製品安全

Vol.85 11月19日号「電気カーペットの事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■  ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■  ■               <等幅フォントでご覧ください>
    ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
       ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
    ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                    http://www.jiko.nite.go.jp/

=================2008.11.19 Vol. 85=====================

 今回は、電気カーペットの事故をご紹介しています。NITEからのお知ら
せでは、「電気こんろ(スイッチのつまみが飛び出した構造のもの)による火
災事故防止について」をご案内しております。

======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報 
  ・電気カーペットの事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(10月29日~11月11日受付150件)
2.社告・リコール情報(10件)
3.NITEからのお知らせ
  ・電気こんろ(スイッチのつまみが飛び出した構造のもの)による
   火災事故防止について
4.関係機関の製品安全情報
  ・ミプロ輸入ビジネスセミナー「輸入事業者のための電気用品安全法講座」
                   財団法人対日貿易投資交流促進協会
  ・平成20年度「製品安全対策優良企業経済産業大臣表彰」
   受賞企業の発表について                経済産業省
  ・パロマ工業(株)の半密閉式ガス瞬間湯沸器の再点検及び
   周知活動状況報告について               経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

         ◆◆◇ 電気カーペットの事故 ◇◆◆

◇今回は、ご注意いただきたい電気カーペットの事故事例をご紹介します。

  (事例1)電気カーペットの電源コードがスパークし、床の一部が変色
       しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電源コードの被覆に擦り傷があり、コードの中間位置で損傷して芯
    線の断線部に溶融痕が認められることから、引っ張り等の機械的ス
    トレスが加わり、半断線状態となってスパーク・ショートし、床を
    焦がしたものと推定されます。なお、取扱説明書に「電源コードを
    引っ張ったり、ねじったり、傷つけたりしない。コードが破損し火
    災の原因となる」等の記載がされていました。

  (事例2)木造2階建て倉庫兼住宅から出火し、倉庫部分約6.6平方
       メートルを半焼しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 倉庫内の犬小屋の中に敷いてあった電気カーペットを、犬が爪で引
    っ掻いたことより内部の配線がショートしたため、火災に至ったも
    のと推定されます。

◇事例1のように、コードを引っ張ったり、ねじったりと機械的ストレスがか
 かった状態で使用をするとコードが傷み、ショートして発火するおそれがあ
 ります。また、家具などの下敷きにならないようにもご注意ください。事例
 2のように、ペットが爪で引っ掻いたり、コードを咬んだりして事故に至る
 おそれもあります。日頃からペットのいるご家庭はご注意ください。取扱説
 明書の注意事項をよく読んでご使用ください。

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆
           (10月29日~11月11日受付150件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

      製品名             (事故状況と件数)
     ==================================================
     1.なべ(ホーロー製、ガラス蓋付)(破損等 24件)
     2.ガスこんろ          (火災等 11件)
     3.ガス給湯器          (火災等  6件)
      .照明器具           (溶融等  6件)
      .電子レンジ          (発煙等  6件)

 なべ(ホーロー製、ガラス蓋付)24件は、調理中にガラス蓋が突然破損し
た等の事故で、まとめて報告されたものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホー
ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇株式会社ユニクロ「ジーンズ」(回収(代金の払い戻し))(H20/11/14)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008111401.html

◇株式会社キューヘン「電気温水器(再社告)」(無料点検・修理(部品交換))
 (H20/11/11)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008111101.html

◇株式会社オーム電機「電気スタンド」(無償回収・交換・返品)(H20/11/06)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008110601.html

◇日本ヒューレット・パッカード株式会社「ノートパソコン用バッテリー」
 (無料交換)(H20/11/01)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008110101.html

◇デル株式会社「ノートパソコン用バッテリーパック」2006年8月に開始した
 リチウムイオンバッテリ自主交換プログラムの追加情報。(無償交換)
 (H20/10/31)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008103102.html

◇株式会社 東芝「ノートパソコン用バッテリーパック」
 (無償交換(バッテリーパックのみ) (H20/10/31)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008103101.html

◇コーナン商事株式会社「茶こし付ケトル」
 (無償交換(点検の上、不具合の発生した製品のフタのみ))(H20/10/28)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008102801.html

◇三菱化学メディア株式会社
 「FireWire&USB接続ポータブルHDD」(無償交換)
 (H20/10/24)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008102401.html

◇小糸工業株式会社(製造・販売)/アロン化成株式会社(販売)
 「電動便座昇降機」(無償交換(グリップのみ))(H20/10/22)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008102202.html

◇ダイキン工業株式会社「ルームエアコン(再社告)」(無償点検・修理)
 (H20/10/22)
【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2008102201.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEの製品安全情報
===================================

 ◆◆◇ 電気こんろ(スイッチのつまみが飛び出した構造のもの)◇◆◆
           による火災事故防止について

 11月18日、経済産業省より、身体又は荷物が「電気こんろ」のつまみに
触れてスイッチが入り、こんろの上に置かれていた卓上IHヒーターが焦げた
との、製品起因が疑われる重大製品事故の情報が公表されました。

