製品安全

Vol.143  4月12日号「地震に伴う製品事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。  (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■           製品安全センター 製品安全調査課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

==================2011. 4.12 Vol.143 ==================
 今回は、地震に伴う製品事故事例をご紹介しています。NITEからのお知
らせでは、ちらし「リコールなど注意を呼びかけています」の追加、「身・守
りハンドブック2011」の公開についてを掲載しております。
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・地震に伴う製品事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(3月16日~4月5日受付182件)
2.社告・リコール情報(5件)
3.NITEからのお知らせ
  ・「注意喚起ちらし」の追加について
  ・身・守りハンドブック2011を公開しました 
  ・事故情報収集制度における事故情報の調査結果について(平成22年度第
   4四半期調査終了分)(1/2)
4.関係機関の製品安全情報
  ・iPod nano(第一世代)の製品事故に係るアップルジャパン株式会社から
   の定期報告について
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、製品起因
   による事故ではないと判断した案件について
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、製品に起
   因して生じた事故かどうか不明であると判断した案件について
                              経済産業省
  ・マクラーレン社製ベビーカーの挟み込み事故の防止について
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について
                               消費者庁
   ・誤使用による製品事故予防のリスクコミュニケーション開催のご案内
                 NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会
    ・R-Mapセミナー参加者募集      財団法人日本科学技術連盟
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

    ◆◆◇     地震に伴う製品事故    ◇◆◆

 ◇今回は、ご注意いただきたい地震に伴う製品事故事例をご紹介します。

  (事例1)木造住宅から出火し、住宅と物置が全焼し、隣接する林野を焼
    きました。
  ----------------------------------------------------------------
  →  ふろがま本体のバーナー部分が、当日朝の大地震の影響で外れて
    いたことに気づかずに、夕方、ふろを沸かそうとスイッチを入れ点
    火したため、ふろがま本体との隙間からバーナーの火種がもれ周辺
    の可燃物に着火し火災に至ったものと推定されます。

  (事例2)鉄筋3階立ての建物の付近から出火、建物の一部を焼き、男
     性が手に軽いやけどを負いました。
  ----------------------------------------------------------------
  →  約3年前の地震の際に延長コード上に重量物が落下して局部的に
    強い力が加わったためにコードが損傷したことに被害者が気付か
    ずに使用したため、絶縁劣化を起こし、シュートして発火に至った
    と推定されます。


 ◇事例1のように、地震によって、ふろがまのバーナー部分がずれることが
  ありますので、外観に異常がないか確認してください。事例2のように、
  コードの上に重量物が落下して、コードが損傷することがありますので、
  コードを点検して、傷のついたコードを使用しないでください。  

  ---------------------------------------------------------------- 

     ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
          (3月16日~4月5日 受付182件)

  NITEに通知のあった事故の傾向をみるために、上記期間内で収集件数の多
 い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中です。

       製品名            (事故状況と件数)
      ================================================ 
      1.自転車用幼児座席      (軽傷等12件)
      2.片手なべ          (火傷等10件)
        包丁            (破損等10件)
      4.ガスふろがま        (火災等 7件)
        電気スト-ブ        (火災等 7件)

  片手なべは、片手なべの取っ手が折れ、湯がかかって指にやけどを負
 った等の事故、包丁は刃の根元部分にひびが入った事故で、ともに昨年
 以前に発生した事故をまとめて報告されました。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホーム
 ページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================
◇株式会社ベストコ(製造)/イズミヤ株式会社(販売)「片手鍋(取っ手)」(新聞)
 (2011/4/6)(回収(交換または返金))当製品において、樹脂製「取っ手」が使
 用中に破損する可能性があることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011040601.html

◇株式会社StrapyaNext「充電器」(HP)(2011/3/28)(回収(返金))
 当製品において、発火事故が1件発生。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011032801.html

◇株式会社テスコム(販売)/株式会社永泰産業(輸入)「IH調理器(電磁調理器)」
 (HP)(2011/3/18)(注意喚起及び無償点検(修理))当製品の一部において、電
 気部品の不良等複合要因により、エラー表示のまま放置された場合、まれに
 事故につながる可能性があることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011031801.html

◇ヤマハ株式会社(配布)/オンワード商事株式会社(輸入)「ショルダーバッグ」
 (HP)(2011/3/10)(無償点検(補修))当製品において、ベルトにつけられた部品
 の突起により、擦り傷を負うおそれがあることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011031001.html

◇住商インテリアインターナショナル株式会社(輸入)/株式会社良品計画(販売)
 「椅子(オットマン付)」(HP)(2011/3/8)(無償提供:(パーツ(フェルト):受
 付開始予定は2011年4月7日)当製品において、オットマンの板が落下し、使用
 者が怪我をするという事故が発生

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011030801.html

       ■NITE社告・リコール情報のページ■

   【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
   【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

  ◆◆◇   注意喚起ちらしの追加について    ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームページ
 に掲載しております。ダウンロードできますので、地域や社内回覧にご利
 用ください。白黒印刷にも対応しております。
   
  注意喚起ちらし追加
   2011.4.12 リコールなど注意を呼びかけています(20)
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/42_recall20.pdf
      内容:コーヒーメーカー、AC充電器

