製品安全

Vol.108 10月28日号「電気ストーブによる事故」

 ■■■◆
 ■   ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■  ■■■       お届けします。    (隔週水曜日発行)
 ■  ■               <等幅フォントでご覧ください>
     ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
       ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
    ■■■           製品安全センター 製品安全調査課
                    http://www.jiko.nite.go.jp/

====================2009.10.28 Vol.108==================
 運動会の話題が終わりを告げると、すっかり秋も深まって参りました。もう
そろそろ、暖房器具を出される方も多くなると思います。今号は電気ストーブ
に関連する事故事例をご紹介しています。NITEからのお知らせでは、
「平成21年度製品安全センター製品安全業務報告会」のご案内、「注意喚起
ちらしの追加」を掲載しております。
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・電気ストーブによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(10月7日~10月20日受付158件)
2.社告・リコール情報(16件)
3.NITEからのお知らせ
  ・「平成21年度製品安全センター製品安全業務報告会」のご案内
  ・注意喚起ちらしの追加
4.関係機関の製品安全情報
   ・第33回製品安全点検日セミナー(@富山)       経済産業省
   ・株式会社日本育児が輸入したベッド用落下防止柵の注意喚起について
                              経済産業省
   ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    消費者庁
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

     ◆◆◇   電気ストーブによる事故   ◇◆◆

◇今回は、ご注意いただきたい電気ストーブによる事故事例をご紹介します。

  (事例1)木造平屋住宅から出火して、約140平方メートルと隣接す
      る木造2階建て倉庫約130平方メートルを全焼しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電気ストーブの上に直接洗濯物を被せて乾かしていたため、洗濯物
   が電気ストーブのヒーター部に接触し着火して、火災に至ったものと
   推定されます。

  (事例2)木造2階建て住宅から出火して、約120平方メートルを全
      焼し、家人が両手に軽いけがを負いました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電気ストーブを使用したまま就寝中に、掛けふとんがストーブに接
    触し焦げているのに気づき、コップの水をかけて消火したものと思
    いこみそのまま放置したため、焦げていたふとんが再燃し火災に至
    ったものと推定されます。

◇事例1のように、ストーブに直接洗濯物を被せて乾かしたり、ストーブの上
 に洗濯物を乾かすと、洗濯物がストーブに落ちるなどして着火することがあり
 ますので、ストーブの上で洗濯物を乾かさないでください。事例2のように、
 電気ストーブを使用したまま就寝すると、掛け布団などの寝具がストーブに接
 触して着火することがありますので、就寝する際は電気ストーブのスイッチを
 お切りください。

  ---------------------------------------------------------------- 

      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
           (10月7日~10月20日受付158件)
 
  NITEに通知のあった事故の傾向を見るために、上記期間内で、収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

       製品名            (事故状況と件数)
      ================================================
      1. 電気掃除機         (火傷等27件)
      2. ピアノ(自動演奏装置付き) (発煙等14件)
      3. 片手なべ          (破損等13件)
      4. カラーテレビ(液晶)    (発煙等10件)
      5.エアコン(室外機も含む)  (火災等 6件)
        ヘアドライヤー       (発火等 6件)
 
 電気掃除機27件中25件はサイクロン式掃除機で差込みプラグ付近から火花が
 発生した事故であり、ピアノ(自動演奏装置付き)14件は、自動演奏中のピ
 アノから発煙した等の事故で、それぞれ昨年以前に発生したものを、事業者
 からまとめて報告があったものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホーム
 ページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇株式会社 東芝「DVDプレーヤー内蔵地上デジタル液晶テレビ」(新聞)
(無償交換(バッテリーパック) )(2009/10/20) 発煙、発火に至る可能性が
 あると判断。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009102001.html

◇三洋電機株式会社 「ハロゲンヒーターストーブ」(HP)(無料点検(修
 理))(2009/10/19)電気部品の半田付け不良により、本体の一部が焦げる不具
 合が1件発生。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101901.html

◇株式会社 ジュン 「フラットシューズ」(HP)(回収(検品のうえ、修
 理、返金等))(2009/10/16) アダムエ ロペ、パンソー、及びラブクレール
 の店舗で販売された該当商品の一部において、内部(底)のクッション部分
 より突起物が現れる可能性が あることが判明。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101603.html

◇大自工業株式会社 「温冷蔵庫」(新聞)(使用中止(注意喚起)及び無償
 交換)(2009/10/16) 基板の不具合により発火するおそれがあることが判明。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101601.html

