製品安全

Vol.70  4月 9日号「ヘアドライヤーによる事故」

 ■■■◆        
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

===================2008.4.9 Vol. 70=======================

 今回は、ヘアドライヤーによる事故をご紹介しています。NITEからのお
知らせでは、「製品事故から身を守るために<身・守りハンドブック>」の発
行、ハンドル形電動車いすの安全性調査結果について等をご案内しています。
事故100選は、ドアクローザーが落下した事故です。

======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報 
  ・ヘアドライヤーによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(3月19日~4月2日受付269件)
2.社告・リコール情報(10件)
3.NITEからのお知らせ
  ・「製品事故から身を守るために<身・守りハンドブック>」の発行
  ・ハンドル形電動車いすの安全性調査結果について
  ・市場モニタリングテスト結果にエアゾール製品を追加
  ・バリアフリー2008出展のご案内
4.関係機関の製品安全情報
  ・「携帯用レーザー応用装置」の回収について        経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
5.事故100選
    第39回「ドアクローザーが落下した事故」
6.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

        ◆◆◇ ヘアドライヤーによる事故 ◇◆◆

◇今回は、ご注意いただきたいヘアドライヤーの事故事例をご紹介いたします。
 
  (事例1)ヘアドライヤーを使用中、突然「パン、パン」と音がして火
       花が飛び、衣服に穴が開きました。
  ----------------------------------------------------------------
  →使用者が、電源コードを本体に巻きつけた状態での収納を繰り返し行
   っていたことから、電源コードの本体側根元部分が強くねじれて機械
   的ストレスが加わったため芯線が半断線・ショートし、火花が生じた
   ものと推定されます。なお、本体及び取扱説明書に「収納時にコード
   を本体に巻きつけない」等の注意表示がありました。

  (事例2)ブラシ式ドライヤーの先端ブラシ部分を外して髪を乾かして
       いたところ、1、2分後に火花と煙が発生しました。
  ----------------------------------------------------------------
  →吸気口が埃・毛髪等で目詰まりしていたため、内部温度が異常に上昇
   して温風吹出口付近のサーモスタットが作動し、その際に接点から火
   花が発生し、過熱によってヒーター周囲に付着していた埃が一時的に
   焦げたものと推定されます。

◇事例1のように、ヘアドライヤーの収納時に電源コードを本体にきつく巻き
 つけていると、コードの芯線を傷めてしまいます。コードを強く束ねたり、
 ねじれたままにしたりすることもコードに負担がかかって危険ですのでご注
 意ください。使用中に時々止まるようなことがある場合は、芯線が半断線し
 ている可能性もありますので使用を止めてメーカーに連絡してください。ま
 た、事例2のように吸気口に埃や毛髪等が付着したまま使用していると発火
 のおそれがあります。取扱説明書に従って取り除くようにしてください。

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
           (3月19日~4月2日受付269件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

        製品名          (事故状況と件数)
      ===============================================
      1.バッテリー(電動工具用) (発煙   38件)
      2.ガスこんろ        (火災等  22件)
       .電気ストーブ       (破裂等  22件)
      4.デスクマット       (皮膚炎  20件)
      5.石油ストーブ       (火災等  12件)

 バッテリー38件は、充電中の電動ドライバー用電池パックが発煙して変形
したものです。デスクマット20件は、接触部分に皮膚炎を発症したもので、
まとめて報告があったものです。

<最新の製品事故情報の公表>

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週月曜日に以下のNITEホー
ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇プーマジャパン株式会社 「シューズ」(自主回収)(H20/03/26)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080326.html

◇ヤマハ株式会社AV機器事業部 「スピーカー(再社告)」(平成15年2月19日
 に行った社告の再社告)(無償で点検)(H20/03/25)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080325.html

◇バイ・デザイン株式会社 「42型プラズマテレビ」(無料で点検・修理)
 (H20/03/24)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080324.html

◇松下電工株式会社 「エスコートライト(充電式携帯電灯)(再社告)」
 (平成19年2月1日に行った社告の再社告)(取り替え用電池価格にて代替品
 と交換)(H20/03/18)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080318a.html

◇住商液化ガス株式会社中央 「LPガス容器」(回収、交換)(H20/03/17)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080317b.html

◇株式会社ノーリツ(製造・販売元)/株式会社日立ハウステック(販売元)
 「ガスふろ給湯器(再社告)」(平成19年6月9日に行った社告の再社告)
  (無償部品交換)(H20/03/17)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080317.html

◇株式会社セラヴィ 「オイルヒーター」(自主回収・点検修理)(H20/03/15)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080315.html

◇長瀬産業株式会社 「ポータブルDVDプレーヤー(再社告)」
 (平成19年7月11日に行った社告の再社告)(自主回収、返金)(H20/03/13)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080313.html

◇岩谷産業株式会社 「電子レンジ(再社告)」
(2003年9月2日に行った社告の再社告) (無償で点検・修理)(H20/03/12)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080312.html

◇株式会社サンエー・インターナショナル 「婦人用パンプス」(回収)
 (H20/03/11)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/20080311.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

