製品安全

Vol.173  7月24日号「照明器具による事故」

 ■■■◆                          2012. 7.24 Vol.173
 ■    ◆========= PSマガジン(製品安全情報マガジン)========== 
 ■■■◆             製品安全についての情報をお届けします。
 ■   ■■■                         (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■  製品安全センター
======================================================================
 仕事が終わり帰宅されてから、玄関を開けて一番最初に使用する製品はなん
でしょうか。おそらく、ほとんどの人が暗がりの中、照明器具のスイッチに手
を伸ばしているのではないでしょうか。今回は照明器具による事故をご紹介し
ます。NITEからのお知らせでは、「こんな事故にもご用心」の注意喚起ち
らしの追加、「事故情報収集制度における事故情報の調査結果」を掲載します。
======================================================================
               項目一覧 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・照明器具による事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(7月4日~7月17日受付146件)

2.社告・リコール情報(1件)

3.NITEからのお知らせ
  ・「こんな事故にもご用心」の注意喚起ちらしの追加
  ・事故情報収集制度における事故情報の調査結果
   (H24年度第1四半期調査終了分)(1/2)
   
4.その他の製品安全情報
  ・iPod nanoの製品事故に係る定期報告
  ・消費生活用製品の重大事故製品に係る公表
    ・「PL検定」のご案内
  ・知の市場講義(防疫薬総合管理及び環境基礎論)受講者募集
            
5.編集後記

===================================
            1.製品事故収集情報
===================================
       ◆◆◇   照明器具による事故   ◇◆◆

  ◇今回は、注意していただきたい照明器具による事故事例をご紹介しま
   す。  
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例1)【取付の固定が不完全なため、落下】

     シーリングライト(蛍光灯)に取り付けられていた木枠付きシェ
     ードカバーが外れて落下し、使用者の顔に当たり重傷を負った。

   → 照明器具の取り付け方法を誤ったために、シェードカバーが落下
     したものと推定されます。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例2)【電球に可燃物が接触し、発煙・発火】

     玄関を通った際にセンサーライト(白熱灯)が点灯した後、しば
     らくして玄関に戻ったところ、ダンボールなどが燃えており、廊
     下が焦げた。

   → センサーライトを固定しないで、下駄箱の上に置いていたため、
     センサーライトが倒れて、落下したランプの熱でダンボールに
     火がつき、拡大被害に至ったものと推定されます。        
   
  ◇事例1のように、照明器具の不確実な取り付けは、器具の落下や火災
   の原因になることがあります。器具の取り付けは取扱説明書を確認し
   て、確実に行ってください。
      
  ◇事例2のように、電球に可燃物が接触すると発煙・発火することがあ
   ります。電球の近くに紙や布など可燃物を置かないでください。

   なお、NITEでは、7月19日に照明器具及び電池による事故の注
   意喚起を行いました。詳しくは、下記のHPをご覧ください。
   
   平成24年7月19日 
  「照明器具及び電池による事故の防止について(注意喚起)」
   http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs12071901.html
   http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs12071902.html
      
  ----------------------------------------------------------------
      ◆◆◇ 消費生活用製品の事故情報収集状況 ◇◆◆ 
          (7月4日~7月17日受付146件)
 
  NITEに通知のあった事故情報から、収集件数の多い製品を掲載しま
  す。

       製品名         (事故状況と件数)
      ===================================================== 
      1.食器棚        (軽傷等38件)
      2.携帯用ゲーム機    (破損等23件)
      3.ガスふろがま     (火災等9件)
      4.雨水ます用ふた    (軽傷等4件)
      5.ガス栓        (火災等3件)
        電動工具(サンダー) (軽傷等3件)
        いす         (重傷等3件)
                    
  食器棚はレールをカバーするアルミ製幕板が外れた事故等で、携帯用ゲ
  ーム機は充電中に端子部分が焼損して変色した事故等です。

  ◇過去の受付事故情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

  ◇調査が終了した事故情報の事故原因や再発防止措置などの検索 
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

  ◇事業者、消費生活センター、地方自治体、病院等の皆さま、事故情報
   をご提供ください。
   http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================
  ◆株式会社アルカン  「炭酸飲料用ボトルキャップ」(HP)
   (2012/7/20)

