製品安全

Vol.123  6月 8日号「使用者自らの修理不良による事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。  (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■           製品安全センター 製品安全調査課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

====================2010.6. 8 Vol.123 ==================
 6月より第2・4火曜日の発行となりましたPSマガジンでございます。今後とも
よろしくお願いいたします。今号は使用者自らの修理不良による事故について
ご紹介いたします。NITEからのお知らせでは、「注意喚起ちらしの追加に
ついて」を掲載しております。
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・使用者自らの修理不良による事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(5月19日~6月1日受付109件)
2.社告・リコール情報(5件)
3.NITEからのお知らせ
  ・注意喚起ちらしの追加について
4.関係機関の製品安全情報
  ・平成22年度「製品安全対策優良企業表彰」の説明会・講演会開催について
  ・リコールハンドブック2010及びリスクアセスメントのハンドブックの
   掲載について(お知らせ)               経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    消費者庁
  ・R-Map関連研修のご案内             日本科学技術連盟
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================
     ◆◆◇  使用者自らの修理不良による事故  ◇◆◆

◇今回は、ご注意いただきたい使用者自らの修理不良による事故事例を
 ご紹介します。

  (事例1)24時間風呂が焼損し、浴室内に煤が付着しました。
  ----------------------------------------------------------------
  →  使用者が自ら電源コードを修理した際に、電源コードの途中でね
    じり接続したため、接触不良により異常発熱し、短絡し発火したも
    のと推定されます。なお、取扱説明書には『電源コードを切断しな
    い』旨記載されていました。
     
  (事例2)食器洗い乾燥機から発煙する火災が発生しました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 使用者が自ら食器洗い乾燥機の修理を行い、修理部であるリード線
   接続部に溶融痕が確認されたことから、使用者の修理不良による事故
   であると推定されます。

  (事例3)石油ふろがま用バーナーを取り付けた釜の焚き口から出火し
      ました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 使用者が自らふろがまの修理をしようとして、石油ふろがま用バー
   ナーを購入し、他社製の釜に取り付ける際に、空焚き防止装置切断、
   短絡させる改造施工を行ったことから、石油ふろがま用バーナーが誤
   作動を起こし、空焚き状態になり出火したものと推定されます。


 ◇事例1、2、3のように、使用者が自ら故障製品を修理することは、やめ
    るようにしましょう。故障に気付いたら直ちに販売店やメーカー等にご相
  談ください。また、故障しているのに気がついていながら使用を続けたた
  め事故が発生した事例も多く報告されています。

  ---------------------------------------------------------------- 

     ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
           (5月19日~6月1日受付109件)
 
  NITEに通知のあった事故の傾向をみるために、上記期間内で収集件数の
 多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

       製品名            (事故状況と件数)
      ================================================ 
      1. 自転車             (負傷等9件)
      2.手すり用固定金具        (破損等6件)
      3.電気冷蔵庫           (火災等4件)
      4.スチームクリーナー(モップ型) (火傷等3件)
        乳母車(折り畳み式)      (軽傷等3件)
        空気清浄機           (火災等3件)
        電気ストーブ          (火災等3件)

     
  手すり用固定金具は、縦型の手すりを使用したところ、金具が破損した事
 故で、スチームクリーナーは、電源コードの接続部付近を触ったところ、火
 花が出て手に軽い火傷を負ったなどの事故で、いずれも今年度以前に発生し
 たものをまとめて輸入事業者から報告されたものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホーム
 ページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================
◇株式会社リッチェル「ベビーバギー(ベビーカー)」(HP)(無償交換(対象ロ
 ット製品限定))(2010/5/21)当製品において、一部製造ロット品で走行中に
 折りたたみ防止ロック(「フレームロック」)が解除され、バギーが折りた
 たまれ怪我を負うおそれのあることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2010060101.html

◇株式会社ワールドリビングスタイル「椅子」(HP)(回収・返金(机と椅子))
 (2010/5/29)当製品において、材料である木材の強度不足により椅子の脚が
 折れるという事例が発生。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2010052901.html

◇サイクルヨーロッパジャパン株式会社「自転車」(HP)(注意喚起(自己点検及
 び購入店での点検のお願い))(2010/5/14) PEUGEOTブランドの自転車にも、
 BIANCHIブランドの自転車に搭載されたサスペンションフォークと同様の構造
 を有するRST製サスペンションフォークが付いたモデルがあることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2010051402.html

◇エル・エル・ビーン・インターナショナル 「水筒」(HP)(自主回収および
 無償交換(キャップのみ))(2010/5/10)ボトルを落とした際に、飲み口キャッ
 プの先端が壊れたり、欠けたりして、小さな破片を誤飲する可能性があるた
 め。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2010051002.html