◇象印マホービン株式会社 「IH炊飯ジャー」(HP)(注意喚起)
 (2009/10/15)炊飯中または保温中にふたが開くという現象が報告された。外
 ぶたの片側だけを押し込んだ場合、外ぶたが完全にしまりきらず、炊飯中や
 保温中に外ぶたが開く恐れがある。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101501.html

◇ヤマハ発動機株式会社 「カートリッジ内蔵型浄水器」(HP)(無償交換
 (対策済みの吐水パイプセットと交換))(2009/10/13)吐水パイプを回転さ
 せる際に、吐水キャップの内面と吐水パイプの先端が接触し擦れる場合があ
 り、吐水パイプ先端のメッキの一部が剥がれ、メッキ片が吐水中に混入する
 おそれがあることが判明。(※メッキ片は万一、飲まれても健康に影響はな
 い。)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101302.html

◇トステム株式会社 「室内手すりブラケット」(HP)(無償点検・交換)
 (2009/10/13)製品の一部に鋳造時の不良品が混入していることが判明。
 (使用状況により折れる等の不具合につながることがある。)
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009101301.html

◇株式会社GOVリテイリング 「婦人用ブーツ」(新聞)(回収(返金))
 (2009/10/9)。
 生産工程において靴底を仮止めする金具が除去されておらず、靴底の内側部
 分に針金状の突起物が出ていることが判明。現在、購入者から不具合の申し
 出はないが、着用時に皮膚を傷つける可能性がある。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009100901.html

◇株式会社デンソー(旧 日本電装株式会社)/GAC株式会社(旧ゼネラルエア
 コン株式会社)「遠赤外線ヒーター」(折り込みちらし)(回収(1台につき2万
 円で引き取り))(2009/10/6)当製品の一部において、発煙・発火するおそれ
 があることが判明。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009100601.html

◇クラリオン株式会社「電気カーペット」(HP)(注意喚起(すみやかな使用
 の中止))(2009/10/2) 販売終了から既に20年以上経過した電気カーペット
 の電気回路の一部が加熱し、焦げる事故が発生。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009100201.html

◇株式会社ニトリ 「ワークチェア」(HP)(無償回収(返金))(2009/10/1) 
 ワークチェアの一部生産分が、ごく稀にキャスターの仕様が指定したものと
 異なったために、座って使用中、足部、特にかかとの部分がキャスター位置
 に触れ、かかとを怪我する恐れが判明。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009100101.html

◇アイリスオーヤマ株式会社 「ラミネーター」(新聞)(無償回収・交換(部
 品または代替商品))(2009/9/29) 
 内部ヒーターの接触不具合により、発火に至る事故が一件発生した。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009092901.html

◇クツワ株式会社 「防犯アラーム」(HP)(無償回収(返金))(2009/9/28) 
 ボタン電池を交換するために製品本体からボタン電池を取り出した際に電池
 が破裂する事故が12件発生。破裂事故の内訳は、軽傷で治療をされたものが
 1件、通院加療されない怪我のものが2件、破裂事象のみが9件。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009092801.html

◇株式会社 アカサカ商会 「ネイルアート用品」(HP)(無償回収(返金))
 (2009/9/25)容器の破損によりグルーが衣服にこぼれ発熱して、やけどをおう
 という事故が発生。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009092501.html

◇株式会社サンリオ  「バスケットボールゲーム(玩具)」(HP)(自主回
 収)(2009/9/17) 付属のボールが小さいため、小さなお子様が誤って飲み
 込んでしまう恐れがあると判断。化学的特性(重金属などの溶出)について
 は食品衛生法に適合しているが、安全性の観点から販売を中止。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009091701.html

◇株式会社サンエー・インターナショナル 「婦人用サンダル」(HP)(無償
 回収(返金))(2009/8/6) 
 一部の商品にストラップが外れる可能性のある商品があることが判明。
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2009080601.html

 ---------------------------------------------------------------- 

  ■NITE社告・リコール情報のページ■
 
  【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
  【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================
◆◇平成21年度製品安全センター製品安全業務報告会の開催について◇◆

