化学物質管理

eChemPortalへの参加について

View this page in English

OECDでは、政府機関等により提供されている化学物質特性情報(有害性、GHS、暴露・用途等)を一括で検索するためのポータルサイト(通称eChemPortal)を開発しています。

このeChemPortalには29のデータソースが参加しており(2014年7月)、物質の番号(CAS番号、MITI番号、EC番号、UN番号等)、化学物質名称(日本語名称を含む)による一括検索が可能となっています。

物質の番号、化学物質名称による検索においては、提供されているデータソースの化学物質特性情報の種類(有害性、GHS、暴露・用途)によるフィルタ機能が開発されており、より利用しやすく改良されています。

また、eChemPortalの物質特性検索機能では、物理化学的性状、環境中運命、生態影響、人健康影響の個別エンドポイントの条件、数値等による詳細な検索機能も提供されています。

eChemPortalでは、検索結果の一覧から、該当するデータソースへのリンク情報を提供しており、利用者は、一括検索の後、条件に該当するデータを容易に確認することができます。

NITEからは、J-CHECK(化審法既存点検結果等の情報)及びGHS-J(GHS分類情報)がeChemPortalに参加しています。 また、eChemPortalの日本語名称検索、MITI番号検索においては、J-CHECKのデータが利用されています。

eChemPortalに関する詳細な内容は、OECDのeChemPortal紹介ページをご参照下さい。

eChemPortalのホームページはこちらです。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター
TEL:03-3481-1977  FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