製品安全

Vol.156 10月25日号「電気ストーブによる事故」

 ■■■◆
 ■    ◆========= 製品安全情報マガジン(PSマガジン)========== 
 ■■■◆           PSマガジンは製品安全についての情報を
 ■   ■■■       お届けします。  (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■           製品安全センター 製品安全調査課
                       http://www.jiko.nite.go.jp/

==================2011.10.25 Vol.156 ==================
 もうそろろそろ暖房機器が必要な季節を迎えます。今回は、電気ストーブに
よる事故をご紹介しています。NITEからのお知らせでは、ちらし「こんな
事故にもご用心」の追加、「生活安全ジャーナル」第12号HP公開を掲載してお
ります。
======================================================================
                 目次 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・電気ストーブによる事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(10月5日~10月18日受付233件)
2.社告・リコール情報(4件)
3.NITEからのお知らせ
  ・注意喚起ちらし「こんな事故にもご用心」の追加
  ・暖房器具による事故防止について
  ・「生活安全ジャーナル」第12号HP公開
  ・事故情報収集制度における事故情報の調査結果について(平成23年度第
   2四半期調査終了分)(1/2)
  ・平成23年度製品安全センター製品安全業務報告会
4.関係機関の製品安全情報
  ・消費者の標準化入門セミナー「いっしょに考えよう!子供服の安全規
   格について」の開催
  ・株式会社カンキョーが販売した除湿機のリコール(無償点検・修理)に
   ついて     
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、製品起因
   による事故ではないと判断した案件について
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、製品に起
   因して生じた事故であるか不明であると判断した案件について
  ・iPod nano(第一世代)の製品事故に係るアップルジャパン株式会社か
   らの定期報告について 
  ・ソニー株式会社が製造した液晶テレビのリコール(無償点検・修理)に
   ついて
                             経済産業省
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について
                              消費者庁

  ・「製品安全(PL対策)セミナー(東京・仙台・新潟・大阪)」の開催
            NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)
  ・R-Mapセミナー参加者募集(東京)
                      財団法人日本科学技術連盟
5.編集後記
===================================
            1.製品事故収集情報
===================================

     ◆◆◇   電気ストーブによる事故      ◇◆◆

  ◇今回は、ご注意していただきたい電気ストーブによる事故事例をご紹介
    します。

  (事例1)電気ストーブのスイッチ付近から発火し、スイッチとじゅうた
     んが焦げました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 使用者が本体内部の電源コードを修理した際に、電源コードの接続
   が不完全であったため、接続部で接触不良が生じて異常発熱し、短絡
   して発火したものと推定されます。

  (事例2)留守中に火災が発生し、ゴミ箱と近くにあった電気ストーブが
     焼けました。
  ----------------------------------------------------------------
  → 電気ストーブに出火の痕跡は認められないことから、ヒーターの
   スイッチを切らずに外出したことにより、近くに置いたゴミ箱が熱
   せられ火災になったと推定されます。
 
  ◇事例1のように、使用者が自ら電源コードを素人修理すると、異常
   発熱して短絡して発火にいたるおそれがありますので、修理の際は
   販売店・メーカーに依頼してください。事例2のように、外出する
   際は、必ず電気ストーブの電源を切って、コンセントを抜いてくだ
   さい。さらに、電気ストーブの近くに可燃物を置かないでください。
  
  ---------------------------------------------------------------- 

     ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
          (10月5日~10月18日 受付233件)

  NITEに通知のあった事故の傾向をみるために、上記期間内で収集件数
 の多い5製品を掲載しています。なお、事故原因については現在調査中で
 す。

       製品名            (事故状況と件数)
      ===================================================== 
      1.ACアダプター(コードレス電話子機用)
                      (変形等125件)
      2.運動器具           (破損等10件)
      3.カラーテレビ(液晶)     (発熱等10件)
      4.ガスふろがま         (火災等 7件)
      5.ガスこんろ          (火災等 6件)
        電動車いす(ハンドル形)   (発煙等 6件)
 
 
   ACアダプター(コードレス電話子機用)は、コードレス電話機の
  子機を充電中、ACアダプターが過熱し熱変形した事故、運動器具
  は座面下のスプリングが折れた等の事故でいずれも輸入事業者から
  報告されたものです。

 最近1週間に受付をした事故情報について毎週金曜日に以下のNITEホーム
 ページで公表しています。
  → http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================

◇ソニー株式会社「液晶テレビ」(HP)(2011/10/12)(無償点検(修理対象:不
 具合のあるインバータートランス))当製品において、特定部品に不具合の
 あるものが一部混入し、まれに製品内部で発熱・発火するものがあり、そ
 の結果、熱により製品本体上部の一部が溶解に至る場合があることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011101201.html

