化学物質管理

有害性評価支援システム統合プラットフォーム(HESS)更新履歴

View this page in English

2016年10月

[HESS]
  • 1.化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(46物質、46試験)を追加しました。
[HESS DB]
  • 1.化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(46物質、46試験)を追加しました。
  • 2.毒性作用機序情報:化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(3物質3文献)を追加しました。

ページトップへ

2016年1月

[HESS]
  • 1.以下の反復投与毒性試験データを追加しました。
    •  厚生労働省委託がん原性試験(13週間)(24物質、24試験)
[HESS DB]
  • 1.以下の反復投与毒性試験データを追加しました。
    •  厚生労働省委託がん原性試験(13週間)(24物質、24試験)
  • 2.ADME情報:247物質380文献の情報を追加しました。
  • 3.毒性作用機序情報:化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(11物質25文献)及び毒性メカニズムの要約(2物質)を追加しました。

ページトップへ

2015年7月

[HESS]
  • 1. 以下の反復投与毒性試験データを追加しました。
    •  経産省Tox-Omics(計31物質、32試験)
    •  トキシコゲノミクスプロジェクト(計124物質、124試験)
    •  OECD HPV(計130物質、150試験)
  • 2.代謝マップデータ(計150物質、159マップ) を追加しました。
  • 3.9カテゴリー(HPV chemical)を追加しました。
[HESS DB]
  • 1.経産省Tox-Omicsプロジェクトより提供頂いた反復投与毒性試験の用量反応データ(31物質、32試験)を追加しました。

ページトップへ

2015年1月

[HESS]
  • 1.化審法既存化学物質、米国NTP、OECD HPV chemicalの反復投与毒性試験データ(計64物質、77試験)を追加しました。
  • 2.Profiler: Repeated dose (HESS)において、OECD HPVの長鎖アルコールカテゴリーの追加及び7カテゴリーのトレーニングセットとなる化学物質の情報の更新を行いました。
[HESS DB]
  • 1.化審法既存化学物質と米国NTPの反復投与毒性試験の用量反応データ(31物質)を追加しました。
  • 2.毒性作用機序情報:化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(14物質22文献)及び毒性メカニズムの要約(1物質)を追加しました。

ページトップへ

2014年7月

[HESS/HESS DB]
  • 1.最近公開された化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(14物質)を追加しました。
  • 2.日本での承認申請に用いられた医薬品の反復投与毒性試験データ(50物質)を追加しました。

ページトップへ

2014年3月

[HESS/HESS DB]
  • 1.最近公開された化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(68 物質)を追加しました。
[HESS]
  • 1.親物質と代謝物を同時に解析する機能を追加しました。
  • 2.Undo 機能を追加しました。
  • 3.欧州COSMOS プロジェクト提供データ(US FDA の化粧品や食品添加物の毒性試験データ)より、852物質の反復投与毒性試験データを追加しました。
  • 4.米国ToxCast プロジェクト提供データ(農薬等の毒性試験データ)より、493物質の反復投与毒性試験データを追加しました。
  • 5.アリルエステル類の肝毒性カテゴリー及び花王株式会社との協力により医薬品の毒性情報等を基に開発した27 種類の肝毒性カテゴリーを追加しました。
[HESS DB]
  • 1.64bitPC での動作が可能になりました。
  • 2.ユーザデータのコピーペーストによる入力が可能になりました。
  • 3.化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(32 物質60 文献)を追加しました。

ページトップへ

2013年7月

[HESS/HESS DB]
  • 1.化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(16物質)を追加しました。 (Chem No. 340, 524-538)
[HESS]
  • 1.Profiler: Repeated dose (HESS)中のいくつかのカテゴリーについて、記述を更新しました。
  • 2.Profiler: 「Similarity boundaries」に関連したバグを修正しました。
  • 3.反復投与毒性試験データベース(HESS repeated dose toxicity)における試験項目の表記を訂正しました。
  • 4.反復投与毒性試験データベース(HESS repeated dose toxicity)のデータの訂正を行いました。
[HESS DB]
  • 1.ADME情報: P450によるin silico代謝予測結果(51物質)を追加しました。
  • 2.毒性作用機序情報: 化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(8物質19文献)及び毒性メカニズムの要約(図付き、6物質)を追加しました。
  • 3.リンク機能の更新:以下のリンクを更新しました。
    •  毒性試験データ(Study_View画面)からオリジナルの試験報告書へのリンク
    •  ADME文献情報(ADME_View画面)からPubMedへのリンク
    •  毒性作用機序文献情報(Mechanism_View画面)からPubMedへのリンク

ページトップへ

2013年1月

[HESS/HESS DB]
  • 1.化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(14物質)を追加しました(Chem No. 354、374、512-523)。
[HESS]
  • 1.「Input」(評価対象物質の入力画面)において、次の3つの修正を行いました。
    •  Study No.による物質の入力機能
    •  評価対象物質のCAS番号の表示(データベースに登録されていた場合)
    •  データベース検索時の立体構造の考慮
  • 2.いくつかのProfilerの内容を更新しました。
  • 3.Profiler: Repeated dose (HESS)中のいくつかのカテゴリーについて、トレーニングセットとなる化学物質の情報を更新しました。
  • 4.評価対象物質が、Repeated dose (HESS)中のカテゴリーに該当しない場合の表記を"N/A"から" Not categorized"に変更しました。
  • 5.「Gap filling」の後にフィルターを使用した場合に、エンドポイントツリーの一部が消えてしまう問題を修正しました。
[HESS DB]
  • 1.ADME情報:60物質のP450によるin silico代謝予測結果を追加しました。
  • 2.毒性作用機序情報:化審法既存化学物質に関連する毒性作用機序情報(12物質33文献)を追加しました。

ページトップへ

2012年7月

[HESS/HESS DB]
  • 1.化審法既存化学物質の反復投与毒性試験データ(2物質)を追加しました(Chem No. 510、511)。
[HESS]
  • 1.Profiler: Repeated dose (HESS)のカテゴリー(azobenzenes (Hemolytic anemia with methemoglobinemia) )について、記述を訂正しました。
  • 2.次の2つのバグを修正しました。
    •  ポストターゲット物質の反復投与毒性試験データが抽出できない問題
    •  ユーザーが作成した「filter name」が表示されない問題
[HESS DB]
  • 1.ADME情報:約50物質のP450によるin silico代謝予測結果を追加しました。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター  安全審査課  QSAR担当
TEL:03-3481-1735  FAX:03-3481-1950
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