製品安全

Vol.154  9月27日号「ライターによる事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。  (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■           製品安全センター 製品安全調査課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

==================2011. 9.27 Vol.154 ==================
 今回は、ライターによる事故をご紹介しています。NITEからのお知ら
せでは、ちらし「こんな事故にもご用心」の追加等を掲載しております。
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・ライターによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(9月7日~9月13日受付111件)
2.社告・リコール情報(3件)
3.NITEからのお知らせ
  ・注意喚起ちらし「こんな事故にもご用心」の追加
4.関係機関の製品安全情報
  ・ライターの規制等に係る経過措置期間の終了について
  ・株式会社ニッセンが輸入した椅子のリコール(無償改修) 
                             経済産業省
  ・電動車いす(ハンドル形)の使用に関する注意喚起について
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について
                              消費者庁
  ・R-Mapセミナー参加者募集(東京)
    はじめてのR-Map半日コース、R-Mapを活用したリスクアセスメント
    1日コース、R-Mapを活用した製品安全実践2日間コース
  ・R-Map入門者向けテキストが無料ダウンロードできます!
                      財団法人日本科学技術連盟
  ・誤使用による製品事故予防のリスクコミュニケーション(大阪)のご案内
  ・「製品安全(PL対策)セミナー(東京・仙台)」の開催
            NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

     ◆◆◇   ライターによる事故      ◇◆◆

  ◇今回は、ご注意していただきたいライターによる事故事例をご紹介
    します。

  (事例1) ライターを煙草ケースに入れてテーブルの上に置いていたと
      ころ、発火しテーブルが焦げました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 事故品のノズルレバーに、ごみが挟み込まれていたため、ノズルレ
   バーが戻らずに、残火となり事故に至ったものと推定されます。


  (事例2)棚に入れていたライターから発火し、棚板が焦げました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 事故品は未使用で、棚の中に多数の雑貨とともに収納されていまし
   た。ガラス戸付近の焼損が激しいことから、ガラス戸の開閉に伴って、
   他の雑貨と重なり合うなどして、着火レバーに外力がかかり、発火し
   たものと推定されます。
 
  ◇事例1のように、ノズルレバーにごみが挟まりノズルレバーが戻らな
   い場合がありますので、使った後はノズルレバーの位置を確認してく
   ださい。事例2のように、雑然とした棚や引き出しにライターを入れ
   ると、戸や引き出しを開閉時に着火レバーが押され火がつくことがあ
   りますので、引き出しの開閉に伴って着火レバーが押されることがな
   いように保管場所には注意してください。また、子どもによるライタ
   ーの事故を防ぐ上でも、子どもの手の届くところには置かないでくだ
   さい。
    NITEでは、子どもによるライターの事故について、平成23年9月22日
   に注意喚起を行いました。

  子どもによるライター等の事故の防止について(注意喚起)
   http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs110922.html
  
  ---------------------------------------------------------------- 

     ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
          (9月7日~9月13日 受付111件)

  NITEに通知のあった事故の傾向をみるために、上記1週間内で収集件数
 の多い3製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中で
 す。

       製品名              (事故状況と件数)
      ===================================================== 
      1.介護ベッド(電動式)     (誤動作43件)
      2.水槽用照明器具(メタルハライドランプ)
                       (焼損等21件)
      3.ガスふろがま         (火災等 4件)

 
   介護ベッド(電動式)は、ボトム昇降機構が、スイッチ操作を行っ
  ていないのに勝手に動く等の事故、水槽用照明器具(メタルハライド
  ランプ))は、ランプソケットが焼損した事故です。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホーム
 ページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇矢澤産業株式会社「ガソリン携帯缶」(新聞)(回収(商品交換))(2011/9/26)
 当製品において、一部のロットで公的検査機関による品質承認を受けずに
 出荷したことが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011092601.html

◇ミズノ株式会社「靴(ラグビーシューズ)」(HP)(2011/9/20)(修理対応もし
 くは交換対応) 当製品において、かかと部の本体甲材(アッパー)、ヒール
 カウンターと中底の固定用釘(タックス)が突出しているおそれがあること
 が判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011092001.html

◇株式会社ニッセン「椅子」(HP)(2011/9/16)(無償改修) 当製品において、
  座 面前縁部に着座し続けることで、リクライニング機能部分に負荷が
 かかり、座面に衝撃が加わった際に背もたれと座面の接続部分に荷重が
 集中し、背もたれ部が180度以上倒れる可能性があることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011091601.html

       ■NITE社告・リコール情報のページ■

   【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
   【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

  ◆◆◇   注意喚起ちらしの追加について    ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームページ
 に掲載しております。ダウンロードできますので、地域や社内回覧にご利
 用ください。白黒印刷にも対応しております。
   
  注意喚起ちらし追加
   2011.9.27 こんな事故にもご用心(No.26)
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/53_goyoujin26.pdf
      内容:ライター、発電機

  注意喚起ちらしのホームページ これまでのチラシがご覧いただけます。
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html


 ◆◆◇ ハロゲンヒーター社告・リコールのリーフレットの更新◇◆◆

  平成23年9月21日現在、NITEでリコール社告が確認できているハロゲン
 ヒーターのリーフレットを更新しました。お持ちの製品がリコール対象
 製品ではないか確認して下さい。

  お使いのハロゲンヒーターは大丈夫ですか?
 http://www.nite.go.jp/jiko/leaflet/data/recall_halogen_110921.pdf

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇ ライターの規制等に係る経過措置期間の終了について ◇◆◆
                       経済産業省(2011/9/20)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/2011/09/20110920003/20110920003.html

