バイオテクノロジー

海外由来株の魅力

国内由来株にはない海外由来株の魅力をご紹介します。

インドネシア株


図:熱帯雨林でのサンプリングの様子

これまでにインドネシアのスマトラ島 、ジャワ島、西チモール、スラベシ島などから土壌、リター、植物などの試料採集、微生物分離及び性状検査を実施し、契約に基づき糸状菌と放線菌を中心とした微生物をNITEに移転しております。

日本国内より分離された微生物と比較すると、インドネシアにおいて得られた微生物は多様性に富んでおり、未知の微生物が多数存在することが明らかになっております。また、分類学上は既知の微生物であっても、生息する環境が日本とは著しく異なることから新規の機能や代謝産物が存在する可能性があり、有用微生物の探索源として有望であると考えられています。


図:インドネシア株の主な採集地

ページトップへ

ベトナム株

ベトナムでは湿地やマングローブ林、熱帯雨林の土壌から放線菌を、発酵食品から乳酸菌を採集して保存しております。


図:湿地での探索の様子


図:サンプリングの様子


図:マングローブでのサンプリングの様子


図:ベトナムの発酵食品


図:ベトナム株の主な採集地

ページトップへ

モンゴル株

モンゴルでは馬乳酒などの多様な乳製品から乳酸菌、砂漠などの土壌などから放線菌を数多く分離し、NITEにスクリーニング株として保存しています。


図:モンゴル株の主な採集地


図:塩湖でのサンプリングの様子


図:ゲルでのサンプリングの様子

ページトップへ

ミャンマー株

ミャンマーには地域ごとに独特の発酵食品があることから、NITEはこれらから乳酸菌・酵母などを採集し、分離した菌株をスクリーニング株として保存しております。今後徐々に提供可能菌株数を増やしていく予定です。


図:ミャンマーの発酵食品


図:ミャンマーでのサンプリングの様子

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  生物資源利用促進課  スクリーニング株担当
TEL:0438-20-5763  FAX:0438-52-2329
住所:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8 地図
お問い合わせフォームへ