製品安全

Vol.180 11月13日号「ガス炊飯器による事故」

 ■■■◆                          2012.11.13 Vol.180
 ■    ◆========= PSマガジン(製品安全情報マガジン)========== 
 ■■■◆             製品安全についての情報をお届けします。
 ■   ■■■                         (第2・4火曜日発行)
 ■    ■               <等幅フォントでご覧ください>
        ■■  ・・・‥‥…………………………………‥‥・・・
         ■ 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)
      ■■■  製品安全センター
======================================================================
 タイマー機能や保温機能があり安価なためか、電気炊飯器がガス炊飯器より
も普及しているそうです。しかし、ガス炊飯器も依然として使われており、ガ
ス機器特有の事故も起きています。今回はガス炊飯器による事故をご紹介しま
す。NITEからのお知らせでは、事故情報収集制度における事故情報の調査
結果について、「冬 ついついうっかりが思わぬ事故に」の注意喚起リーフレ
ットの追加などを掲載します。
======================================================================
               項目一覧 
======================================================================
1.製品事故収集情報
  ・ガス炊飯器による事故
  ・消費生活用製品の事故情報収集状況(10月17日~11月6日受付277件)

2.社告・リコール情報(10件)

3.NITEからのお知らせ
  ・事故情報収集制度における事故情報の調査結果
   (H24年度第2四半期調査終了分)(2/2)
  ・「冬 ついついうっかりが思わぬ事故に」の注意喚起リーフレットの追加
  ・「リコールなど注意を呼びかけています」の注意喚起ちらしの追加  

4.その他の製品安全情報
  ・「第6回製品安全対策優良企業表彰」受賞企業の発表
  ・介護ベッドの手すり等による死亡事故が発生しています!
  ・医療・介護ベッド使用にかかる注意喚起の周知度調査の
      結果及び対策について 
    ・(財)対日貿易投資交流促進協会 製品安全セミナー 
  ・(財)日本規格協会 「製品安全」セミナー参加者募集
    
5.編集後記

===================================
            1.製品事故収集情報
===================================
  ◆◆◇       ガス炊飯器による事故         ◇◆◆

  ◇今回は、注意していただきたいガス炊飯器による事故事例をご紹介し
   ます。  
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例1)【バーナー部への異物の入り込み】

     使用中のガス炊飯器から火が出て、指に火傷を負った。

   → 異物が炊飯器内のバーナー部に入り込んだ状態で炊飯器を点火し
     たため、異物に着火したものと推定されます。 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
  (事例2)【点火操作の繰り返しによるガスの充満】

     家庭科の実習中、ガス炊飯器の点火操作を繰り返したところ、着
     火時にまつ毛が焦げた。

   → 機器にガス漏れ及び着火動作等の異常がないことから、使用者が
     当該器の点火操作を繰り返したことから、器具内にガスが充満し、
     爆発的な着火を起こし、瞬間的に点火確認窓から溢れ出した炎で
     負傷したものと推定されます。 
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
    (事例3)【接続器具の装着不良によるガス漏れ】

     炊飯中のガス炊飯器から炎が上がり、床が焦げた。

   → 当該機器は小口径両端迅速継手強化ガスホースで接続するよう指
     定されているが、事故品はゴムホースで繋がれ、ゴムホースの繋
     ぎ部からガスの漏えいが見られたことから、被害者が誤ってゴム
     ホースで接続したため接続部からガスが漏洩し、炊飯器の火が引
     火したものと推定されます。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     
  ◇事例1のように、バーナー部にしゃもじやふきん、米粒などの異物が
   あると着火して、最悪の場合には火災に至ることもあります。炊飯前
   にバーナー部に異物がないか、また、内釜の底に異物(しゃもじやふ
   きんなど)が張り付いていないか確認しましょう。また、バーナー部
   は取扱説明書を読んで、適宜お手入れをしてください。
   
  ◇事例2のように、点火操作を繰り返すと器具内にガスが充満すること
   があり危険です。取扱説明書に従ってガスを抜いてから、再度点火操
   作をするようにしてください。また、点火操作をしてるときには、炎
   があふれ出すことがありますので、点火確認窓をのぞきこまないよう
   にし、点火操作が終わり、スイッチから手を離した後に点火を確認す
   るようにしてください。

  ◇事例3のように、接続器具の装着不良によってガス漏れをすることが
   あります。取扱説明書を読み、正しい接続器具を、正しくしっかりと
   装着してください。
  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇     消費生活用製品の事故情報収集状況     ◇◆◆ 
          (10月17日~11月6日受付277件)
 
  NITEに通知のあった事故情報から、収集件数の多い製品を掲載しま
  す。

       製品名         (事故状況と件数)
      ===================================================== 
      1.扇風機         (火災等116件)
      2.ACアダプター     (火災等15件)
        ガスふろがま      (火災等15件)
      4.ガス給湯器       (軽傷等7件)
        ガスこんろ       (火災等7件)
        
