製品安全

Vol.79  8月27日号「ガスこんろによる事故」

 ■■■◆        
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

==================2008.8.27 Vol. 79======================

 暑さも和らぎ、少し涼しくなってきました。今号は、ガスこんろによる事故
をご紹介しています。事故100選は、カセットこんろから炎が出た事故です。
 
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報 
  ・ガスこんろによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(7月30日~8月19日受付348件)
2.社告・リコール情報(17件)
3.関係機関の製品安全情報
  ・第18回製品安全点検日セミナー開催のお知らせ     経済産業省
  ・パロマ工業(株)の消費生活用製品安全法第39条に基づく
   危害防止命令による再点検及び周知等の活動状況について
   (第6報~8報)                   経済産業省
  ・ガスこんろの政令指定化に伴う「ガス用品の技術上の基準等
   に関する省令」及び「液化石油ガス器具等の技術上の基準等
   に関する省令」の一部改正について           経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
4.事故100選
    第48回「カセットこんろから炎が出た事故」
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

         ◆◆◇ ガスこんろによる事故 ◇◆◆

◇今回はご注意いただきたいガスこんろによる事故をご紹介します。

  (事例1)木造2階建て住宅から出火して、約240平方メートルを全
       焼し、家人が煙を吸い軽傷を負いました。
  ----------------------------------------------------------------
  → ガスこんろに天ぷら鍋をかけたまま放置したため、鍋の油が過熱し
    て火災に至ったものと推定されます。

  (事例2)鉄筋2階建て集合住宅の一室から出火して、同室約25平方
       メートルを焼き、家人1人が全身に火傷を負って重体になり
       ました。
  ----------------------------------------------------------------
  → ガスこんろに鍋をかけたまま被害者が眠ってしまったため過熱し、
    周囲の可燃物に燃え移り、火災に至ったものと推定されます。

  (事例3)木造2階建て住宅から出火し、約176平方メートルを全焼
       した。
  ----------------------------------------------------------------
  → ガスこんろのグリルで魚を調理中に外出したため、魚の油脂や受け
    皿にたまっていた油等が過熱し、火災に至ったものと推定されます。

◇NITEで収集したガスこんろによる事故は、事例のように、ガスこんろを
 点火したままその場を離れて放置してしまい、事故に至っているケースが多
 くあります。ガスこんろを使用中はその場を離れないようにしてください。
 調理油過熱防止装置が付いたこんろを使用していても、同装置が付いていな
 い方のバーナーを使用して事故に至ったり、鍋に凹みや汚れがあって正しく
 検知できずに事故に至ったりするケースもあります。取扱説明書をよく読ん
 でご注意ください。

◇家庭用のガスこんろがガス事業法、液化石油ガス法の規制対象品目に指定さ
 れ、全口に調理油過熱防止装置と立ち消え安全装置の設置が義務付けられる
 ことになりました。詳細は以下のページをご覧ください。

 【詳細】経済産業省 製品安全ガイド「ガスこんろが規制の対象になります」
     http://www.meti.go.jp/product_safety/index.html  

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
           (7月30日~8月19日受付348件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

       製品名           (事故状況と件数)
      ==============================================
      1.カイロ(電子レンジ加熱式)(焦げ等 94件)
      2.電気温風器(蓄熱式)   (焼損  34件)
      3.エアコン         (火災等 17件)
      4.ガスこんろ        (火災等 16件)
      5.サンダル         (挟まれ等12件)
       .自転車          (破損等 12件)
       .乳母車          (破損等 12件)

 カイロ(電子レンジ加熱式)94件は、電子レンジで加熱中に焦げた等の、
1999年以降に発生した事故の報告がまとめてあったものです。電気温風器
(蓄熱式)34件は、使用中にエラー表示が出て動かなくなったため確認した
ところ端子台が焼損していたというもので、昨年以降に発生した事故の報告が
まとめてあったものです。 

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホー
ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇象印マホービン株式会社「除湿乾燥機」(無償修理(または無償交換))
 (H20/08/22)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008082201.html

◇松木技研株式会社「電気ストーブ」(無償点検・修理)(H20/08/21)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008082101.html

◇株式会社泉精器製作所「ふとん乾燥機」(無料点検または、無料交換)
 (H20/08/20)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008082002.html

◇ヤマトプロテック株式会社「エアゾール式簡易消火具」
(無償回収(1000円分の金券を進呈))(H20/08/20)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008082001.html

◇株式会社 宝島社「spring9月号特別付録ランチトートバッグ」
 (無償交換(臭いを緩和したもの))(H20/08/14)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008081401.html

◇株式会社ブリヂストン
 「ユニットバス・トイレユニット用ドアレバーハンドル」(無償交換)
 (H20/08/12)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008081201.html

◇MOTO VARESE(販売)/中国上海東光億 有限公司(製造)
 「オフロードヘルメット」(回収・返金)(H20/08/05)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008080501.html

◇カナヤママシナリー株式会社「歩行器」(無償部品交換)(H20/08/01)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008080103.html

◇株式会社ケーヨー「折りたたみ自転車」(点検・部品交換)(H20/07/29)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072903.html

◇アイホン株式会社「インターホン用直流電源ユニット(再社告)」
 (無償点検・交換)(H20/07/29)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072902.html

◇アイホン株式会社「テレビドアホン(再社告)」(無償点検・部品交換)
 (H20/07/29)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072901.html

◇アップリカ・チルドレンズプロダクツ株式会社「ベビーカー(再社告)」
 (部品交換)(H20/07/26)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072601.html

