Submitted restrictions under consideration
  → https://www.echa.europa.eu/restrictions-under-consideration

  ECHAは、タトゥーインキおよびパーマネントメイクアップ中の物質の制限を
  提案するREACH附属書XVドシエに関する社会経済分析委員会(SEAC)の意見案を
  公開し意見募集を開始した。意見の提出は2019/2/11まで。
  SEACの意見[PDF]→ https://www.echa.europa.eu/documents/10162/201103f5-92ac-7b9d-f463-f3e706f866be

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/13】
  ・Enforcement project calls for improved safety information to protect
   workers from chemical hazards
  → https://www.echa.europa.eu/-/enforcement-project-calls-for-improved-safety-information-to-protect-workers-from-chemical-hazards

  ECHAは、REACH執行プロジェクト(REF-5)において、企業が化学物質の安全情報を
  どのように顧客に伝達しているかをチェックすることを目的とし、執行当局が
  1,435物質について898の検査を行ったこと、その結果として企業は
  サプライチェーンに伝達するシステムを備えているが、その情報の品質を
  大幅に改善する必要があることを報じている。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・ECHA’s future strategic plan: making the best use of information
   on chemicals in Europe
  → https://www.echa.europa.eu/-/echa-s-future-strategic-plan-making-the-best-use-of-information-on-chemicals-in-europe

  ECHAは、欧州の化学物質に関する情報を最大限に活用するとした2019年~2023年の
  ECHAの多年度戦略が採択されことを報じている。この戦略はECHAの優先事項と、
  期間中にそれらをどのように実施するかについて概説している。
  ECHAの戦略計画 2019-2023 [PDF]
  → https://www.echa.europa.eu/documents/10162/26075800/echa_strategic_plan_2019-2023_en.pdf/3457ccff-7240-2c1f-3a15-fa6e5e65ac56

_____________________________________
●米国環境保護庁(US EPA)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・Significant New Use Rules on Certain Chemical Substances; Reopening
   of Comment Period
  → https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/10/2018-26685/significant-new-use-rules-on-certain-chemical-substances-reopening-of-comment-period

  EPAは、2018/9/17に連邦官報 83 FR 47004で28物質に対する
  重要新規利用規則(SNUR)の提案規則を公示しているが、意見募集期間を延長する
  要求を受け取ったことから、このSNURに関する意見募集を2019/1/9まで
  再開することを公示した。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/14】
  ・Request for Comments on the Experts Nominated To Be Considered for
   Ad Hoc Participation and Possible Membership on the Toxic Substances
   Control Act (TSCA), Science Advisory Committee on Chemicals (SACC)
  → https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/14/2018-27155/request-for-comments-on-the-experts-nominated-to-be-considered-for-ad-hoc-participation-and-possible

  EPAはTSCAの化学物質に関する科学諮問委員会(SACC)にアドホック参加し、
  SACCのメンバーになる可能性のある指名された科学専門家に関する公開審査と
  意見を求めることを官報公示した。意見の提出は2019/1/14までとしている。

_____________________________________
●カナダ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/14】
  ・Third phase of the Chemicals Management Plan
  → https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/third-phase-chemicals-management-plan.html

  カナダ政府は、更新した2年間 (2018-2020) の化学物質管理に関する4種の
  ローリングワークプランを公開した。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/15】
  ・Bisphenol A in Batch 2 of the Challenge
  → https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/challenge/batch-2/bisphenol-a.html

  カナダ政府は、ビスフェノールA (BPA) のリスク管理アプローチとして、
  BPA-健康構成要素のパフォーマンス評価を公開した。

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/15】
  ・The rapid screening approach
  → https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan/initiatives/rapid-screening-approach-chemicals-management-plan.html

  カナダ政府は、一般公衆への暴露が限定される物質群のラピッドスクリーニングの
  最終スクリーニング評価を公開した。
  ラピッドスクリーニング評価[PDF]
  → https://www.canada.ca/content/dam/eccc/documents/pdf/pded/rs4/Rapid-screening-substances-limited-general-population-exposure.pdf

  カナダ官報→ http://gazette.gc.ca/rp-pr/p1/2018/2018-12-15/html/notice-avis-eng.html#nb1

--------------------------------------------------------------------------
【2018/12/15】
  ・Calcium 2-ethylhexanoate and 2-ethylhexyl-2-ethylhexanoate
  → https://www.canada.ca/en/health-canada/services/chemical-substances/chemicals-management-plan-3-substances/calcium-2-ethylhexanoate-2-ethylhexyl-2-ethylhexanoate.html

  カナダ政府は、カルシウム=ビス(2-エチルヘキサノアート)
  (CAS-RN 136-51-6)および2-エチルヘキシル=2-エチルヘキサノアート
  (CAS-RN 7425-14-1)の最終スクリーニング評価を公開した。
  さらに2-エチルヘキシル=2-エチルヘキサノアートに関するリスク管理
  アプローチ案およびこの物質をカナダ環境保護法(CEPA 1999)の附属書1に
  追加する案を公開し2019/2/13まで60日間の意見募集を開始した。

_____________________________________
●韓国
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2018/12/10】
  ・Technical Barriers to Trade Information Management System Regular
   notification G/TBT/N/KOR/805
  → http://tbtims.wto.org/en/RegularNotifications/View/147167?FromAllNotifications=True

  韓国技術標準院(KATS)は、消費者化学製品および殺生物剤安全法に基づき
  安全基準が告示されていない安全確認対象生活化学製品の承認に関する規則を
  WTO/TBT通報した。この通報への意見は25日間としている。
  通報された文書(Korean)[PDF]
  → https://members.wto.org/crnattachments/2018/TBT/KOR/18_6310_00_x.pdf

_____________________________________
●EICネット:環境イノベーション情報機構
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ・欧州化学物質庁、殺生物剤に関する情報提供を拡充 (発表日:2018/11/27)
  → http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=41564&oversea=1

  標記記事が掲載された。


**************************************************************************
【NITEケミマガ】をご利用いただきまして、ありがとうございます。
●【NITEケミマガ】のバックナンバーは、下記HPをご覧ください。
  → https://www.nite.go.jp/chem/shiryo/chemimaga.html
●配信停止をご希望の方は、以下のURLをクリックして下さい。
  → https://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_del.html
●配信先e -mailアドレスの変更をご希望の方は、以下のURLをクリックして
  配信停止手続をしていただき、新たに配信登録をお願いします。
  配信停止→ https://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_del.html
  配信登録→ https://www.nite.go.jp/chem/mailmagazine/chemmail_01.html
●ご意見・ご感想・ご要望等は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
   chem-manage【アットマーク】nite.go.jp(メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください。)
**************************************************************************
・【NITEケミマガ】の転送、複写は、読者の組織内に対し全文の転送、複写をする
  場合に限り、自由に行って頂いて構いません。
・組織外への公表・転送、商用利用等につきましては、以下のメールアドレスまで
  お問い合せください。
  → chem-manage【アットマーク】nite.go.jp(メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください。)
・発行元:独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
TEL:03-3481-1977  FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