     ◆◆◇ 「製品事故から身を守るために    ◇◆◆
          <身・守りハンドブック>」の発行

 NITEは、消費生活用製品による事故から身を守るための消費者啓発用冊
子「製品事故から身を守るために<身・守りハンドブック>」を発行しました。
ホームページからPDF版をご利用いただけますので、ぜひご覧ください。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs080407.html

   ◆◆◇ ハンドル形電動車いすの安全性調査結果について ◇◆◆

 NITEは、経済産業省からの委託を受けて、現在、市販されているハンド
ル形電動車いすを試買し、JIS等への適合状況を調べるとともに、事故状況
を想定した再現試験を実施し、車いすの安全性について改善点等があるかどう
か調査した結果について「電動車いす安全研究会」の審議を経て報告書に取り
まとめました。 

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs080328.html

  ◆◆◇ 市場モニタリングテスト結果にエアゾール製品を追加 ◇◆◆

 平成18年度市場モニタリングテスト結果にエアゾール製品(スプレー製品)
を追加いたしました。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/monitor/index.html

      ◆◆◇ バリアフリー2008出展のご案内 ◇◆◆
  
 福祉機器・製品を含めた総合的な福祉情報を発信するバリアフリー2008
(無料)が開催されます。NITEは、この総合福祉展に出展し、人間特性計
測業務や標準化業務を、パネルや簡単な体験装置を組み合わせてご紹介をいた
します。

   【会期】平成20年4月25日(金)~4月27日(日)
   【会場】インテックス大阪(大阪市住之江区) 
   【詳細】 http://barrierfree.jp

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

    ◆◆◇ 「携帯用レーザー応用装置」の回収について ◇◆◆

 経済産業省は、株式会社大国屋(埼玉県三郷市)と有限会社ジェーン(大阪
府大阪市)が輸入・販売した「携帯用レーザー応用装置」について、消費生活
用製品安全法に定める技術基準不適合(レーザー光が強いために目を傷つける
おそれのあること等)が認められたため、該当製品の購入者に対し、使用を中
止し、回収のため当該事業者に連絡するよう、また、消費者に対し、携帯用レ
ーザー応用装置についてはPSCマーク付きのものを購入・使用するよう呼び
かけています。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20080328004/20080328004.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆  

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  4/ 8 http://www.meti.go.jp/press/20080408003/20080408003.html
  4/ 7 http://www.meti.go.jp/press/20080407003/20080407003.html
  4/ 4 http://www.meti.go.jp/press/20080404005/20080404005.html
  4/ 1 http://www.meti.go.jp/press/20080401002/20080401002.html
  3/28 http://www.meti.go.jp/press/20080328018/20080328018.html

===================================
             5.事故100選
===================================

        第39回「ドアクローザーが落下した事故」

◇平成16年、ベランダ出入り口のアルミ框ドアのドアクローザーが落下する
 事故発生し、NITEに報告がありました。アルミ框ドアを開閉した時に、
 ドアクローザー本体とドアクローザーブラケットが落下したとのこと。使用
 期間は約2年3ヶ月でした。

◇製造事業者によると、当該製品の扉への取り付けは建物にドアを取り付ける
 施工現場でいっしょに行われていたとのこと。手順は以下のとおりでした。
  1.ドアクローザー敷板を扉本体に固定するため、扉内部にセットされた
    裏板とドアクローザー敷板をネジで締結
  2.ドアクローザーブラケットをドアクローザー敷板にネジで締結
  3.ドアクローザーブラケットとドアクローザー敷板をネジで扉本体(扉
    内部の裏板)に締結
  4.ドアクローザー本体をドアクローザーブラケットに勘合させてネジで
    締結
  5.ドア枠にガイドレールを取り付け、レールとドアクローザー本体をア
    ームで連結 

◇このうち、3のドアクローザーブラケットとドアクローザー敷板を扉に固定
 していたネジの先端部が、扉内部の裏板からの出寸法が少なくてネジの締め
 込み時に裏板とのかみ合わせが悪くなり、ネジ山の一部を破損した状態で取
 り付けられていたことが判明。ネジはM5×16ミリが使用されていました
 が、ネジ先端部の出寸法が最大1.4ミリ、最小0.4ミリと少ないものでし
 た。

◇以上のことから、設計時に敷板とドアクローザーブラケットとを取り付ける
 ねじをM5×16ミリとしたためにネジ先端部の裏板からの出寸法が少なく、
 扉の開閉時の振動等によってネジに緩みが発生して抜け、ドアクローザーの
 脱落に至ったものと推定されました。ネジの長さが短かったため、施工不良
 を起こしやすく、ネジの締め付け力を低下させたものと考えられます。

◇製造事業者はネジをM5×20ミリに変更し、対象製品のネジの交換と緩み
 止めを施す対策を実施することとしています。

===================================
              6.編集後記
===================================

 先週は職場近くの桜が満開でした。今号でご紹介しています「身・守りハン
ドブック」、できるだけ多くの皆さまご覧いただけるよう、ホームページでP
DF版を公表しています。ご家族やお知り合いに、ぜひご利用いただきますよ
うお願いいたします。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図