NITE HOME へ

NITEキッズ「NITEってなぁに?」

キッズページのトップへリンク集へ
 

HOMEキッズトップページ点字ブロックって知ってる? > 安心して利用できるように

  バイオテクノロジー分野 化学物質管理分野 適合性認定分野

製品安全分野

 
 

快適な暮らしと安全をつくる 点字ブロックって知ってる?

 
1
2
3
4

安心して利用できるように

女の子 お姉さん、この2枚の線状ブロックだけど、少し形がちがうよ。
線状ブロック写真1 線状ブロック写真2
男の子 こっちの2枚の点状ブロックも形がちがう!!どうして?
点状ブロック写真1 点状ブロック写真2
お姉さん 実は、1967年に点字ブロックが生まれてからずっと点字ブロックのデコボコの形・大きさ・並び方が統一(とういつ)されていなかったの。
女の子 統一されていないとなにか問題あるの?
お姉さん 例えば、信号の色の意味が町によって違ったりしたらどうなると思う?
赤が「進め」とか・・
男の子 そんなことになったら大変!!事故が起きちゃう!!
交差点事故
お姉さん そう、点字ブロックが統一されていないということは、それぐらい目の見えない人や視力の弱い人にとっては大変なことなの。実際、日本にはいろんな会社が作ったデコボコの形・大きさ・並び方が違うブロックが何十種類も置かれてしまったの。

いろんなブロック「わかりづらいなぁ」
女の子 デコボコの形・大きさ・並び方を決めることってできないの?
お姉さん NITEでは、目の見えない人や視力の弱い人が安心して街を歩けるように、その人たちが利用しやすいデコボコの形・大きさ・並び方を調査(ちょうさ)したの。その結果、ブロックが目の見えない人や視力の弱い人にとって、最も役割を果たすことができるデコボコのパターンを見つけることができたの。
そして、ついに2001年9月ブロックの突起(とっき:「デコボコ」のこと)の形・大きさおよび配列(はいれつ:「並び方」のこと)について決まりごと<JIS規格注1>が作られたのよ。点字ブロック統一の大きな進歩ね。(参考 JIS T9251 視覚障害者誘導用ブロック等の突起の形状・寸法及びその配列)
そのJISにもとづいて作られたブロックの代表例が、下の絵だよ。左が、線状ブロック。右が、点状ブロック。

点字ブロック
男の子 これで安心だね。
お姉さん 実はまだ、問題があるの。さっき、視力の弱い人のために、点字ブロックはなるべくはっきりした色の方がいいって説明したでしょ?この点字ブロックを見て。
グレーの点字ブロック
女の子 あれ、道路の色と、おんなじだ。これじゃ、分かりづらいね。
お姉さん そうね。場所によっては、このような分かりづらい点字ブロックもあるの。
これは、点字ブロックの分かりやすさには、まだ、十分な決まりごとがないからなの。だから、今は、NITEで、点字ブロックの分かりやすさを研究しているところなのよ。

ブロックについて会議

男の子 分かった! どうしたら視力の弱い人が道路の色と見分けやすいようになるのかを研究しているんでしょ?
お姉さん そのとおり! 点字ブロックの見分けやすさについて、決まりごと(JIS規格)を作り、点字ブロックを統一しようとしているのよ。目の見えない人や視力の弱い人が安心して暮らせるように私たちも普段(ふだん)の生活からいろんな人の立場で物事を考えていくことが大切ね。

注1.JIS規格(きかく)--- 製品についての決まりごと。日本でJIS規格が定められている製品を作る場合は、この決まりごとを守らなければなりません。
ぺージの先頭へ

 

次のページへ 次のページへ

 

 
Copyright © 2002-2011 National Institute of Technology and Evaluation All rights reserved.