製品安全

Vol.82 10月 8日号「電気ストーブによる事故」

 ■■■◆        
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

==================2008.10.8 Vol. 82======================

 朝晩は肌寒い日もあり、電気ストーブを使い始めるご家庭もあるかと思いま
す。今回は、ご注意いただきたい電気ストーブの事故をご紹介しています。N
ITEからのお知らせでは「平成20年度生活・福祉技術センター製品安全業
務報告会」をご案内しております。事故100選は「石油ファンヒーターの吹
き出し口から炎が出た事故」です。

======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報 
  ・電気ストーブによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(9月17日~9月30日受付225件)
2.社告・リコール情報(13件)
3.NITEからのお知らせ
  ・平成20年度生活・福祉技術センター製品安全業務報告会
4.関係機関の製品安全情報
  ・パロマ工業(株)の半密閉式瞬間湯沸器再点検及び
   周知等の活動状況について(第10報)         経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
5.事故100選
    第51回「石油ファンヒーターの吹き出し口から炎が出た事故」
6.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

        ◆◆◇ 電気ストーブによる事故 ◇◆◆

◇今回はご注意いただきたい電気ストーブによる事故事例をご紹介します。

  (事例1)木造2階建て住宅から出火して、約170平方メートルを全
       焼し、家人が軽い火傷を負いました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電気ストーブをつけたまま就寝したため、就寝中にふとんが電気ス
    トーブのヒーター部に接触して着火し、火災に至ったものと推定さ
    れます。

  (事例2)軽量鉄骨2階建て住宅の1階和室から出火し、1階和室13
       平方メートルを焼き家人2名が死亡しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電気ストーブの周辺に乾かしていた衣類が散乱していたことから、
    衣類が電気ストーブのヒーター部に接触したため着火・延焼し、火
    災に至ったものと推定されます。

◇就寝中に電気ストーブを使用して、寝具など近くの可燃物に引火する事故は
 少なくありません。就寝中やそばを離れるときは電源を切るようにしてくだ
 さい。また、洗濯物をストーブの近くに置いたり、吊したりして乾かすのも
 危険です。
 
◇NITEでは、昨年11月に事故情報特記ニュースNo.83「電気ストーブに
 よる事故の防止に関する注意喚起」(下記アドレス参照)を発行しています。
 電気ストーブをご使用される際にご注意いただきたいことや、電気ストーブ
 のリコール情報を一覧でまとめています。電気ストーブを使い始める前に、
 お持ちの製品がリコール対象品ではないか、ご確認いただきますようお願い
 します。同ニュース発行以降のリコール情報は、以下の「社告・リコール情
 報の検索」や「過去1年間の社告・リコール情報」をご参照ください。

  ・事故情報特記ニュースNo.83
       http://www.nite.go.jp/jiko/news/083/news083.html
  ・社告・リコール情報の検索
       http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php
  ・過去1年間の社告・リコール情報
       http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆
           (9月17日~9月30日受付225件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

       製品名          (事故状況と件数)
      ==============================================
      1.ノートパソコン     (熱変形等 88件)
      2.ガスこんろ       (火災等  12件)
      3.コピー機        (発煙    8件)
      4.エアコン        (火災等   7件)
      5.扇風機         (火災等   5件)
        掃除機         (発煙等   5件)
        電気冷蔵庫       (火災等   5件)

 ノートパソコン88件は発熱して外装の一部が変形した等の事故で、昨年以
降発生したものも含めて報告があったものです。コピー機8件は、使用中のコ
ピー機の後部から発煙した事故で、2006年以降に発生したものがまとめて
報告があったものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホー
ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇三菱電機株式会社/日本建鉄株式会社「全自動洗濯機」
 ※(平成20年1月22日に新聞紙上にて社告を行っています。)
 (部品交換(無料))(H20/10/07)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008100701.html

◇日本電気硝子株式会社「太陽熱温水器(再々社告)」
 (平成18年3月29日と10月26日に行った社告の再々社告)
 (安全対策の実施(無料))(H20/10/03)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008100301.html

◇イケア・ジャパン株式会社「クヴィビー チェスト(整理タンス)」
 (無償交換(交換用キット(引き出しノブ×6、取り付け用ネジ×6)))
 (H20/10/01)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008100101.html

◇株式会社ユニクロ「携帯用膝掛け/室内用上履き」
 (回収(商品代金払い戻し))(H20/09/30)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008093001.html

◇株式会社オーディオテクニカ「コンパクトスピーカ」(無償交換)
 (H20/09/29)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008092901.html

◇イオン株式会社「3層式ステンレスパスタパン」(回収)(H20/09/27)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008092701.html

◇東洋プライウッド株式会社「ガラスダイニングテーブル」
(無償交換(ガラス飛散防止フィルムを貼付けした強化ガラス天板のみ))
 (H20/09/24)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008092401.html

◇株式会社ほんやら堂「電子レンジ加熱式湯たんぽ」(回収及び代金返金)
 (H20/09/20)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008092001.html

◇富士フイルム株式会社「デジタルカメラ用充電器」(無償交換)(H20/09/19)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008091901.html