 NITEに寄せられた「電気こんろ」のつまみによる事故情報件数は、平成
10年度から平成20年度(11月18日時点)までの11年間で167件
(重大製品事故含む)で、身体や荷物がつまみに触れ、スイッチが入ってしま
うものについては、各事業者においてつまみの無償改修を行っていますが、未
だに事故が発生し続けています。

 NITEでは、これまでも同種事故の再発を防止するため、事故情報の公表
や事故情報特記ニュースの発行(平成17年1月13日付け)(*1)、身・守り
ハンドブック(*2)の配布などにより消費者の安全確保に努めてきましたが、こ
の度の事故の発生を受け、改めて注意喚起のために、本日11月19日、プレ
スリリースを行いました。

 ※プレスリリースの詳細は、後日、以下のアドレスのNITEホームページ
  「プレスリリース」にUPする予定でおります。
  http://www.nite.go.jp/jiko/press/index.html

(*1) 事故情報特記ニュース No.63 
   http://www.nite.go.jp/jiko/news/063/news63.html

(*2) 身・守りハンドブック
 http://www.nite.go.jp/jiko/handbook/goshiyou_handbook.html#shohisha

===================================
           3.関係機関の製品安全情報
===================================

     ◆◆◇   ミプロ輸入ビジネスセミナー   ◇◆◆
       「輸入事業者のための電気用品安全法講座」
          ~PSEマークの表示のために~

 財団法人対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)は、ミプロ輸入ビジネスセミナ
ー「輸入事業者のための電気用品安全法講座」を開催します。
 同セミナーでは、電気用品安全法の登録検査機関の担当者を講師に招き、事
業者からの各種製品の対象・非対象や、技術基準の相談等に携わってきた経験
から、電気用品安全法の概要とPSEマークを表示するために輸入事業者が留
意すべきポイントなどについて、わかりやすくご説明いただきます。
 対象・非対象の判断基準、電源コードセットの取扱い、新たに規制対象とな
ったリチウムイオン蓄電池についても講演予定です。輸入事業者の方はもちろ
ん、輸入電気用品を販売する皆様もぜひご参加ください。

 【日 時】 2008年12月2日(火) 14:00~16:00
 【場 所】 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル5F
       サンシャインシティコンファレンスルーム Room4
 【受講費】 無料
 【詳 細】 http://www.mipro.or.jp/Event/touroku/id/192

◆◆◇ 平成20年度「製品安全対策優良企業経済産業大臣表彰」 ◇◆◆
            受賞企業の発表について

 経済産業省は、製品安全に関し、優れた取組を行っている企業を表彰する、
平成20年度「製品安全対策優良企業経済産業大臣表彰」の受賞企業を発表し
ました。本制度は、民間企業の製品安全に対する積極的な取組を促進し、社会
全体として製品安全の価値を定着させることを目的として、平成19年度より
実施しています。様々な製品安全への優れた取組を審査した結果、本年度の経
済産業大臣表彰(金賞)として、製造・輸入事業者部門(大企業)は、中国等
の海外工場で製造する玩具の安全確保に取り組む株式会社バンダイ、小売販売
事業者部門(大企業)は、家電製品のリコールに積極的に協力を図っている上
新電機株式会社が選ばれました。その他の受賞者も含め、11月17日に開催
された製品安全総点検セミナーにおいて表彰式等が行われました。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20081117004/20081117004.html

   ◆◆◇ パロマ工業(株)の半密閉式ガス瞬間湯沸器の ◇◆◆
         再点検及び 周知活動状況報告について

 経済産業省は、9月1日付けでパロマ工業(株)(以下「パロマ」)に対し、
再点検継続中の案件約1万9千台について徹底的に取り組むとともに、周知活
動を継続的に実施するよう指示していたところ、10月31日までの再点検結
果について同社から報告を受け、概要を公表しました。 
 パロマの再点検活動により、8月26日から10月31日までの間に新たに
309台の対象製品(このうち不正改造品は1台。不使用)が発見されたとの報
告がありました(6月からの累計で793台。このうち不正改造品の累計は5
台)。これにより、再点検継続中のものは97台との報告を受けています。こ
れに対し、同省は、再点検継続中の案件について継続的に取り組むとともに周
知活動を引き続き実施するようパロマに指示をしました。また、同省は消費者
に対し、既に使用していないものや取り外したものも含め、引き続き対象機種
を保有しているか否かあらためて確認いただく等、パロマの再点検・回収作業
への協力を呼びかけています。

【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20081107005/20081107005.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  11/18 http://www.meti.go.jp/press/20081118010/20081118010.html
  11/14 http://www.meti.go.jp/press/20081114007/20081114007.html
  11/11 http://www.meti.go.jp/press/20081111004/20081111004.html
  11/ 7 http://www.meti.go.jp/press/20081107006/20081107006.html
  11/ 5 http://www.meti.go.jp/press/20081105004/20081105004.html

===================================
              4.編集後記
===================================

 明日は、東京で製品安全業務報告会の開催を予定しております。たくさんの
方にお申し込みいただき、ありがとうございました。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図