  当製品において、炭酸飲料「ロリーナ レモネード」(製造:フランス・
  ジェイエル社)5アイテムの一部商品におきまして、スクリューキャッ
  プの取り付け不良により、開栓時にキャップが飛ぶ恐れがある商品があ
  ることが判明。

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012072001.html
  
  ◇過去1年間の社告・リコール情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
  ◇社告・リコール情報の検索
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================     
  ◆◆◇       注意喚起ちらしについて        ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームペ
  ージに掲載しております。地域や社内回覧にご利用ください。

  注意喚起ちらしの追加
   ・「こんな事故にもご用心(No.36)」
    内容:電池、照明器具など
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/77_goyoujin36.pdf

  ◇過去の注意喚起ちらしの情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇事故情報収集制度における事故情報の調査結果について ◇◆◆
    (H24年度第1四半期調査終了分)(1/2)    

  NITEがこれまでに収集した事故情報に関し、調査、確認、評価を行
  った上で、平成23年度第1四半期中に結論を得たものについて、品目
  別に整理したものです。

   http://www.nite.go.jp/jiko/reports/H24/H24_01_1.html
     
===================================
           4.その他の製品安全情報
===================================
  ◆◆◇   iPod nanoの製品事故に係る定期報告   ◇◆◆
                                     経済産業省
  
  iPod nano(第一世代)の製品事故が多数発生していることを
  受けて、経済産業省は、Apple Japan合同会社(旧アップル
  ジャパン株式会社)に対して、消費生活用製品安全法に基づき、消費者
  に対する注意喚起及び再発防止策等について報告を指示し、対策の実施
  状況を定期的に報告するよう指示しています。

  【詳細】 http://www.meti.go.jp/product_safety/download/kouhyou120710_2.pdf

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇  消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆
                              消費者庁
  
  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告
  のあった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  7/20 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120720kouhyou_3.pdf
  7/18 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120718kouhyou_1.pdf
  7/13 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120713kouhyou_1.pdf 
  7/10 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120710kouhyou_1.pdf
  7/06 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120706kouhyou_1.pdf

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇         「PL検定」のご案内          ◇◆◆
            NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会(JTDNA)
  JTDNAでは、製品安全文化の醸成に資する人材を育成するため、
  「PL検定」を実施しています。
  ※PL検定の受検には、事前に所定の製品安全セミナー(無料)への参
   加が必須となります。→セミナーのご案内http://seminar.web3plus.net/

  【開催日】大阪 2012年8月25日(土) 新潟 8月18日(土)
  【参加費】有料(3級:一般10,500円・学生5,250円)
   【詳 細】 http://goo.gl/1dOzJ

  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇   知の市場講義(防疫薬総合管理及び環境基礎論) ◇◆◆
                受講者募集
        一般社団法人日本リスクマネジャネットワーク(JRMN)

  JRMNでは防疫薬の社会的役割、薬剤の安全性の確保などについての
  講座(防疫薬総合管理)と、身近な関心事を含めた全般的な環境問題の
  基礎についての講座(環境基礎論)の受講者を募集しています。

  【科目名】防疫薬総合管理
       環境基礎論  
  【日 程】防疫薬総合管理:2012年9月10日~2013年1月21日
               毎週月曜日 18:15~20:15
       環境基礎論:2012年10月2日~2013年1月22日
             毎週火曜日 18:15~20:15
  【場 所】関西大学千里山キャンパス
  【受講料】無料
  【詳 細】 http://jrmn.net/
         
===================================
              5.編集後記
=================================== 
  今年の夏も昨年に引き続き節電が呼びかけられています。その対策とし
  て照明器具のスイッチをこまめに切ったり、照明をLEDランプに交換
  した企業も多いと思います。NITEでも不要な照明は消して、全体的
  に暗くなっているのですが、毎日お日様の沈むさまが見えるようになり
  ました。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
  
  PSマガジンの普及にご協力をお願いいたします。PSマガジンのご
  紹介先のお知らせ、広報誌等への掲載を歓迎いたします。
  
  このメールマガジンに関するお問い合わせ、「その他の製品安全情報」
  欄へ掲載のご希望などがありましたら、以下のメールアドレスまでご
  連絡ください。
  ( mailto:ps@nite.go.jp )

  配信登録や解除、配信メールアドレスの変更は、下記HPからお願い
  いたします。(過去のPSマガジンも掲載しています)
    http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
  
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課
                                    http://www.jiko.nite.go.jp/

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図