製品安全

Vol.172  7月10日号「草刈機による事故」

 ■■■◆                          2012. 7.10 Vol.172
 ■    ◆========= PSマガジン(製品安全情報マガジン)========== 
 ■■■◆             製品安全についての情報をお届けします。
 ■   ■■■                         (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■  製品安全センター
======================================================================
 7月に入り気温が高くなってくると草花も青々としてきます。社内の公用ス
ペースや学校、道路沿いなどで、草刈りをしている光景を見ることも増えるの
ではないでしょうか。今回は草刈機による事故をご紹介します。NITEから
のお知らせでは、注意喚起ちらしの追加、注意喚起リーフレットの追加、製品
安全概論「製品安全対策の基礎知識」東京会場受講者募集を掲載します。
======================================================================
               項目一覧 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・草刈機による事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(6月20日~7月3日受付92件)

2.社告・リコール情報(2件)

3.NITEからのお知らせ
  ・「リコールなど注意を呼びかけています」などの注意喚起ちらしの追加
  ・「夏 くらしの中のかくれた危険」の注意喚起リーフレットの追加
  ・知の市場講座「製品総合管理特論」東京会場受講者募集
  
4.その他の製品安全情報
  ・製品安全に関する事業者ハンドブックの公表
  ・消費生活用製品の重大事故製品に係る公表
  ・夏のレジャーに潜む危険 身近な製品の危険性
  ・扇風機とエアコンの知っておきたい危険性
  ・「食の安全」セミナー参加者募集 
    ・「製品安全」セミナー参加者募集
  ・「PL検定」東京会場のご案内
            
5.編集後記

===================================
            1.製品事故収集情報
===================================
       ◆◆◇   草刈機による事故   ◇◆◆

  ◇今回は、注意していただきたい草刈機による事故事例をご紹介します。  
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例1)【バランスを崩し草刈機と接触】

     草刈機を使用中、バランスを崩して転倒し、エンジンの排気口に
     太もも当たり、火傷を負った。

   → 斜面上部の草を刈るため、草刈機のエンジン部を腰に当て、刈刃
     を高くあげて作業していたことから、バランスを崩して転倒した
     際に、エンジンの排気口に被害者の大腿部が触れて火傷を負った
     ものと推定されます。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例2)【草刈機の刃が人の足に接触】

     男性が操作していた草刈機の刃が、近くで作業していた女性に当
     たり、女性が死亡した。

   → 肩掛式の草刈機を使用していた男性が水田の斜面を登っていたと
     ころ、近くで作業をしていた女性の足に草刈り機の刃が接触し、
     ひざの後ろを切ったものと推定されます。        
   
  ◇事例1のように、運転中の草刈機との接触は大変危険です。バランス
   を崩さないように足場をしっかり固定し、肩(腰)ベルトをかけて無
   理な姿勢ではなく安定した姿勢で作業してください。また、フェイス
   ガード(保護眼鏡)長袖、長ズボン、長くつを着用し皮膚を保護して
   ください。
      
  ◇事例2のように、草刈機が人にあたらないように、作業中は周囲に人
   がいないか注意してください。
      
  ----------------------------------------------------------------
      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
          (6月20日~7月3日受付92件)
 
  NITEに通知のあった事故情報から、収集件数の多い製品を掲載しま
  す。

       製品名         (事故状況と件数)
      ===================================================== 
      1.ガスこんろ     (火災等8件)
      2.ガスふろがま    (破損等6件)
        自転車       (重傷等6件)
      4.空気清浄機     (火災等4件)
      5.歯ブラシ      (軽傷等3件)
        扇風機       (死亡等3件)
        
                    
  自転車は電動自転車のバッテリーが燃えた事故等で、歯ブラシは使用中
  にヘッド部分が割れた事故等です。

  ◇過去の受付事故情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

  ◇調査が終了した事故情報の事故原因や再発防止措置などの検索 
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

  ◇事業者、消費生活センター、地方自治体、病院等の皆さま、事故情報
   をご提供ください。
   http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================
  ◆旧:トキコ株式会社(製造)
   現:株式会社日立産機システム(販売)「小型空気圧縮機」(新聞)
   (2012/6/29)

  当製品において、制御ユニット内の部品の不具合により、稀に溶損もし
  くは発火に至る可能性があるため。

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012062901.html

  ◆イトキン株式会社  「婦人衣料品(ニット)」(HP)
   (2012/6/26)

  当製品において、まち針が混入していたことが判明。

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012062601.html
  
  ◇過去1年間の社告・リコール情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
  ◇社告・リコール情報の検索
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================     
  ◆◆◇       注意喚起ちらしについて        ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームペ
  ージに掲載しております。地域や社内回覧にご利用ください。

  注意喚起ちらしの追加
   ・「リコールなど注意を呼びかけています(No.35)」
    内容:小型空気圧縮機、電球形蛍光ランプなど
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/76_recall35.pdf
   
  ◇過去の注意喚起ちらしの情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html

  ----------------------------------------------------------------

  ◆◆◇      注意喚起リーフレットについて      ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に、家庭内や季節別に発生した事故事
  例とその事故防止のポイントをわかりやすくまとめたリーフレットを作
  成しています。地域や社内回覧にご利用ください。