 時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素から独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE:ナイト)製品安全セン
ターの業務に多大なるご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。
 さてこの度、製品安全の向上についてのパネルディスカッションや、
向殿政男氏(明治大学理工学部教授)による特別講演を行うとともに、当セン
ターが取り組んでいる製品安全関係の業務についてご理解を頂く機会として、
下記のとおり製品安全業務報告会を開催する運びとなりました。
 つきましては、何かとご多用とは存じますが、ぜひともご参加頂きますよう
ご案内申しあげます。 

 ○日時・場所・定員(先着順)
   【大阪会場】2009年11月12日(木)10:00~16:00
       大阪市中央公会堂(住所:大阪市北区中之島1-1-27)
       定員: 250名(先着順)

   【東京会場】2009年11月24日(火)10:00~16:00 
       文京シビックホール(住所:東京都文京区春日1-16-21) 
       定員: 350名(東京会場は、席もわずかです)

 ○参加費    無料 

 ○プログラム
  下記のホームページをご覧ください。
    http://www.nite.go.jp/jiko/seika/houkoku2009.html

  ○参加申込について

 ・東京会場につきましては、多くのご応募のため、お席が残りわずかとなり
  ました。なお、大阪会場は若干席が余裕がありますが、両会場とも定員に
  なり次第、締め切りとさせていただきますので、あらかじめご了承くださ
  い。

 ・同一事業者より多数お申し込みの場合は、多くの事業者に参加していただ
  くため、参加人数を制限させていただく場合がありますのであらかじめご
  了承ください。 

   大阪会場:2009年10月30日(金)/東京会場:2009年11月13日(金)迄に
   下記のメールアドレスあてに参加者氏名、勤務先・所属、ご住所、
   TEL、FAX、Mailをご明記の上、お申し込み下さい。 

  メールアドレス(会場ごとにメールアドレスが違いますので、お間違いな
          いようにお願いいたします。)

     【大阪会場】: anzen-hokoku-o@nite.go.jp 
     【東京会場】: anzen-hokoku-t@nite.go.jp
   
 ○問い合わせ先
   製品安全センター製品安全調査課 事務局 
  電話: 06-6942-1113 FAX: 06-6946-7280


   ◆◆◇  注意喚起ちらしの追加について  ◇◆◆

 NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームページ
掲載しております。無償でダウンロードできますので、地域や社内回覧にご利
用ください。白黒印刷にも対応しております。
 
  注意喚起ちらし追加 2009.10.28 こんな事故にもご用心(4)
  http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/08_goyoujin4.pdf
  内容:自転車製品事故防止

  注意喚起ちらしのホームページ
  http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html


===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇   第33回製品安全点検日セミナー(@富山)   ◇◆◆

 経済産業省は第33回製品安全点検日セミナーを11月10日(火)、ボルファー
トとやまにて開催します。最近の事故例やトピックスの紹介のほか、実際に起
きた事故例を再現実験映像を用いて紹介します。
 また、財団法人日本消費者協会の長見参与から「安心安全な生活のために消
費者が取り組むべきこと」、YKK AP(株)商品品質センターの河端リーダーより
「日本サッシ協会の製品安全への取り組み」をテーマにお話をいただく予定で
す。 セミナ-第2部では事業者の皆さま向けに長期使用製品安全点検(表示)制
度、リチウムイオン蓄電池、ガスコンロ、石油ふろがま等石油燃焼器具の安全
基準について、事業者向け説明会を開催します。この機会に富山をはじめ、近
隣にお住まいの皆さまのご参加をお待ちしています。

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20091027005/20091027005.html

  ◆◆◇ 株式会社日本育児が輸入したベッド用落下防止柵の ◇◆◆
      注意喚起について 経済産業省 (2009/10/16)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/20091016005/20091016005.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあっ
 た重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

 10/27 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou091027_1.pdf
 10/23 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/091023kouhyou_3.pdf
 10/20 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/091020kouhyou_1.pdf
 10/16 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/091016kouhyou_2.pdf

===================================
              5.編集後記
===================================
 今年も平成21年度製品安全センター製品安全業務報告会を開催いたします。
特別講演をはじめ、パネルディスカッションなど、様々な立場の方々の考え方
を盛り込み、さらにNITEが行った製品事故解析事例の紹介をいたします。
ご参加をよろしくお願い申し上げます。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇事業者、消費生活センター、地方自治体等からの製品事故情報を
  ご提供ください。

  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
  その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
  通知様式等は以下のホームページをご覧ください。
  
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280
 【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジンは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

 配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
  http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構
                  製品安全センター 製品安全調査課

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図