NITE刑事#1「謎の火災原因を追え!」

製品安全分野

とある現場で発生したボヤを内藤刑事と吉田くんが調査。ボヤの原因は煙草の不始末で早期決着かと思われたが、そこにNITE刑事(ナイトデカ)が突然現れる。
そこでNITE刑事が現場で「とあるモノ」を見つけたことによってこの事件の真相が暴かれることとなる!
NITEの製品安全分野では、こういった、製品事故に関する情報を調査、分析し、再発防止やリスクの低い製品開発に向けて必要な情報を発信しています。

扇風機、エアコン、スマホ充電器といった身近にある物も重大な製品事故に繋がる可能性がある!

NITE刑事#2「集団幼児化事件!?」

化学物質管理分野

サッカー選手が幼児化するというまさかの事態に出くわす内藤刑事と吉田くん。相手チームの妨害だろうと推理していたが、そこにまた現れたNITE刑事がこの事件の原因は化学物質だと推理しました。
世の中にたくさんある化学物質。しかし思わぬリスクが潜んでいるかもと闇雲に怖がっているだけでは、人々の豊かな暮らしを失うことになりかねません。そこでNITEの化学物質管理分野では長年培ってきた確かな技術で検証し、得られた情報を広く社会に提供。そうして持続可能な経済活動とみんなの暮らしを守ることに貢献しています。

化学物質は、有害な性質だけでなく、役に立つ性質との二面性を理解して上手に付き合うことが大切なのです!

NITE刑事#3「カビたパンの謎!?」

バイオテクノロジー分野

張り込み中にあんぱんを買いにパン屋に立ち寄った内藤刑事と吉田くん。吉田くんの買ったあんぱんには「カビ」が…。
しかし店主にクレームを言う吉田くんにNITE刑事は「カビなどの微生物の存在が、実はとても人の役に立っていることもあるんじゃ」と語りかけ、ペニシリンという抗生物質は、青カビがいなければ発見されなかったと解説します。NITEのバイオテクノロジーセンターは、こういった世界有数の9万株の微生物を保存、管理、提供し、日本の産業発展や、より安全な社会の実現に貢献しているのです。

たかがカビだと侮っていたけれど、世の中には俺たち人間を助けてくれる微生物たちが住んでいるんだなあ...!

NITE刑事#4「謎の腹痛の原因を追え」

適合性認定分野

昼食に吉田くんが作った炒飯を食べたら、腹痛となってしまった内藤刑事。当然、吉田くんのせいだと内藤刑事は吉田くんを問い詰めるが、そこにNITE刑事が現れる。一体原因は何なのか?
NITEの適合性認定分野では、製品の品質を確認する試験所などに対して、適切な技術や体制を持っているかどうかを、法律や国際規格にもとづき審査・認定しています。認定された試験所の信頼が高ければ、海外でも日本製品の信頼が高まります。NITEは試験所などを認定することを通じて、日本の国際競争力を高めつつ、日本の未来に貢献しています。

試験所を認定することは、国内外から信頼を得るために大事なんですね!

NITE刑事#5「対決!ネズミ坊主」

国際技術評価本部

地下商店街に現れた怪しい人物。彼は世間ではネズミ坊主と言われている大戸棒太郎(おおどぼうたろう)だった。地下商店街を混乱に陥れ、金品を盗もうとする計画を内藤刑事、吉田くん、NITE刑事は止めることができるのか?!
蓄電池システムは、NITEの国際評価技術分野が設置している大型蓄電池システム試験評価施設、通称NLAB(エヌラブ)での厳しい安全性の試験を突破したものが、市場に多く流通しています。

つまり、日本の蓄電池システムは他国より安全性が高いと言うことなんですね!

NITE刑事#6「さらばNITE刑事」

内藤刑事と吉田刑事は、『NITE刑事』と数多くの現場をまわり、製品安全分野、化学物資管理分野、バイオテクノロジー分野、適合性認定分野、国際評価技術分野の5つの分野において、経済産業省など関係省庁と密接な連携のもと、各種法令や政策における技術的な評価や審査などを実施し、日本の産業を支えていると学んだ。
彼らが見つけた答えとは?そして決心したこととは…?

NITEとは、みんなの安全と未来を守っている人たちの
ことだ。

NITE刑事昇級試験

キミもNITE刑事(デカ)になれるか?!
動画を見てこの昇級試験にチャレンジしよう!
当Webサイトを快適にご利用いただくために、以下の環境でのご利用を推奨致します。
また、JavaScriptが使用できる状態でご利用ください。

【Windows】Microsoft Edge (最新版), Mozilla Firefox (最新版), Google Chrome (最新版)
【Mac(Macintosh)】Safari (最新版)
【スマートフォン】Andoroid / Chrome(最新版), iOS / Safari(最新版)

※Microsoft Internet Explorer 11はマイクロソフト社によるサポート、ポリシー変更に伴い、推奨環境の対象外となります。