◇株式会社コロナ「石油ストーブ」(無償点検・修理)(H20/09/18)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008091801.html

◇株式会社アントレックス「サーキュレーター」(無償点検・修理)
 (H20/09/12)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008091201.html

◇日本電気株式会社「ビデオカセットレコーダー」
 (注意喚起(使用の中止))(H20/09/11)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008091101.html

◇松下電器産業株式会社/東京ガス株式会社(OEM納入製品)/大阪ガス株式会
 社(OEM納入製品)/東邦ガス株式会社(OEM納入製品)「ガス衣類乾燥機」
 (無償点検および部品の取り付け)(H20/09/09)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008090901.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php
===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

 ◆◆◇ 平成20年度生活・福祉技術センター製品安全業務報告会 ◇◆◆

 NITE生活・福祉技術センターは、当センターが取り組んでいる製品安全
分野の事業についてご理解を頂くとともに意見交換を行う機会として、下記の
とおり製品安全業務報告会を開催いたします。是非ご参加頂きますよう、ご案
内申し上げます。

  【日時】大阪会場:11月 7日(金)10:00~16:30(受付 9:30~) 
       東京会場:11月20日(木)10:00~16:30(受付 9:30~) 

  【場所】大阪会場:大阪国際会議場(大阪市北区中之島5-3-51) 
       東京会場:牛込箪笥区民ホール(東京都新宿区箪笥町15番地) 

  【参加費】無料

  【定員】大阪会場 350名(先着順) 東京会場 350名(先着順)
 
   プログラム、お申込み方法はこちらから↓↓↓
  【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/seika/houkoku2008.html

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇ パロマ工業(株)の半密閉式瞬間湯沸器再点検及び ◇◆◆
         周知等の活動状況について(第10報)

 経済産業省は、パロマ工業(株)に対し、6月25日付けで発した危害防止
命令に関し、同社から9月1日に報告を受け、再点検が完了していない約1万
9千件について、2ヶ月間以内に解消すべく、徹底して取組を行う等指示した
ところです。同省は、この指示に対し、9月22日までの実施状況について、
同社から報告を受け、同報告の概要を公表しています。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20080926005/20080926005.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  10/03 http://www.meti.go.jp/press/20081003008/20081003008.html
  9/30 http://www.meti.go.jp/press/20080930007/20080930007.html
  9/26 http://www.meti.go.jp/press/20080926006/20080926006.html
  9/24 http://www.meti.go.jp/press/20080924007/20080924007.html

===================================
             5.事故100選
===================================

   第51回「石油ファンヒーターの吹き出し口から炎が出た事故」

◇平成11年、使用中の石油ファンヒーターの温風吹出口から、突然、炎が吹
 き出す事故が発生しました。炎が吹きだしてすぐ、エラー表示が出て自動停
 止(消火)したとのこと。使用者によると、灯油が無くなっていたので給油
 して使用を続けたが、炎の吹き出しが気になったので、修理に出すためにタ
 ンク内の灯油を使いきろうとしたところ、再度同じ現象が発生したとのこと
 でした。

◇事故の状況を確認するため、事故品の給油タンクを空にし、油受皿に灯油を
 満たす程度に給油して最大燃焼状態で運転させたところ、点火後約5分で、
 長さ約20cmの炎が約1秒間吹きだして、運転が停止する現象が確認できま
 した。停止後、油受皿内の灯油はほとんど残っていませんでした。しかし、
 灯油が少なくなったときに給油を知らせる給油表示機能の表示部に、給油の
 文字は表示されていませんでした。

◇給油表示機能は、電磁ポンプと一体になった油面センサーが、油受皿の灯油
 面の高さを検知し、灯油が少なくなったときに表示やブザーによって知らせ
 るものです。灯油面の高さは、灯油面の位置により油面センサーの発光部か
 らの光を受光部で感知し、発生する電圧の大きさによってマイコンが判断し
 ています。事故品が停止した際の、センサー回路の出力電圧を調べると、電
 圧値は、灯油面が検知面より上にあって、受け皿内に灯油があることを示し
 ていました。このことから、油面センサーに何らかの異常が生じたものと考
 えられ、油面センサーを調べたところ、発光素子表面に酸化被膜の生成が認
 められ、発光部からの発光光量が減少していることが確認されました。

◇以上のことから、油量センサー内の発光素子表面に、酸化皮膜が形成され、
 灯油面を検知できない状態になったため、灯油がなくなる直前になっても燃
 焼運転が停止されず、電磁ポンプが灯油と一緒に空気を吸い込み異常燃焼し
 たものと推定されます。なお、エラー表示が出て燃焼を停止した理由は、異
 常燃焼を燃焼炎監視装置が検知・作動したことによるものです。

◇製造事業者は、新聞広告を掲載して対象機種の無料点検を行い、油面センサ
 ーを反射式から透過式に改善した部品に交換しています。

===================================
              6.編集後記
===================================

 今回ご案内いたしました製品安全業務報告会を来月に控え、担当者は準備に
追われています。お時間がございましたら、ぜひご参加いただきますようお願
いいたします。
 
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図