◇株式会社FREE’S INTERNATIONAL「カットソー」(HP)(回収及び無償検品)
 (2010/5/7)当製品に折れ針が混入している可能性のあることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2010050701.html


       ■NITE社告・リコール情報のページ■

 【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
 【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

  ◆◆◇   注意喚起ちらしの追加について    ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームページ
 に掲載しております。無償でダウンロードできますので、地域や社内回覧
 にご利用ください。白黒印刷にも対応しております。
   
  注意喚起ちらし追加
   2010.6.8 リコールなど注意を呼びかけています(No.10)              
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/21_recall10.pdf
      内容:生ごみ処理機、プラズマテレビ等

    注意喚起ちらしのホームページ
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇  平成22年度「製品安全対策優良企業表彰」 ◇◆◆
       説明会・受賞企業講演会の開催のお知らせ
                                      経済産業省
 

  5月13日(木)より応募企業の募集を開始した製品安全対策優良企業表
 彰の説明会・受賞企業講演会を開催します。表彰制度の説明のほか、
 平成21年度受賞企業が製品安全の取組みに関して講演行う予定です。
  製品安全対策に関心をお持ちの企業の皆様は、是非ご参加ください。

  [東京会場]
   日時 : 6月16日(水) 13:30-15:00 (13:00- 受付開始)
   場所 : 経済産業省別館8階825会議室

  [大阪会場]
   日時 : 6月21日(月) 13:30-15:00 (13:00- 受付開始)
   場所 : 大阪合同庁舎1号館2階近畿経済産業局第一会議室

   説明会参加の際には事前に申し込みが必要です。
  専用ページよりお申し込みください。
   【申込ページ】 http://www.ps-award.jp/2-entry/p5.html

   表彰制度の詳細、応募方法等の詳細につきましては、
   以下のホームページをご覧ください。

    製品安全対策優良企業表彰ホームページ
      http://www.ps-award.jp/index.html


  ◆◆◇ リコールハンドブック2010及び ◇◆◆
      リスクアセスメントのハンドブックの
      掲載について(お知らせ)
                      経済産業省(2010/5/21)

【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/producer/index.html

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあっ
 た重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  6/ 8 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/100608kouhyou_1.pdf
  6/ 4 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/100604kouhyou_1.pdf
    6/ 1 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/100601kouhyou_1.pdf
    5/28 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/100528kouhyou_1.pdf


    ◆◆◇   R-Map関連研修のご案内    ◇◆◆
                         日本科学技術連盟

  日本科学技術連盟では、製品、システムレベルにおける安全設計仕様の
 作成、事前・事後の安全性評価に有効であるR-Map手法に関する研修を行
 っております。ぜひ、ご参加ください。
        
 【1】R-Mapを活用した製品安全実践2日間コース (略称:R-Map 2日)
     - R-Mapを実践的に使いこなすために -  

  ◆開催日:9月16日(木)~17日(金) 
  ◆時 間:1日目9:20~18:00/ 2日目 9:30~17:00
  ◆会  場:東京・日科技連 東高円寺ビル
  ◆対 象:製造物責任・製品安全に関わる設計・開発技術・製造・
       品質管理・品質保証部門などの技術者・スタッフ・責任者の方々
  ◆参加費:有料
 
【詳細】 http://www.juse.or.jp/seminar/15076/?mail100421

 【2】はじめてのR-Map半日コース(略称:R-Map半日)
    - 製品販売後のリスク評価を中心に -

  ◆開催日:10月21日(木) 13:00~17:00
  ◆会  場:東京・日科技連 東高円寺ビル
  ◆対 象:管理者・技術者・スタッフの方々
  ◆参加費:有料

【詳細】 http://www.juse.or.jp/seminar/15074/?mail100421

 【3】R-Mapを活用したリスクアセスメント1日コース(略称:R-Map1日)
    - 開発段階からのリスクアセスメントを中心に -  

  ◆開催日:10月22日(金) 9:20~17:00
  ◆会  場:東京・日科技連 東高円寺ビル
  ◆対 象:管理者・技術者・スタッフの方々で、「R-Map半日コ-ス」を
       受講された方、または同等の知識を習得されている方
  ◆参加費:有料
 
【詳細】 http://www.juse.or.jp/seminar/15075/?mail100421

===================================
              5.編集後記
===================================
 本日は「製品安全点検日」でございます。経済産業省では、毎月第2火曜日を
「製品安全点検日」とし、製品の安全な使用方法やリコール製品等について情
報提供・注意喚起を行っております。PSマガジンも、これに連動して第2火曜と、
第4火曜に発行いたします。引き続きPSマガジンをご愛読くださいますようお願
い申し上げます。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇事業者、消費生活センター、地方自治体等からの製品事故情報を
  ご提供ください。

  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、
  その結果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
  通知様式等は以下のホームページをご覧ください。
  
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280 
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジンは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

 配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
  http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図