  扇風機は火災の他に首が折れた事故等(115件が同一機種社告品)で、
  ACアダプターは火災の他に発煙した事故等です。
    
  ◇過去の受付事故情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/sokuho/index20.html

  ◇調査が終了した事故情報の事故原因や再発防止措置などの検索 
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/jiko/index.html

  ◇事業者、消費生活センター、地方自治体、病院等の皆さま、事故情報
   をご提供ください。
   http://www.nite.go.jp/jiko/index10.html (Word版・PDF版)

===================================
            2.社告・リコール情報
===================================  
  ◆イケア・ジャパン株式会社  「ベビーベッド」(HP)
   (2012/11/6)

  当製品において、製品に同封の組み立て説明書に誤りがあることが判明
  しました。*ベッド側部(前枠等)を取り外せるとの記載がありますが、
  実際は側部を取り外して使用することはできません。すべての枠を固定
  した状態でお使いください。ベッド側部(前枠等)を外して使用すると、
  子どもが転落するおそれがあります。(注意喚起)

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012110601.html
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  ◆エスケイジャパン株式会社  「扇風機」(HP)
   (2012/11/5)

  当製品の一部において、製品の羽根に輸送中に傷がついたと思われる不
  具合があり、傷ついた羽根をそのまま使用すると羽根割れに至るおそれ
  があることが判明。(自主無償部品交換)

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012110501.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  ◆株式会社ほんやら堂  「電子レンジ加熱式蓄熱具」(HP)
   (2012/10/26)

  当製品を取扱説明書で禁止している連続加熱を行った場合、本体が破損
  するおそれがある。(回収(返金))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012102602.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
    ◆株式会社パオック  「エアコンプレッサ」(HP)
   (2012/10/26)

  当製品の一部において、初期動作中に過剰スパークにより、本体を破損
  ・損傷する可能性があることが判明。(無償安全点検)
  
 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012102601.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆(輸入元)株式会社馬里奈
   (販売元)株式会社サンエー・インターナショナル 「靴」(HP)
   (2012/10/24)

  当製品において、一部の商品でヒール部分の強度不足によりヒールが取
  れるおそれがあることが判明。(回収(代金返金))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012102401.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  ◆アルインコ株式会社  「三脚脚立」(HP)
   (2012/10/22)

  当製品において、アルミ製後支柱取付金具に亀裂が生じるおそれのある
  ことが判明。(回収(返金))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012102201.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  ◆株式会社オーム電機  「LED電球」(HP)
   (2012/10/18)

  当製品において、内部コンデンサーの破損により、ガラスグローブが割
  れ、周囲にガラスの破片が飛散する恐れのあることが判明。(無償交換
  (代替品))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012101801.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  ◆キヤノン株式会社  「ワイヤレスファイルトランスミッター
               (デジタル一眼レフカメラ用)」(HP)
   (2012/10/16)

  当製品おいて、外観部のラバー部材が短期間で白く変色する可能性があ
  ることが判明。(無償交換(ラバー))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012101601.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~    
  ◆株式会社あさひ  「自転車」(HP)
   (2012/10/9)

  当製品において、納品時にハンドル部分の適正な締め付け確認を実施し
  ておりましたが、フロントフォークに一部不具合品が混入し、ハンドル
  部が十分に固定されない恐れがあることが判明した。(無償交換(代替
  品))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012100902.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
  ◆株式会社馬里奈(輸入元) 
   株式会社ワールド(販売元) 「靴」(HP)
   (2012/10/1)

  当製品において、一部の商品でヒール部分に強度不足があり、取れてし
  まう可能性があることが判明。(回収(購入代金返金))

 【詳細】 http://www.nite.go.jp/jiko/shakoku_index/2012100102.html
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
  ◇過去1年間の社告・リコール情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/index4.html 
  ◇社告・リコール情報の検索
   http://www.jiko.nite.go.jp/php/shakoku/search/index.php

===================================
           3.NITEからのお知らせ
===================================     
  ◆◆◇事故情報収集制度における事故情報の調査結果について ◇◆◆
    (H24年度第2四半期調査終了分)(2/2)    

  NITEがこれまでに収集した事故情報に関し、調査、確認、評価を行
  った上で、平成24年度第2四半期中に結論を得たものについて、品目
  別に整理したものです。

   http://www.nite.go.jp/jiko/reports/H24/H24_02_2.html
    ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇     注意喚起リーフレットについて          ◇◆◆      

  NITEで収集した事故情報を基に、季節別に発生した事故事例とその
    事故防止のポイントをわかりやすくまとめたリーフレットを作成してい
  ます。地域や社内回覧にご利用ください。

  注意喚起リーフレットの追加
   「冬 ついついうっかりが思わぬ事故に 」
    内容:ストーブ、こたつなど
    http://www.nite.go.jp/jiko/leaflet/data/winter_2012.pdf
   
