適合性認定

JNLAよくあるお問い合わせ(FAQ)(登録免許税)

Q 登録免許税はどの時点で課税されるのでしょうか。

平成17年4月1日以降に登録を受けた者が登録免許税の課税対象となります。

ページトップへ

Q 登録区分を拡大した時は、既登録とは別に1件とカウントされるのでしょうか。

申請毎に課税されますので、既登録事業者が登録区分を追加する場合は課税されます。この場合の課税額は1.5万円となります。

ページトップへ

Q 登録免許税は、初回の登録時のみに課税されるものなのか、あるいは定期的(毎年あるいは更新時など)に課税されるものなのか?

登録免許税は登録(追加で登録する場合も含む)時のみで登録の更新時は課税されません。

ページトップへ

Q 登録免許税の取扱いについて

登録免許税の適用は「登録を受ける者」ごとに、1件につき90,000円、既に登録を受けている者については1件に付き15,000円となっています。
登録を受ける者が同一である場合、本社、支社、試験センター等の区別なく、先に本社又は支社、或いは試験センターがJNLA登録されている場合には、それ以降の登録免許税は15,000円となります。
複数の拠点などで構成されている組織では、本部や他の支部等で登録を受けていないか十分確認をしてください。
原則として、申請前に登録免許税納付の手続きを行い、登録免許税納付届を提出してください。

ページトップへ

Q 登録免許税の納付方法について

登録免許税の納付方法は以下のとおりです。

  1. 1.納付に必要な書類
    領収済通知書
    3枚綴りの様式です。
    1枚目(領収済通知書)に所定の内容を記載してください。2枚目、3枚目に複写されます。
    3枚目(領収証書)が納付時に領収書として、押印されて返却されます。
    領収済通知書様式は最寄りの税務署で入手できます。ただし、その場合、税務署名、税務署番号が予め記入されている場合がありますので、記入されていない様式を入手してください。
    納付する場所がどこであっても、記入する「税務署名」「税務署番号」は「シブヤ」「00031394」だけです。
    • 領収済通知書 記入上の注意
      記入する欄は8カ所あります。くれぐれも、記入間違いがないようにしてください。
    1. 記入箇所 1 年度    :
      申請案件の年度
    2. 記入箇所 2 税目番号  :
      221
    3. 記入箇所 3 税務署名  :
      シブヤ
    4. 記入箇所 4 税務署番号 :
      00031394
    5. 記入箇所 5 本税    :
      ¥90000 又は ¥15000
    6. 記入箇所 6 合計額   :
      ¥90000 又は ¥15000(本税欄と同じ金額)
    7. 記入箇所 7 住所(所在地):
      申請者の住所
    8. 記入箇所 8 氏名(法人名):
      申請者の氏名(法人名)

    (※記入箇所の番号は下の図中のものです)

  2. 2.納付方法
    日本銀行(本店・支店・代理店・歳入代理店(郵便局を含む)又は渋谷税務署で納付してください。
  3. 3.認定センターへの提出
    領収印が入った領収証書(様式3枚目)を様式18に貼付して申請時に提出してください。

詳しくはJNRP22「JNLA登録の取得と維持のための手引き」をご覧下さい。

領収済通知書記入箇所

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 認定センター  製品認定課  JNLA担当
TEL:03-3481-1939  FAX:03-3481-1937
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