  注意喚起ちらしのホームページ
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html

  ◆◆◇ 身・守りハンドブック2011を公開しました  ◇◆◆

  誤った使用方法や不注意による製品事故事例を紹介し、製品と安全につ
 きあうための心構えをまとめた「製品事故から身を守るために<身・守り
 ハンドブック2010>(本文44ページ)」を2011年度版として改訂しました。

 【ダウンロード】
   http://www.nite.go.jp/jiko/handbook/goshiyou_handbook.pdf

  ◆◆◇ 事故情報収集制度における事故情報の調査結果について ◇◆◆
      (平成22年度第4四半期調査終了分) (1/2)

 【詳細】(1/2) http://www.nite.go.jp/jiko/reports/H22/H22_04_1.html

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇iPod nano(第一世代)の製品事故に係るアップルジャパン◇◆◆
          株式会社からの定期報告について
                       経済産業省(2011/4/5)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou110405_2.pdf

  ◆◆◇消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、◇◆◆
     製品起因による事故ではないと判断した案件について
                        経済産業省(2011/3/24)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/policy/22daisanshaiinnkai/hijyudai_110324.pdf


  ◆◆◇消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、◇◆◆
     製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した
     案件について
                        経済産業省(2011/3/24)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/policy/22daisanshaiinnkai/fumei_110324.pdf

  ◆◆◇ マクラーレン社製ベビーカーの挟み込み事故の防止 ◇◆◆
     について
                        消費者庁(2011/3/31)

 【詳細】 http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/110331adjustments_1.pdf

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあっ
 た重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  4/12  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110412kouhyou_3.pdf
  4/ 7  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110408kouhyou_1.pdf
  4/ 5  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110405kouhyou_1.pdf
  4/ 1  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110401kouhyou_1.pdf
  3/29  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110329kouhyou_1.pdf
  3/25  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110325kouhyou_4.pdf
  3/23  http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110323kouhyou_1.pdf

  ----------------------------------------------------------------

     ◆◆◇   誤使用による製品事故予防の    ◇◆◆
        リスクコミュニケーション開催のご案内
           NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)

  JTDNAでは、4月15日に「誤使用による製品事故」をテーマにしたシンポ
 ジウムを東京板橋にて開催いたします。お問い合わせは、下記のホームペ
 ージをご覧ください。

【詳細】 http://secretariat.web3plus.net/modules/wordpress/index.php?p=79

  ----------------------------------------------------------------

   ◆◆◇   R-Mapセミナー参加者募集  ◇◆◆

                     財団法人日本科学技術連盟
                         後援 経済産業省 

  日科技連では、設計段階から出荷後に至るまでの「全然ライフサイクル
 に対応した製品安全リスクマネジメント手法」であるR-Map関連講座
 を体系化して、開催しています。R-Mapによるリスクアセスメントを
 『知る』・『わかる』・『使う』セミナーとして、ご活用ください。

  ≪“ 知る ”≫------------------------------------------
  ■はじめてのR-Map半日コース■ 【経済産業省後援】
  □はじめてR-Mapを学ぶ方に最適な入門コース。
  □製品販売後のリスク評価を中心にR-Map活用事例を説明します。

  ◆開催日:2011年5月19日(木) 13:00~17:00
  ◆会 場:日科技連 東高円寺ビル(東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅)
  ◆参加費:有料
  【詳 細】http://www.juse.or.jp/seminar/16073/?110412re


  ≪“ わかる ”≫------------------------------------------
  ■R-Mapを活用したリスクアセスメント1日コース■ 『経済産業省後援』
  □事前評価段階でリスクを「見える化」できるR-Map手法を1日で学べます。
  □開発段階でのリスクアセスメント方法とポイントを学べます。

  ◆開催日:2011年5月20日(金)
  ◆会 場:日科技連 東高円寺ビル(東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅)
  ◆参加費:有料
  【詳 細】http://www.juse.or.jp/seminar/16074/?110412re


  ≪“ 使う ”≫------------------------------------------
  ■R-Mapを活用した製品安全実践2日間コース■ 【経済産業省後援】
  □R-Map手法を実践的に使いこなすことができるようになります。
  □技術者にとって必要な「リスクアセスメント」「製品安全技術(PSE)」が
   理解できます。

  ◆開催日:2011年9月7日(水)~8日(木)
  ◆会 場:日科技連 東高円寺ビル(東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅)
  ◆参加費:有料
  【詳 細】http://www.juse.or.jp/seminar/16075/?110412re

===================================
              5.編集後記
===================================
 4月21日から公開講座「製品安全対策の基礎知識」が始まります。
講師・事務局ともども、製品安全をわかりやすく伝えるよう頑張っていきたい
と思います。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇事業者、消費生活センター、地方自治体等からの製品事故情報をご提供く
  ださい。

  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、その結
  果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
  通知様式等は以下のホームページをご覧ください。
  
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280 
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジンは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
間違えて配信されていましたら、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご
連絡ください。( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載のご要望等は、以下のメー
ルアドレスまでお願いいたします。( mailto:ps@nite.go.jp )

 「関係機関の製品安全情報」欄へ掲載のご希望がありましたら、以下のメー
ルアドレスあてにご相談ください。対象は製品安全に関連する情報です。
( mailto:ps@nite.go.jp )

 配信の登録解除・配信メールアドレスの変更はこちらから
  http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図