製品安全

NITE講座 2017年度・前期(大阪会場)

 NITE講座 2017年度・前期(大阪会場)【5月16日~8月8日】
「事業者等における製品安全対策の基礎知識」受講生募集のお知らせ


定員に余裕がございますので、各講義日前日の午前中までのお申し込みで受講可能です。

NITE講座2017年度・前期大阪会場)は終了いたしました。受講いただきありがとうございました。

概要

近年、種々の製品事故が顕在化し消費者が使用する製品の安全性が大きく注目を集めています。製品事故は製品に原因がある事故だけではなく誤使用による事故も発生しており、また高齢者や子供特有の事故も見られます。本講座では製品事故事例、事故調査方法、誤使用の防止、高齢者及び子供の事故等について紹介し、製品事故の防止やリスク評価のためのリスクアセスメント、リコール対策、製品安全4法、消費者行政、認定・認証制度、海外の製品安全動向について解説します。
本講座を受講することにより、製品事故とその調査方法、リスク評価、リコールや法律等による事故防止等についての基礎的かつ幅広い知識を得ることができ、企業等における設計や製造時における製品安全対策等に役立てることができます。

ページトップへ

日程・場所など

台風の影響で7月4日 第8回の講義を延期しました。
それに伴う日程の変更は以下のとおりです。

  • 日時:2017年5月16日(火)~8月1日8日(火)18:30~20:30【毎週火曜日・全12回】
  •  ※詳細なスケジュールは開講科目(シラバス)をご覧ください。
  • 対象者:企業等で製品安全に携わっている方。
  •  ※全ての講義を受講いただくことも、関心のある講義だけを選択して受講いただくことも可能です。
  • 受講料:無料
  • 定員:80名 ※先着受付順とし、定員になり次第〆切とさせていただきます。
  • 場所:製品評価技術基盤機構 大阪事業所(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16)

ページトップへ

申込み方法

募集期間

2017年4月14日(金)~

申込方法

下記「申込み問い合わせ先」のメールアドレス宛に、以下①~⑧の項目を明記の上、メールでお申し込みください。

  1. ①講座名:事業者等における製品安全対策の基礎知識
  2. ②氏名(ふりがな)
  3. ③住所
  4. ④電話番号
  5. ⑤メールアドレス
  6. ⑥勤務先(※)
  7. ⑦勤務先住所(※)
  8. ⑧所属部署・役職(※)

 ※⑥~⑧の項目に該当がない場合は「なし」とご記載ください。
 ※下段にある「受講に際してのお願い」を確認頂き、ご了承頂いた上でお申込みください。
 ※「知の市場」の共通受講システムへの登録は必要ありません。

申込み完了から受講開始前までの手続きの流れ

  1. (1)受講の際に必要な受講番号を記載したメールを申込み順に送付致します。当該メールを印刷した用紙を受講票とします。なお、定員超過などの理由で受講頂けない場合には、メールにてご連絡致します。
  2. (2)受講にあたっては、受講票をお持ちください。
  3. (3)受講証明書を希望される方には受講証明書を発行いたします。初回の講義時にお申し出ください。
科目構成 No. 講義名 講義日  
製品事故の現状 1 製品事故の動向 5月16日 終了しました。
2 事故事例における調査手法 5月23日 終了しました。
3 注目事故、原因究明(電気分野以外) 5月30日 終了しました。
4 最近の注目事故、原因究明(電気分野) 6月6日 終了しました。
製品事故の防止対策 5 誤使用事故の防止
(事業者の取り組み、消費者の役割)
6月13日 終了しました。
6 標準化による事故防止対策 6月20日 終了しました。
7 リスクアセスメントの活用 6月27日 終了しました。
8 事故情報とリコール対策 7月4日
7月18日※
終了しました。
製品安全における法令・制度 9 認定・認証制度 7月11日 終了しました。
10 海外における製品安全動向 7月18日
7月25日※
終了しました。
11 製品安全4法の状況(電安法を中心に) 7月25日
8月1日※
終了しました。
12 製品安全施策と消費者行政の概要 8月1日
8月8日※
終了しました。

※7月4日第8回の講義が台風の影響で延期となったため開催日を変更しました。

ページトップへ

受講に際してのお願い

  1. (1)受講場所での飲食は、ご遠慮ください。
  2. (2)ご来所の際には、公共交通機関をご利用ください。受講者用駐車場設備はございません。
  3. (3)講座開始までに受講番号を記載したメールをNITE講座「事業者等における製品安全対策の基礎知識」事務局より送付致します。本メールを受講に必要な「受講票」ですので、受講時にお持ちください。
  4. (4)講義資料は、講義当日に印刷物として配布いたします。電子ファイル(PDF等)による配信はいたしません。
  5. (5)筆記用具やノートなど講義に必要なものは、お持ちください。なお、筆記用具やノート以外で講義に必要なものがありましたら、事前にNITE講座「事業者等における製品安全対策の基礎知識」事務局よりメールにてお知らせいたします。
  6. (6)講義中の動画や写真の撮影及び録音は、ご遠慮ください。
  7. (7)悪天候などやむを得ない事情で講義開催が困難であると想定される場合は、講義開始までに、中止等のご案内をメールで連絡いたします。なお、中止等となった講座の扱いにつきましては、後日、連絡いたします。
  8. (8)受講に際しての事故や受講者間のトラブルなどについて、NITEは責任を負いません。
  9. (9)その他ご不明な点やお問い合わせがございましたら、お気軽にNITE講座「事業者等における製品安全対策の基礎知識」事務局までご連絡ください。

ページトップへ

講座に関するお問い合わせ先

製品評価技術基盤機構 NITE講座「事業者等における製品安全対策の基礎知識」事務局
Eメール:anzen-koza-o【アットマーク】nite.go.jp(メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください。)

  • ※フリーメールは受信できないことがあります。
  • ※ご提供いただいた個人情報は、NITE講座の運営以外の目的では使用致しません。情報セキュリティポリシー及び個人情報保護管理規程を遵守して取り扱います。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図