◇株式会社ジュン「カゴバッグ」
 (回収・再検査(または返金))(H20/07/26)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072602.html

◇新ダイワ工業株式会社「刈払機」(無償部品交換(肩掛けバンドの
 ブラケット))(H20/07/24)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072402.html

◇株式会社デンソー「遠赤外線ヒーター」
 (回収(一台につき2万円で引き取り))(H20/07/23)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072302.html

◇プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
 「電気シェーバー付属ACアダプター」(無償交換(送料着払いにて送付。
 なお、小売店での交換は不可。))(H20/07/23)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072301.html

◇VCJコーポレーション株式会社「ベビーカー」(無償点検・補修)
 (H20/07/22)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008072201.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.関係機関の製品安全情報
===================================

   ◆◆◇ 第18回製品安全点検日セミナー開催のお知らせ ◇◆◆

 経済産業省は、平成19年3月から毎月第2火曜日を「製品安全点検日」と
し、製品の安全な使用方法等について情報提供を行っており、第18回セミナ
ーを9月9日に開催します。
 セミナー第1部では、最近の事故やトピックス、実際に起きた事故例を再現
実験映像をまじえ紹介します。また、テレビなどでおなじみのタレント・ダニ
エル・カ-ル氏の「私の製品安全チェック」(仮題)と題した講演を予定して
います。セミナ-第2部は、事業者の皆さま向けに、長期使用製品安全点検
(表示)制度、リチウムイオン蓄電池、ガスコンロ、石油ふろがま等石油燃焼
器具の安全基準について説明会を開催します。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20080811002/20080811002.html

  ◆◆◇ パロマ工業(株)の消費生活用製品安全法第39条に ◇◆◆
      基づく危害防止命令による再点検及び周知等の活動状
      況について(第6~8報)

 経済産業省は、パロマ工業(株)に対し、6月25日付けで発した危害防止
命令に関し、命令発出後六~八週間後の再点検の実施状況について、同社から
受けた報告の概要を公表しました。

【詳細】
 (第6報) http://www.meti.go.jp/press/20080808009/20080808009.html
 (第7報) http://www.meti.go.jp/press/20080815003/20080815003.html
 (第8報) http://www.meti.go.jp/press/20080822003/20080822003.html

 ◆◆◇ ガスこんろの政令指定化に伴う「ガス用品の技術上の ◇◆◆
     基準等に関する省令」及び「液化石油ガス器具等の技
      術上の基準等に関する省令」の一部改正について

 平成20年8月8日付け官報にて標記の省令改正が公布されました。家庭用
のガスこんろによる火災を防止するため、ガスこんろが政令指定されたことに
伴い、「ガス用品の技術上の基準等に関する省令」及び「液化石油ガス器具等
の技術上の基準等に関する省令」の改正を行うものです。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20080808006/20080808006.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  8/26 http://www.meti.go.jp/press/20080826007/20080826007.html
  8/22 http://www.meti.go.jp/press/20080822005/20080822005.html
  8/21 http://www.meti.go.jp/press/20080821004/20080821004.html
  8/19 http://www.meti.go.jp/press/20080819002/20080819002.html
  8/15 http://www.meti.go.jp/press/20080815002/20080815002.html
  8/12 http://www.meti.go.jp/press/20080812005/20080812005.html
  8/ 8 http://www.meti.go.jp/press/20080808010/20080808010.html

===================================
             4.事故100選
===================================

       第48回「カセットこんろから炎が出た事故」

◇平成18年、カセットこんろにガスボンベをセットして点火したところ、ガ
 スボンベの受け口付近から炎が出る事故が発生しました。使用者によると、
 事故が起きた製品は数年前の贈答品で、今まで使用したことがなかったとの
 こと。事故品は、器具栓つまみ周辺と本体底面にすすが付着しており、ガス
 ボンベ装着レバー先端や器具栓つまみの樹脂部分が溶融していました。また、
 本体の表示ラベルから、製造年月は1998年8月で約8年前の製品である
 ことが判りました。

◇器具栓を取り外して確認すると、器具栓の底板全体にひび割れが発生してい
 ることが認められたため、器具栓にガスボンベを装着して水中でガス漏れ箇
 所を観察すると、底板のひび割れ部からガスが多量に漏れていることが確認
 できました。そこで、底板の一部を切り取って樹脂に埋め込み、金属組織を
 観察したところ、粒界に沿ってひび割れが発生していることが認められ、粒
 界腐食割れと考えられました。また、底板の材質分析では、不純物の鉛が多
 く含まれる亜鉛合金ダイカストであることが判りました。

◇以上のことから、器具栓の底板のひび割れから漏れたガスが、カセットこん
 ろの下面に滞留し、バーナーの火が引火して炎が出たものと推定されました。
 底板のひび割れの原因は、製造工程で、材料である亜鉛合金ダイカストに不
 純物である鉛が多く混入したものがあったため、鉛が結晶粒界に析出し結晶
 粒界が腐食しやすくなり、粒界腐食が起こったためひび割れが生じたものと
 考えられます。

◇製造事業者は、他に同種事故は発生しておらず、単品不良とみられる事故で
 あることから特に措置はとりませんでした。なお、当該器具栓は1998年
 9月まで海外製品を使用していましたが、後継機種については日本製を使用
 しており、品質管理を徹底することとしました。

===================================
              5.編集後記
===================================

 昨日から主婦連合会とNITEで共同で開催する、社会人のための製品安全
に関する講座が始まりました。PSマガジンの読者の方もご参加いただいてい
るのではないでしょうか。定員に達してご参加いただけなかった方もいらっし
ゃるかもしれませんが、また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図