化学物質管理

化学物質総合情報提供システム(CHRIP)のデータを更新します(平成27年10月13日)

公表日

平成27年10月13日

本件の概要

1. 報道発表資料

発表日:
平成27年10月13日
タイトル:
化学物質総合情報提供システム(CHRIP)のデータを更新します
発表者名:
独立行政法人製品評価技術基盤機構化学物質管理センター
資料の概要:
 NITE(ナイト)[独立行政法人 製品評価技術基盤機構 理事長:辰巳 敬、本所:東京都渋谷区西原]は、平成27年10月13日(火)に、化学物質に関する国内外の法規制、有害性やリスク評価等に関する情報を提供しているデータベース「化学物質総合情報提供システム(CHRIP)※1」(通称:クリップ)のデータを更新します。
  今回の更新により、平成28年6月1日から施行される労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」及び「名称等を通知すべき危険物及び有害物」に関する情報※2もCHRIPから閲覧することが可能となります。

※1 「化学物質総合情報提供システム(CHRIP)」とは
 NITE化学物質管理センターが提供しているデータベースシステムで、国内外の法律による規制対象物質延べ約22万物質について、規制や有害性情報などの情報を掲載しています。化学物質の番号や名称、構造式などから化学物質の検索が可能なほか、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律、労働安全衛生法などの各法律等に規制対象物質を一覧表示することもできます。また、国内外の有害性情報等へのリンクもあります。CHRIPは以下のサイトからどなたでも無料で利用することができます。
http://www.safe.nite.go.jp/japan/db.html
 
※2  労働安全衛生法の「名称等を表示すべき危険物及び有害物」及び「名称等を通知すべき危険物及び有害物」は、平成27年6月10日に公布された「労働安全衛生法施行令及び厚生労働省組織令の一部を改正する政令(平成27年政令第250号)」及び6月23日に公布された「労働安全衛生規則及び産業安全専門官及び労働衛生専門官規程の一部を改正する省令(平成27年厚生労働省令第115号)」により、対象物の追加、固形物の適用除外の創設、裾切り値(CHRIPでは“対象となる範囲(重量%)”)の見直しなどの改定が行われ、平成28年6月1日から施行されます。

報道発表資料【PDF:37KB】

2.公開ウェブサイト

・更新内容の詳細

  http://www.safe.nite.go.jp/japan/osirase.html

・化学物質総合情報提供システム(CHRIP)

  http://www.safe.nite.go.jp/japan/db.html

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
 担当:情報業務課 木幡、小原
 電話:03-3481-1999
 FAX:03-3481-2900
 E-mail:safe@nite.go.jp

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
TEL:03-3481-1977  FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