◇住友林業クレスト株式会社「椅子(ダイニングチェア)」(HP)(2011/10/11)
 (回収(交換))当製品において、脚部と座部との接合部分が外れ座部が落下
 するという不具合が発生。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011101101.html

◇イケア・ジャパン株式会社「テント(子供用遊具)」(HP)(2011/10/7)(商品
 代金払戻し)当製品のスチールワイヤー製のフレームが使用中に、折れる
 おそれがあることが判明。 当製品を所有されている方は、ただちに使用
 を中止し、最寄りのイケアストアの返品カウンターまでお持ちいただくか、
 問い合わせ先までご連絡ください。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011100701.html

◇株式会社テレビショッピング研究所「運動器具」(HP)(2011/10/7)(無料交
 換及び返品返金)当製品において、溶接の部分に「バネが折れる」、「バ
 ネと座面の溶接が剥がれる」という不良がみられるものがあることが判明。

【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2011100501.html

       ■NITE社告・リコール情報のページ■

   【過去1年間の社告・リコール情報】
     http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
   【社告・リコール情報の検索】
     http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================

  ◆◆◇   注意喚起ちらしの追加について    ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームページ
 に掲載しております。ダウンロードできますので、地域や社内回覧にご利
 用ください。白黒印刷にも対応しております。
   
  注意喚起ちらし追加
   2011.10.25 こんな事故にもご用心(No.27)
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/55_goyoujin27.pdf
      内容:暖房器具のこんな事故にも

  注意喚起ちらしのホームページ これまでのチラシがご覧いただけます。
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html

  ◆◆◇   暖房器具による事故防止について   ◇◆◆
                      (2011/10/21)

  暖房器具(ストーブ等)による事故は11月から増加する傾向にあります。
 特に今年の節電指向により石油ストーブの需要が高まり、今まで使ってい
 なかった古い暖房器具を取り出して使用することが予想されることから、
 正しく安全に暖房器具を使用して、製品事故を防止するために注意喚起す
 ることとしました。

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs111020.html

  ◆◆◇  「生活安全ジャーナル」第12号HP公開  ◇◆◆
                      (2011/10/17)

  「生活安全ジャーナル」は、製品安全の情報について総合的に提供する
 広報誌です。今号の特集では、「設計段階で事故を防ぐ」をテーマにして、
 製品事故を未然に防ぐ設計について専門家の方々に執筆していただきまし
 た。ぜひ、ご一読ください。

 第12号 http://www.nite.go.jp/jiko/journal/journal_vol12.pdf

   「生活安全ジャーナル」ホームページ
    http://www.nite.go.jp/jiko/journal/index.html

  ◆◆◇ 事故情報収集制度における事故情報の調査結果について ◇◆◆
      (平成23年度第2四半期調査終了分)(1/2)2011/10/13

 【詳細】(1/2) http://www.nite.go.jp/jiko/reports/H23/H23_02_1.html


  ◆◆◇ 平成23年度製品安全センター製品安全業務報告会 ◇◆◆

  製品安全センターが取り組んでいる製品安全関係の業務について
 ご理解を頂く機会として、製品安全業務報告会を開催いたしますの
 で、ぜひご参加ください。
  今年度は大阪会場と東京会場では、開催時刻が異なります。

  【大阪会場】日時:2011年11月16日(水)10:00~16:00
        場所:ドーンセンター(大阪市中央区)
  【東京会場】日時:2011年11月24日(木)13:00~18:00
        場所:渋谷区文化総合センター大和田(東京都渋谷区)

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/seika/houkoku2011.html

===================================
           4.関係機関の製品安全情報
===================================

  ◆◆◇        消費者の標準化入門セミナー          ◇◆◆
     「いっしょに考えよう!子供服の安全規格について」の開催

  経済産業省では、消費者の標準化や規格に対する理解増進に取り組ん
 でいます。このたび、消費者入門セミナーの一環として、「いっしょに
 考えよう!子供服の安全規格について」を開催します。 

【詳細】 http://www.jisc.go.jp/newstopics/2011/201110kodomofukuanzenkikaku.htm


  ◆◆◇ 株式会社カンキョーが販売した除湿機のリコール  ◇◆◆
     (無償点検・修理)について     
                      経済産業省(2011/10/14)

【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou111024_1.pdf


  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、◇◆◆
     製品起因による事故ではないと判断した案件について
                      経済産業省(2011/10/14)

 【詳細】
 http://www.meti.go.jp/product_safety/policy/23daisanshaiinnkai/hijyudai_111014.pdf

  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表済事故において、◇◆◆
     製品に起因して生じた事故であるか不明であると判断した案件
     について             経済産業省(2011/10/14)

 【詳細】
 http://www.meti.go.jp/product_safety/policy/23daisanshaiinnkai/fumei_111014.pdf