  注意喚起リーフレットの追加
   「夏 くらしの中のかくれた危険 」
    内容:電動アシスト自転車、カセットボンベなど
    http://www.nite.go.jp/jiko/leaflet/data/summer_2012.pdf
   
  ◇過去の注意喚起リーフレットの情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/leaflet/leaflet.html

  ----------------------------------------------------------------

  ◆◆◇     知の市場講座「製品総合管理特論」     ◇◆◆
             東京会場受講者募集
                 
  毎年行っております公開講座「製品安全対策の基礎知識」の受講者をた
  だいま募集中です。製品事故の現状と製品安全政策について、具体的事
  例に基づく考察、今後の事故防止方策や政策のあり方などをテーマとし
  て、NITE職員が講義を行います。ぜひ、ご参加いただきますようお
  願いいたします。
 
  【科目名】製品総合管理特論 副題 製品安全対策の基礎知識  
  【日 程】2012年9月18日~2013年1月8日
       毎週火曜日 18:30~20:30
       (計15回)※開催日が休日の場合は開催しません。
  【場 所】早稲田大学西早稲田キャンパス
      (最寄りJR山手線高田馬場駅) 
  【定 員】80名
  【受講料】無料
  【製品総合管理特論詳細 お申し込み方法】   
     http://www.nite.go.jp/jiko/kouza/index2012.html
    
===================================
           4.その他の製品安全情報
===================================
  ◆◆◇    製品安全に関する事業者ハンドブックの公表   ◇◆◆
                                     経済産業省
  
  経済産業省は、事業者における製品安全に関する自主的な取組を促進し、
  より安全・安心な社会をつくることを目的として製品安全に関する事業
  者ハンドブックを公表しました。

  【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/producer/jigyouhandbook.pdf

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇  消費生活用製品の重大事故製品に係る公表について ◇◆◆
                              消費者庁
  
  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告
  のあった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  7/10 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120710kouhyou_1.pdf
  7/06 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120706kouhyou_1.pdf
  7/03 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120703kouhyou_1.pdf
  6/29 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120629kouhyou_2.pdf
  6/26 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120626kouhyou_1.pdf

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇  夏のレジャーに潜む危険 身近な製品の危険性   ◇◆◆
                      政府インターネットテレビ
  NITE職員が夏に使用する身近な製品などの危険性や安全な使い方に
  ついて、くわしくお話しいたします。

  【詳 細】 http://www.gov-online.go.jp/pr/media/itvemb/shiritai/index.html

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇    扇風機とエアコンの知っておきたい危険性   ◇◆◆
                         政府広報オンライン
  扇風機やエアコンで、火災などの事故が発生していますので、注意すべ
  きポイントを紹介します。

   【詳 細】 http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201107/1.html

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇      「食の安全」セミナー参加者募集     ◇◆◆
                      一般財団法人日本規格協会

  【テーマ】食品中の放射性物質の測定方法の実際と食品トレーサビリティ
  【開催日】2012年7月19日(木) 13:15~16:40
  【会場】 自動車会館 2F 大会議室
  【参加費】有料(一般5,250円・会員4,200円)
   【詳 細】 http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=fs4.htm

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇      「製品安全」セミナー参加者募集     ◇◆◆
                      一般財団法人日本規格協会

  【テーマ】安全管理態勢の構築
  【開催日】2012年7月31日(火) 13:10~16:45
  【会場】 一般財団法人日本規格協会本部ビル 6階 大講堂
  【参加費】有料(一般10,500円・会員9,450円)
   【詳 細】 http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=ps4.htm

  ----------------------------------------------------------------
    ◆◆◇       「PL検定」東京会場のご案内        ◇◆◆
                    NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)
  JTDNAでは、製品安全文化の醸成に資する人材を育成するため、
  「PL検定」を実施しています。
  【開催日】2012年8月5日(日) 
  【会場】 板橋グリーンホール
  【参加費】有料(3級:一般10,500円・学生5,250円)
   【詳 細】 http://goo.gl/1dOzJ
     
===================================
              5.編集後記
=================================== 
  夏のある時期になりますとNITE本所の石畳みの道の両側を、草刈機
  がゆっくり進んでいきます。草の刈り取られた後に漂う匂いと、舞った
  土埃の匂いを思い起こすだけで、夏を感じ、どこか懐かしい気分になり
  ます。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
  
  PSマガジンの普及にご協力をお願いいたします。PSマガジンのご
  紹介先のお知らせ、広報誌等への掲載を歓迎いたします。
  
  このメールマガジンに関するお問い合わせ、「その他の製品安全情報」
  欄へ掲載のご希望などがありましたら、以下のメールアドレスまでご
  連絡ください。
  ( mailto:ps@nite.go.jp )

  配信登録や解除、配信メールアドレスの変更は、下記HPからお願い
  いたします。(過去のPSマガジンも掲載しています)
    http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
  
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課
                                    http://www.jiko.nite.go.jp/

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図