  ◆◆◇ 株式会社ニッセンが輸入した椅子のリコール(無償改修) ◇◆◆
                       経済産業省(2011/9/16)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/press/2011/09/20110916002/20110916002-1.pdf


  ◆◆◇ 電動車いす(ハンドル形)の使用に関する注意喚起について ◇◆◆
                       消費者庁(2011/9/22)

 【詳細】 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110922kouhyou_4.pdf


  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあっ
 た重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  9/27 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110927kouhyou_1.pdf
  9/21 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110921kouhyou_1.pdf
  9/16 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/110916kouhyou_2.pdf

  ----------------------------------------------------------------

   ◆◆◇ R-Mapセミナー参加者募集(東京) ◇◆◆

                      財団法人日本科学技術連盟

  日科技連では、設計段階から出荷後に至るまでの「全然ライフサイクル
 に対応した製品安全リスクマネジメント手法」であるR-Map関連講座
 を体系化して、開催しています。R-Mapによるリスクアセスメントを
 『知る』・『わかる』・『使う』セミナーとして、ご活用ください。

  ふるってのご参加、お待ちしています。

 ▼『セット受講割引』の詳細、申込書はこちら▼
   http://www.juse.or.jp/reliability/103/attachs/r-map_set.pdf


 ■はじめてのR-Map半日コース■         ≪“ 知る ”≫
  ・はじめてR-Mapを学ぶ方に最適な入門コース。
  ・製品販売後のリスク評価を中心にR-Map活用事例を説明します。

 【開催日】2011年11月24日(木)13:00~17:00(東京)
 【参加費】有料
 【詳 細】 http://www.juse.or.jp/seminar/16073/?mail110927ps


 ■R-Mapを活用したリスクアセスメント1日コース■ ≪“ わかる ”≫
  ・事前評価段階でリスクを「見える化」できるR-Map手法を1日で学
   べます。
  ・開発段階でのリスクアセスメント方法とポイントを学べます。

 【開催日】2011年11月25日(金)(東京)
 【参加費】有料
 【詳 細】 http://www.juse.or.jp/seminar/16074/?mail110927ps


 ■R-Mapを活用した製品安全実践2日間コース■   ≪“ 使う ”≫
  ・R-Map手法を実践的に使いこなすことができるようになります。
  ・技術者にとって必要な「リスクアセスメント」「製品安全技術(PSE)」が
  理解できます。

 【開催日】2012年2月2日(木)~3日(金)
 【会 場】日科技連 東高円寺ビル(東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅)
 【参加費】有料
 【詳 細】 http://www.juse.or.jp/seminar/16075/?mail110927ps

 ◆◆◇ R-Map入門者向けテキストが無料ダウンロードできます! ◇◆◆

                      財団法人日本科学技術連盟

 【詳細】 http://www.juse.or.jp/reliability/103/#02

  ----------------------------------------------------------------


  ◆◆◇ 誤使用による製品事故予防のリスクコミュニケーション ◇◆◆
        製品安全シンポジウム(大阪)開催のご案内
           NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)

   JTDNAでは、「誤使用による製品事故」をテーマにした製品安全シン
    ポジウムを大阪にて開催いたします。

  【開催日】2011年10月6日(木)11:00~17:00(受付10:30より)
  【会 場】メビック扇町(扇町キッズパーク3F) 
       地下鉄堺筋線「扇町」駅直結
  【参加費】無料(どなたでも参加できますが予約をお願いします)
  【チラシ】 http://www.jtdna.or.jp/PDF/2011Simposium_osaka.pdf

   詳細とお申込み >> http://p.tl/Xm9U

  ◆◆◇   「製品安全(PL対策)セミナー」    ◇◆◆
          ~リスクアセスメント~
           NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)

   消費者庁発足に伴い、コンプライアンス違反や製品事故の情報が数
  多く公表されています。
   「消費者庁は何をしているところだろう?」「表示・表記の対策は
  どこまでするの?」「リコール対策はどうすればよいのだろう?」な
  ど、事業者にとって悩みはつきません。
  「誤使用による製品事故」についての見識を高めていただき、消費者
  庁の最新動向情報、誤使用予防と表示・表記の関係、ECサイトなどの
  表示違反をなくすための最新情報をお伝えしています。

    【開催日・開催地】
     2011年10月4日(火) 製品安全セミナー(東京)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/eKlK
     2011年10月3日(月) 製品安全セミナー(仙台)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/RY0j
    【参加費】無料(どなたでも参加できますが予約をお願いします)

===================================
              5.編集後記
===================================
 本日(9月27日)から、いわゆる使い捨てライター及び多目的ライターは、チ
ャイルドレジスタンス(CR)機能を有し、PSCマークの付いているライターしか
販売できません。CRライターは、安全性の高いライターですが、子どもに触
れさせないのが一番の事故予防ですので、ライターの置き場所に気をつけて
ください。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇事業者、消費生活センター、地方自治体等からの製品事故情報をご提供く
  ださい。

  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、その結
  果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
  通知様式等は以下のホームページをご覧ください。
  
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280 
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジンは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
心当たりのない方はお手数ですが、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載、「関係機関の製品安全情
報」欄へ掲載等ご希望がありましたら、以下のメールアドレスあてにお寄せく
ださい。なお、関連機関情報の掲載対象は製品安全に関連する情報です。
       ( mailto:ps@nite.go.jp )

 配信の登録や解除、配信メールアドレスの変更は、こちらから

  製品安全情報マガジンHP(バックナンバーもあります)
  http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図