製品安全

1-07 テーブルタップ「1.トラッキング現象で発火」

 

水槽の側に設置されたテーブルタップがトラッキングにより発火した事故の再現映像

【動画の解説】
コンセントに差し込んだプラグの周辺に綿ぼこりや湿気などが付着することにより、差し込みプラグの刃の間に電流が流れ、火花放電を繰り返すことで、炭化し、導電化され、出火する現象を再現しています。水槽などの近くは水分が付着しやすいため、コンセントやプラグが濡れないようにしてください。

※専門家が実験を行っております。大変危険ですのでマネしないでください。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図