製品安全

Vol.93  3月18日号「気づかないうちにスイッチが入った電気こんろの事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■        生活・福祉技術センター 製品安全企画課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

====================2009.3.18 Vol. 93====================

 春から新生活をスタートさせる方も多いかと思います。今回は、ワンルーム
マンションなどに設置されている電気こんろの事故事例についてご紹介してい
ます。NITEからのお知らせでは、平成19年度市場モニタリングテスト結
果をご案内しています。事故100選は、ガスランタンからガスが漏れた事故
です。

======================================================================
                 目次 
======================================================================
0.お知らせ
1.製品事故収集情報
  ・気づかないうちにスイッチが入った電気こんろの事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(2月25日~3月10日受付151件)
2.社告・リコール情報(11件)
3.NITEからのお知らせ
  ・平成19年度市場モニタリングテスト結果 
4.関係機関の製品安全情報
  ・「長期使用製品安全点検制度・表示制度」が平成21年4月1日から
    スタートします!                  経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    経済産業省
5.事故100選
   第58回「ガスランタンからガスが漏れた事故」
6.編集後記
===================================
               0.お知らせ
===================================

 次号は、4月8日(水)に配信予定です。

===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

  ◆◆◇ 気づかないうちにスイッチが入った電気こんろの事故 ◇◆◆

◇ワンルームマンションなどの小型キッチンに据え付けられている電気こんろ
 に関連した火災事故が多発し、NITEでは、プレスリリースや特記ニュー
 スを公表して注意喚起を行っています。事故事例をご紹介いたします。

  (事例1)家人が帰宅後しばらくすると、電気こんろ、お盆、水切り籠
       が焼損し、周囲の壁も焦げました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 家人が帰宅の際、身体又は荷物が当該製品のつまみに触れてスイッ
    チが入り、こんろの付近にあった可燃物が焼損したものと推定され
    ます。

  (事例2)電気こんろの上に置かれていた卓上カセットこんろのカセッ
       トボンベが破裂しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 家人の身体又は荷物が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、
    こんろの上に置かれていたカセットボンベが過熱し、破裂したもの
    と推定されます。

  (事例3)電気こんろが焼損して、キッチン周辺の壁と天井が煤で汚損
       しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 家人が外出時に電気こんろのつまみに触れてスイッチが入り、通電
    状態になったのを気づかなかったため、電気こんろの上に置いてい
    た食料やごみが過熱され、火災に至ったものと推定されます。

◇これらの事故が起きている電気こんろは、スイッチのつまみが飛び出してい
 るタイプのものです。事故の多くは、普段使用していない電気こんろの上に、
 新聞紙やカセットこんろなどを置いていて、気づかないうちに身体やバッグ
 等がスイッチのつまみに触れて電源が入ってしまい火災に至ったと推定され
 ます。

◇事故の対策として、平成2年に電気用品安全法の技術基準が改正され、電気
 こんろのスイッチは容易に入らない構造とするように改められています。基
 準改正以前の製品については、電気こんろやキッチンユニットの製造事業者
 が「小形キッチンユニット用電気こんろ協議会」を設立し、新聞やチラシ等
 で注意喚起し、つまみの無償改修を行っています。対象製品、連絡先など詳
 細については、以下の同協議会のアドレスをご覧ください。

 プレスリリース「電気こんろ(スイッチのつまみが飛び出した構造のもの)
         による火災事故防止について」
  http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs081119.html
 
 小形キッチンユニット用電気こんろ協議会
  http://www.denki-konro.jp/

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆
           (2月25日~3月10日受付151件)

 NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

      製品名            (事故状況と件数)
     ==================================================
     1.電気ストーブ        (火災等  18件)
     2.石油ストーブ        (火災等   7件)
     3.ガスこんろ         (火災等   6件)
     4.自転車           (破損等   5件)
     5.石油温風暖房機       (火災等   5件)
       電気洗濯機         (発煙等   5件)

 電気ストーブ18件には、ハロゲンヒーター11件、カーボンヒーター3件
(受付時に判明しているもの)が含まれています。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホー
 ムページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇ドリームメーカー株式会社 「液晶デジタル写真たて」(HP)
 (無償交換(本体含))(H21/03/17)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009031701.html

◇ヤマトインターナショナル株式会社 「防寒用ジャケット」(新聞)
 (回収及び代金払い戻し)(H21/03/15)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009031501.html

◇株式会社サンリオ(販売)/廣華物産株式会社(製造)
 「充電池(ポータプルDVDプレーヤーに付属)」(HP)
 (無償交換(付属充電池))(H21/03/13)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009031302.html

◇株式会社岡村製作所「事務用回転椅子」(新聞)(無料点検・修理)
 (H21/03/13)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009031301.html