  ◆◆◇ iPod nano(第一世代)の製品事故に係るアップルジャパン ◇◆◆
     株式会社からの定期報告について    
                       経済産業省(2011/10/12)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou111012_3.pdf


  ◆◆◇ ソニー株式会社が製造した液晶テレビのリコール(無償点検 ◇◆◆
     ・修理)について
                       経済産業省(2011/10/12)

 【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou111012_1.pdf


  ◆◆◇ 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあっ
 た重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  10/25 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111025kouhyou_1.pdf
  10/24 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111024kouhyou_2.pdf
  10/21 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111021kouhyou_2.pdf
  10/18 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111018kouhyou_3.pdf
  10/14 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111014kouhyou_4.pdf
  10/12 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111012kouhyou_1.pdf

  ----------------------------------------------------------------

     ◆◆◇   「製品安全(PL対策)セミナー」    ◇◆◆
       NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)

  リコール整備などが着々と進んでいます。
  すでに消費者安全を所管する行政でも「誤使用対策は事業者の責務」と
 して、リコールハンドブックやアセスメントハンドブックなどに組み入れ
 られています。
  製品安全対策は、設計や製造に組み入れる「PS」と、販売後の事業者
 責任としての「PL対策」の両面から取り組まねばなりません。

  JTDNAでは準会員や正会員が、率先して最新のPL対策を習得しています。
 セミナー会場で会員と対面なされて、ぜひご相談ください。

    【開催日・開催地】
     2011年11月10日(木)(東京)満席
     2011年11月17日(木) (仙台)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/q7lp
     2011年11月21日(月) (新潟)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/1FQe
     2011年11月22日(火) (大阪)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/sAIl
      2011年12月 8日(木)(東京)
      詳細とお申込み >> http://p.tl/Ju8o
    【参加費】無料(どなたでも参加できますが予約をお願いします

  ----------------------------------------------------------------

  ◆◆◇ R-Mapセミナー参加者募集(東京) ◇◆◆

                      財団法人日本科学技術連盟

  日科技連では、設計段階から出荷後に至るまでの「全ライフサイクル
 に対応した製品安全リスクマネジメント手法」であるR-Map関連講
 座を『知る』・『わかる』・『使う』と体系化してセミナーを開催して
 おります。ふるってのご参加をお待ちしています。

 ▼『セット受講割引』の詳細、申込書はこちら▼
   http://www.juse.or.jp/reliability/103/attachs/r-map_set.pdf

 ■はじめてのR-Map半日コース■         ≪“ 知る ”≫
  ・はじめてR-Mapを学ぶ方に最適な入門コース。
  ・製品販売後のリスク評価を中心にR-Map活用事例を説明します。

 【開催日】2011年11月24日(木)13:00~17:00(東京)
 【参加費】有料
 【詳 細】 http://www.juse.or.jp/seminar/16073/?mail111011ps

 ■R-Mapを活用したリスクアセスメント1日コース■ ≪“ わかる ”≫
  ・事前評価段階でリスクを「見える化」できるR-Map手法を1日で学
   べます。
  ・開発段階でのリスクアセスメント方法とポイントを学べます。

 【開催日】2011年11月25日(金)(東京)
 【参加費】有料
 【詳 細】 http://www.juse.or.jp/seminar/16074/?mail111011ps

 ■R-Map入門者向けテキストが無料ダウンロードできます! 日科技連 
  【詳細】 http://www.juse.or.jp/reliability/103/#02

===================================
              5.編集後記
===================================
 現在、製品安全センターの業務報告会の参加を募集しておりますので、お申
し込みをお待ちしております。皆さまと貴重な意見交換ができる場として実り
ある1日にしたいと思っています。

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・

 ◇事故情報の検索 
  NITEのHPでは、調査が終了した事故情報を検索できます。
  http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

 ◇事業者、消費生活センター、地方自治体等からの製品事故情報をご提供く
  ださい。

  NITEでは、暮らしの中で起こった製品の事故情報を集めて調査し、その結
  果を公表して製品事故の未然・再発防止に役立てています。
  通知様式等は以下のホームページをご覧ください。
  
 【通知様式】 http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)
 【送付先】 mailto:jiko@nite.go.jp Fax 06-6946-7280 
  【問い合わせ先】 mailto:jiko@nite.go.jp

・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
※このメールマガジンは配信登録いただいたメールアドレスに配信しています。
心当たりのない方はお手数ですが、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
( mailto:ps@nite.go.jp )

 このメールマガジンに関するお問い合わせ、転載、「関係機関の製品安全情
報」欄へ掲載等ご希望がありましたら、以下のメールアドレスあてにお寄せく
ださい。なお、関連機関情報の掲載対象は製品安全に関連する情報です。
       ( mailto:ps@nite.go.jp )

 配信の登録や解除、配信メールアドレスの変更は、こちらから

  製品安全情報マガジンHP(バックナンバーもあります)
  http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図