製品安全

照明器具による事故の防止について(注意喚起)

NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構、理事長:安井 至)は、別添のとおり、照明器具による事故の防止について記者説明会を行いました。

公表日

平成24年7月19日

本件の概要

報道発表資料

発表日:
平成24年7月19日(木)
タイトル:
照明器具による事故の防止について(注意喚起)
発表者名:
製品安全センター
資料の概要:

全国的に節電要請の高まる本格的な夏を迎え、省エネ・節電対策等で白熱灯等から、より節電効果の高い照明器具に取り替える機会が増えると予想されます。

NITE製品安全センターに通知された製品事故のうち、照明器具の事故は、平成19年度から23年度の5年間に492件(※1)ありました。照明器具の事故を製品の種類別にみると、蛍光灯の事故は271件、白熱灯の事故は66件、放電灯の事故は31件、LED照明の事故は22件ありました。被害状況は、死亡事故2件、重傷事故5件、軽傷事故20件、拡大被害(※2)130件あり、そのうち火災(※3)は17件でした。

照明器具の事故は、経年劣化による事故及び使用期間2年未満で発生する事故が多くなっています。また、照明器具に適合しないランプを使用したことによる事故も起きています。照明器具は生活に欠かすことができない大変身近な製品であることから、社告・リコール情報の周知徹底も含め、製品を安全に正しく使用して、事故を防止するため、注意喚起を行うこととしました。

 

  1. (※1)平成24年5月31日現在、重複、対象外情報を除いた件数で、事故発生月に基づき集計。
  2. (※2)NITEでは、製品本体のみの被害(製品破損)にとどまらず、周囲の製品や建物などにも被害を及ぼすことを「拡大被害」とする。
  3. (※3)火災のうち、壁や畳、ふすま等の建物や建具の一部以上が焼損したもの。

事故情報データーベースへ

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図