◇株式会社ノーリツ(製造)(販売)/株式会社日立ハウステック(販売)
 「ガスふろ給湯器」(新聞)(無償点検・改修)(H21/03/06)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030601.html

◇株式会社ユナイテッドバンブー「トレンチコート」(HP)
 (回収後検査し、返送)(H21/03/03)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030303.html

◇株式会社ケープ「エアマット」(HP)
 (点検及び部品無償交換(ベースマット3枚))(H21/03/03)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030302.html

◇株式会社ドウシシャ「電気ケトル」(HP)(不具合品の無償交換)
 (H21/03/03)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030301.html

◇東芝キヤリア株式会社「ルームエアコン」(中吊り)(2004年8月に新聞紙
 上で行った社告について、今回大阪市内にて地下鉄車内の中吊りにより、
 再度の呼びかけを図ったもの。)(無償点検修理)(H21/03/02)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009030201.html

◇エレクトロラックス・ジャパン株式会社「遠赤外線ヒーター」(新聞)
 (無償交換)(H21/02/24)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009022401.html

◇サンスター株式会社「歯ブラシ」(新聞)(回収及び商品代金の返金)
 (H21/02/19)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009021901.html

■━━━NITE社告・リコール情報のページ━━━━━━━━━━━━━■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

    ◆◆◇ 平成19年度市場モニタリングテスト結果 ◇◆◆

 平成19年度市場モニタリングテスト結果として「ステンレス鋼のなべ」
「はっ水性表示のあるコート」「カシミヤ製の繊維製品」「カシミヤ製品」
「エアゾール製品(スプレー製品)」及び「消費生活センターが実施した試買
テスト」を追加いたしました。

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/monitor/index.html

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

    ◆◆◇ 「長期使用製品安全点検制度・表示制度」が ◇◆◆
         平成21年4月1日からスタートします!

 経済産業省は、「長期使用製品安全点検・表示制度」を、本年4月1日から
施行します。これは、長期間の使用に伴い生ずる経年劣化による特に重大な危
害を及ぼす製品事故を防止するために、平成19年11月に消費生活用製品安
全法が改正され、創設された制度です。
 この制度は、所有者のもとで長期間使用される製品の点検等の保守を所有者
が行うために製造・輸入事業者、取引事業者、関連事業者がサポートし、事故
を未然に防ぐための制度です。施行を目前に控え、改めてお知らせいたします。

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20090306005/20090306005.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

 経済産業省は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

   3/17 http://www.meti.go.jp/press/20090317005/20090317005.html
   3/13 http://www.meti.go.jp/press/20090313004/20090313004.html
   3/10 http://www.meti.go.jp/press/20090310009/20090310009.html
   3/ 6 http://www.meti.go.jp/press/20090306004/20090306004.html
   3/ 3 http://www.meti.go.jp/press/20090303005/20090303005.html

===================================
             5.事故100選
===================================

       第58回 ガスランタンからガスが漏れた事故

◇平成19年、使用中のガスランタンからガスが漏れて異常燃焼したという事
 故が複数件発生し、NITEに報告がありました。事故が起きたガスランタ
 ンはLPガスカートリッジを使用するタイプのもので、ガス漏れは製品本体
 の下部付近に発生していました。

◇輸入事業者が調査したところによると、製品本体とガスカートリッジの接続
 部分であるアダプターのネジ山加工において、海外の製造事業者と下請け工
 場が使用していたネジ山ゲージが、輸入事業者が指定していたものと異なっ
 ていたことが判明しました。このため、アダプターが正しいネジ山ピッチで
 加工されず、ガスカートリッジが本体接続部分に十分にねじ込むことができ
 なかったものと考えられました。
 
◇このことから、ガスカートリッジと製品本体との接続部分のアダプターにお
 いて、指定通りの正しいネジ山ピッチで加工がされていないものが混入した
 ため、カートリッジを十分にねじ込むことができず、接続部でガスが漏れ、
 ランタンの下部で異常燃焼が生じたものと推定されました。

◇輸入事業者は、当該製品の輸入・販売を中止し、新聞社告を掲載して回収を
 行うこととしました。今後の製品については、部品の製造、品質管理工程を
 見直し、品質管理の強化を図ることとしています。その後、当該輸入事業者
 より、火傷を伴ったものも含む複数件の事故報告がされています。

===================================
              6.編集後記
===================================

 3月もあと少しになり、送別会の季節です。退職や異動で、お世話になった
方々が去られるのはつらいものですね。来年度も引き続きPSマガジンをよろ
しくお願いいたします。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇製品の事故情報をお寄せください
  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
 その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
 
 【事故情報収集制度概要】 http://www.nite.go.jp/jiko/index2.html
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
        【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                生活・福祉技術センター 製品安全企画課

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図