  ◇過去の注意喚起リーフレットの情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/leaflet/leaflet.html
    ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇       注意喚起ちらしについて         ◇◆◆

  NITEで収集した事故情報を基に作成した注意喚起ちらしをホームペ
  ージに掲載しております。地域や社内回覧にご利用ください。

  注意喚起ちらしの追加
   ・「リコールなど注意を呼びかけています(No.39)」
    内容:液晶プロジェクター、自転車など
    http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/data/pdf/84_recall39.pdf

  ◇過去の注意喚起ちらしの情報
   http://www.nite.go.jp/jiko/chirashi/chirashi.html
    
===================================
           4.その他の製品安全情報
===================================
  ◆◆◇ 「第6回製品安全対策優良企業表彰」受賞企業の発表 ◇◆◆
                             経済産業省
  
  製品安全に積極的に取り組む企業を表彰する、平成24年度「第6回製
  品安全対策優良企業表彰」の受賞企業を発表しました。

  http://www.meti.go.jp/press/2012/11/20121102004/20121102004-1.pdf
  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇介護ベッドの手すり等による死亡事故が発生しています!◇◆◆
                              消費者庁
  
  介護ベッドの手すり等による死亡事故が平成24年度に消費者庁に4件
  報告されています。過去5年間では32件になり、重傷事故を含めると
  63件になります。

    http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121102kouhyou_3.pdf
  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇ 医療・介護ベッド使用にかかる注意喚起の周知度調査 ◇◆◆
      の結果及び対策について             消費者庁
  
  消費者庁では「実際の介護者に医療・介護ベッド使用にかかる注意喚起
  がどの程度伝わっているか」等を把握するため、全国の在宅介護者向け
  にアンケート調査を行いました。

    http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121102kouhyou_2.pdf
  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇  消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について ◇◆◆
                              消費者庁
  
  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告
  のあった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

  11/13 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121113kouhyou_1.pdf
    11/09 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121109kouhyou_2.pdf
  11/06 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121106kouhyou_1.pdf
  11/02 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121102kouhyou_1.pdf
    10/30 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121030kouhyou_1.pdf
  10/26 http://www.caa.go.jp/safety/pdf/121026kouhyou_1.pdf
  ----------------------------------------------------------------
    ◆◆◇         ミプロ製品安全セミナー         ◇◆◆
    「正しく知りたい電気用品安全法 ~輸入品とPSEマーク~」  
              (財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ) 

  輸入事業者向けに内容を絞り、電気用品安全法と事業者の留意点を解説
  します。登録検査機関からの講師が、事業者から各種製品の対象・非対
  象や技術基準の相談等に携わってきた経験に基づき、具体的に説明しま
  す。

 【開催日】2012年12月4日(火) 13:30~16:00
 【場所】 池袋サンシャインシティ コンファレンスルーム Room4
 【講師】 (一財)電気安全環境研究所(JET) 
        経営企画部統括グループマネージャー 加藤正樹 氏
  【参加費】無料
  【詳細・申込み】 http://www.mipro.or.jp/Event/touroku/id/360
  ----------------------------------------------------------------
  ◆◆◇      「製品安全」セミナー参加者募集     ◇◆◆
                      一般財団法人日本規格協会

 【テーマ】消費者安全の確保策を紐解く
 【開催日】2012年11月29日(木) 13:10~17:00
 【会場】 日本規格協会 本部ビル 6階 大講堂(東京都港区赤坂)
 【参加費】有料(一般10,500円・会員9,450円)
 【詳細・申込み】 http://www.jsa.or.jp/standard/meeting_02.asp?fn=ps7.htm
         
===================================
              5.編集後記
=================================== 
  ガス炊飯器は電気炊飯器(最近の電気炊飯器は進化しているそうです
  が)に比べて火力が強く、お米がふっくら美味しく炊けるらしいです
  が、私は味の違いがわかりませんでした。ごはんの味の違いがわかる
  人はたくさんいるらしいのですがすごいと思います。炊きたてのごは
  んは、なにで炊こうがなにがなんでも美味しいです。
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
  
  PSマガジンの普及にご協力をお願いいたします。PSマガジンのご
  紹介先のお知らせ、広報誌等への掲載を歓迎いたします。
  
  このメールマガジンに関するお問い合わせ、「その他の製品安全情報」
  欄へ掲載のご希望などがありましたら、以下のメールアドレスまでご
  連絡ください。
  ( mailto:ps@nite.go.jp )

  配信登録や解除、配信メールアドレスの変更は、下記HPからお願い
  いたします。(過去のPSマガジンも掲載しています)
    http://www.nite.go.jp/jiko/psm/index.html
  
・・・‥‥…………………………………………………………………‥‥・・・
          【編集・発行】 独立行政法人製品評価技術基盤機構 
                  製品安全センター 製品安全調査課
                                    http://www.jiko.nite.go.jp/

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図