バイオテクノロジー

iPS細胞研究で使用されたヒトGatewayTMエントリークローン

View this page in English

京都大学の前川桃子助教と山中伸弥教授らの研究グループと独立行政法人産業技術総合研究所の五島直樹主任研究員らの研究グループは、卵細胞で強く発現する転写因子Glis1を用いると、従来の方法に比較して非常に効率よく完全に初期化したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を誘導できることを発見し、この研究成果を英国科学誌「Nature」6月9日号(2011)に発表しました。

NBRCでは、この研究で使用されたGlis1を含むヒトGatewayTMエントリークローンの分譲を行っています。
※GatewayTM はThermo Fisher Scientific社の商標です。

Gene Symbol Human GatewayTM entry clones
F type N type
GLIS1 FLJ33315AAAF FLJ33315AAAN
DMRTB1 FLJ32711AAAN
PITX2 FLJ45932AAAF FLJ45932AAAN
IRX6 FLJ43063AAAF FLJ43063AAAN
OVOL2 FLJ12222AAAN
ZBTB8 (ZBTB8A) FLJ90065AAAF FLJ90065AAAN
ZBTB43 FLJ22470AAAF FLJ22470AAAN
ZNF202 FLJ13689AAAF FLJ13689AAAN
ZNF383 FLJ16547AAAF FLJ16547AAAN
NR5A1 FLJ83579AAAF FLJ83579AAAN
ZSCAN4 FLJ35105AAAF FLJ35105AAAN
ZNF768 FLJ23436AAAF FLJ23436AAAN
PRPF4B FLJ80135AAAF FLJ80135AAAN
NHLH1 FLJ94293AAAF
GRHL1 FLJ93406AAAF
OTX2 FLJ95024AAAF
PRRX2 FLJ81118AAAF
OTP FLJ80959AAAF
POU5F1 (Oct3/4) FLJ85586WAAF FLJ85586WAAN
Sox2 FLJ85594AAAF FLJ85594AAAN
Klf4 FLJ94042AAAF FLJ94042AAAN
MYC (c-Myc) FLJ93327AAAF FLJ93327AAAN

ページトップへ

Reference

Maekawa M, Yamaguchi K, Nakamura T, Shibukawa R, Kodanaka I, Ichisaka T, Kawamura Y, Mochizuki H, Goshima N, Yamanaka S. Direct reprogramming of somatic cells is promoted by maternal transcription factor Glis1. Nature 2011 Jun 8;474(7350):225-9. doi: 10.1038/nature10106. [PubMed: 21654807]
クローン情報の詳細やご注文方法は、こちらのページでご覧いただけます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