製品安全

Vol.92  3月 4日号「観賞魚の水槽用ヒーターによる事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

=====================2009.3.4 Vol. 92=====================

 原因は現在調査中ですが、今回受付した事故情報の中に水槽用ヒーターが関
連したと思われる事故が1件ありました。今号は、観賞魚の水槽用ヒーターに
よる事故事例をご紹介しています。関係機関の製品安全情報では、乳母車のS
G基準改正、介護用ベッド等のJIS改正をご案内しています。 

======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・観賞魚の水槽用ヒーターによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(2月10日~2月24日受付188件)
2.社告・リコール情報(15件)
3.関係機関の製品安全情報
  ・「乳母車」のSG基準改正について           経済産業省
  ・介護用ベッド等の安全性を高めるため、JISの改正を行います
                              経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
4.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

      ◆◆◇ 観賞魚の水槽用ヒーターによる事故 ◇◆◆

◇今回は、ご注意いただきたい水槽用ヒーターによる事故事例をご紹介します。

  (事例1)鉄筋3階建て集合住宅の一室から出火し、同室約15平方メ
       ートルを焼きました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 水槽用ヒーターを水槽外に取り出しておいたところ、誤ってスイッ
    チ付きテーブルタップのスイッチが入って通電状態になったため、
    近くにあった本等を過熱し、火災に至ったものと推定されます。

  (事例2)冬休み期間中に、木造2階建て学校の教室から出火し、壁と
       床部分計約12平方メートルを焼きました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 使用者の不在により、水槽の水がヒーター熱により徐々に蒸発して
    水面が下降したため、水槽に取り付けられていた観賞魚用ヒーター
    が浮かび上がって過熱し、樹脂製の水槽を溶融させ、発煙・発火に
    至ったものと推定されます。

◇事例1のように、水槽の洗浄等で水槽用ヒーターを水から出していて、誤っ
 て電源が入ったり、電源を切り忘れたりして火災に至るケースがあります。
 事例2のように、何らかの原因で水位が下がるなどして、ヒーターやサーモ
 スタットが水面から出て過熱するケースもあります。ご使用の際はご注意く
 ださい。また、水槽のそばにあるテーブルタップやコンセントに、水槽の水
 がかかったり、埃がたまったりするとトラッキング現象の原因になるおそれ
 があります。水槽はコンセントから離れたところに設置し、そばにテーブル
 タップを置かないようにしてください。

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆
           (2月10日~2月24日受付188件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

      製品名            (事故状況と件数)
     ==================================================
     1.電気ストーブ        (火災等  22件)
     2.ガスこんろ         (火災等  12件)
     3.エアコン          (火災等  11件)
     4.デスクマット        (皮膚炎  11件)
     5.水槽用循環ポンプ      (発煙    8件)
       ノートパソコン       (発煙    8件)

 電気ストーブ22件には、ハロゲンヒーター12件、オイルヒーター4件、
カーボンヒーター、シーズヒーター各1件(種類が判明したもの)が含まれて
います。デスクマット11件は使用によって皮膚炎を発症した事故で、昨年以
前に発生したものも含めて報告があったものです。水槽用循環ポンプ8件は、
ポンプから黒い煤が吹き出して水面から発煙した事故で、2007年以前に発生し
たものをまとめて報告があったものです。ノートパソコン8件は発煙した事故
で、昨年発生したものをまとめて報告があったものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホー
 ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇東芝キヤリア株式会社「ルームエアコン」(中吊り)(2004年8月に新聞紙
 上で行った社告について、今回大阪市内にて地下鉄車内の中吊りにより、再
 度の呼びかけを図ったもの。)(無償点検修理)(H21/03/02)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030201.html

◇エレクトロラックス・ジャパン株式会社「遠赤外線ヒーター」(新聞)
 (無償交換)(H21/02/24)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009022401.html

◇サンスター株式会社「歯ブラシ」(新聞)(回収及び商品代金の返金)
 (H21/02/19)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021901.html

◇日本ヒューレット・パッカード株式会社「USBメモリ」(HP)
 (回収及び無償交換(HP社商標付きUSBメモリ4GB))(H21/02/13)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021301.html

◇サーモス株式会社「ステンレスエアーポット」(HP)(無償交換)
 (H21/02/12)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021202.html

◇株式会社良品計画「冷水筒/アクリル冷水筒」(新聞)(2008年9月30日に、
 ホームページ上でおこなった「注意喚起」の呼びかけを再度図ったもの。)
 (注意喚起)(H21/02/12)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021201.html

◇ミーレ・ジャパン株式会社「衣類乾燥機」(新聞)(無料点検・修理)
 (H21/02/10)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021001.html

◇株式会社アートワークスタジオ「天井用照明器具」(HP)
 (電球の無償交換・回収(付属電球 E17『100V40W』ミニ電球))(H21/02/09)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009020901.html

◇株式会社長府製作所「ガスふろがま」(HP)
 (無料点検・改修(対策用ガス電磁弁))(H21/02/05)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009020501.html

◇ダイキン工業株式会社「ルームエアコン」(新聞)(無償点検・修理)
 (H21/02/04)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009020401.html

◇株式会社日本ビネガーボトラーズ「ハロゲンヒーター」(HP)(回収)
 (H21/02/03)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009020302.html

◇日立アプライアンス株式会社「電子レンジ」(HP)(昭和61年12月に
 プレス公表を行った内容について、ホームページ上で、再度点検の呼びかけ
 を図ったもの。)(無料点検及び修理)(H21/02/03)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009020301.html

◇株式会社サンエー・インターナショナル「婦人用ブーツ」(HP)
 (無償点検・回収)(H21/01/30)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009013001.html

◇株式会社サンエー・インターナショナル「婦人用ブーツ」(HP)
(無償点検・回収)(H21/01/29)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009012903.html

◇株式会社オージョイフル「自転車用空気入れ」(HP)
 (回収及び代金払い戻し)(H21/01/29)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009012902.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.関係機関の製品安全情報
===================================

      ◆◆◇ 「乳母車」のSG基準改正について ◇◆◆

 「乳母車」の折り畳み機構部に幼児が指を挟み込む等の事故が相次いだため、
経済産業省が、財団法人製品安全協会に対し、SG(Safety Goods)基準見直
しを要請していたところ、同協会と全国ベビー&シルバー用品連合会が、改正
基準が制定された旨を共同で公表しました。

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20090302001/20090302001.html

     ◆◆◇ 介護用ベッド等の安全性を高めるため、 ◇◆◆
           JISの改正を行います

 ~ ベッド用手すりの規定を新たに追加し、事故防止に向けて窓口も設置~

 介護用ベッドや病院用ベッドに関して、サイドレールや手すりとの隙間に体
の一部(特に頭や首)を挟み込むといった事故が多発しています。
 経済産業省では、こうした事故を防止するため、JIS T 9254(在宅用電動
介護用ベッド)及びJIS T 9205(病院用ベッド)に新たにベッド用手すり(グ
リップ)の規定を追加し、隙間寸法を見直すなど、安全性を高めるための改正
を行います。

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20090225005/20090225005.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

   2/27 http://www.meti.go.jp/press/20090227012/20090227012.html
   2/24 http://www.meti.go.jp/press/20090224005/20090224005.html
   2/20 http://www.meti.go.jp/press/20090220002/20090220002.html
   2/17 http://www.meti.go.jp/press/20090217007/20090217007.html

===================================
              4.編集後記
===================================

 先日、海外からNITEの施設見学に来られました。特に電気製品の原因究
明に関心を持たれていました。このような交流から輸入製品の安全に繋がって
いければ、と思います。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図