製品安全

Vol.306  4月10日号 「ヘアドライヤーによる事故」

 
                   2018.4.10 VOL.306
=======================PSマガジン(製品安全情報メールマガジン)====
                製品安全についての情報をお届けします。
                                   (第2・4火曜日発行)
             ‥‥‥‥………………………………‥‥‥‥‥
               NITE(ナイト)[独立行政法人製品評価技術基盤機構]
                              製品安全センター
====================================================================
               
  新年度が始まりました。春になってヘアアレンジ・・・と考えている人
    も多いと思います。男性、女性問わず髪のおしゃれに欠かせないのがヘ
    アドライヤー。しかし、ヘアドライヤーは家電製品の中では不注意によ
  る事故が非常に多い製品です。
  今回はヘアドライヤーによる事故を紹介します。

======================================================================
               項目一覧 
======================================================================
1.ヘアドライヤーによる事故

2.製品事故収集情報(3月21日~4月3日 受付 147件)

3.リコール情報( 1件)

4.その他の製品安全情報
  ・消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について

===================================
           1.ヘアドライヤーによる事故
===================================
                
  【事例1】
        ヘアドライヤーを使用中、電源コードが破損し、火花が出て、髪の
    毛が焦げた。

   →製品の電源コードは捻れていました。本体側コードプロテクター部
    に過度なストレスが繰り返し加わったため、コード芯線が断線し、
    ショートが発生して火花がでたものと考えられます。
    なお、取扱説明書には、「コードがよじれたままでは使わない。シ
    ョートして火花がでることがある」旨、記載されていました。   

  【事例2】
    ヘアドライヤーのスイッチを入れたが作動しなかったため、コード
    を束ねて壁に掛けていたところ、製品から発煙し、製品及び周辺を
    焼損する火災が発生した。

   →事故前日、電源が切れたり入ったりする異常がありました。使用者
    はスイッチを入れても動かない故障に気がついていましたがスイッ
    チを入れた状態で電源プラグをコンセントに接続したまま放置した
    ため故障箇所で異常発熱が生じ出火に至ったものと考えられます。
    なお、電源コードのラベル及び取扱説明書には、「使用後に必ず電
    源プラグをコンセントから抜く」「風が出たり出なかったりすると
    きは使用を中止する」旨、記載されていました。

  【事例3】
    ヘアドライヤーを使用中、髪の毛が焦げた。

   →送風モーター軸に抜けた髪の毛が多量に絡みつき、風量が低下し温
    風温度が高くなっていたことと、ノズルを取り付けず使用していた
    ことから、温風吹出口に髪の毛を近づけすぎて、髪の毛が焦げたも
    のと考えられます。
    なお、取扱説明書には、「吸込口・吹出口をふさがない」「吸込口
    ・吹出口から異物等を入れない」旨、記載されていました。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【事例1の注意事項】
   ヘアドライヤーの電源コードが捻れたままで使用しないでください。
   電源コードが断線して火花が出て、火傷を負ったり衣服が焦げる恐
   れがあります。
      
    【事例2の注意事項】
   風が出ない、電源の入り切りが不安定であるなど、異常があった時は
   使用を中止してください。また、使用後はスイッチを切り、電源プラ
   グをコンセントから抜いてください。再使用される際には必ずメーカ
   ー等に相談して点検を受けるようにしてください。
  
    【事例3の注意事項】
   ヘアドライヤーを保管する際は吸込口・吹出口に髪の毛やほこりなど
   の細かなゴミが入らないように製品及び製品周囲はきれいに保ち、こ
   まめに掃除をしてください。ゴミなどの異物が入ると異常過熱して発
   火する恐れがあります。

   NITEでは2018年3月23日に「春から新生活!!~電子レンジ、ヘアド
   ライヤー、洗濯機、身近な家電の使い方に注意~」をプレスリリース
   しています。
   https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2017fy/prs180323.html
   
   ヘアドライヤーによる事故に関する資料も併せてご参照ください。
  (注意喚起ミニポスター)
   https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/kaden/index.html#product1-04
  (注意喚起動画)
   https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/kaden/01040101.html
   https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/kaden/01120201.html

   その他の事故事例は、「事故情報の検索」で「ヘアドライヤー」など
   をキーワードに検索していただけます。
   https://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/search/index.html

===================================
            2.製品事故収集情報            
===================================
          消費生活用製品の事故情報収集状況     
                    (3月21日~4月3日   受付 147件) 
  NITEに通知のあった事故情報から、件数の多い製品を掲載します。

    ======================================================== 
         製品名            (事故状況と件数)
      1.    直流電源装置           ( 製品破損等  83件)
     2.    ノートパソコン         ( 火災等       5件)
     3.    ガス給湯器            ( 製品破損等   5件)
     4.    石油ファンヒーター       ( 火災等       4件)
     5.    ガスこんろ            ( 火災等       4件)
    ======================================================== 
    直流電源装置についてはコード部分から火花が出たという83件の
    同種事故です。

   最新事故情報(これまでの受付情報もご確認いただけます)
   https://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/information/index.html

   事故情報の提供をお願いいたします。
   事故の再発防止のため、有効に活用させていただきます。
   https://www.nite.go.jp/jiko/jikojohou/shushu/index.html

===================================
               3.リコール情報
===================================          
    パナソニック株式会社(法人番号 5120001158218)
             「ノートパソコン」                3/28(HP)
   【詳細】 http://askpc.panasonic.co.jp/info/180328.html
              
===================================
           4.その他の製品安全情報
=================================== 

        消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について    

                              消費者庁

  消費者庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告の
  あった重大製品事故について、以下のとおり公表しています。

      3/30  10件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_180330_0001.pdf 
      4/ 3  5件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_180403_0001.pdf 
   4/ 6  7件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_180406_0001.pdf 
      4/10  4件 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_180410_0001.pdf
===================================
                編集後記

  電話機の受話器のコードがぐるぐるとねじれているのを見ることがあり
  ます。恐らく受話器を右手から左手に持ちかえた時などに受話器を無意
    識に回転させて何度かねじってしまったのではないかと思います。
  ヘアドライヤーのコードの根元が断線して火花が発生した事故品にもコ
  ードがぐるぐるとねじれているものがあります。これも後ろの髪を乾か
  したり、前を乾かしたり、左右を乾かしたりしている間に無意識にコー
  ドを何度もねじってしまったためだと思います。手で持って使うものは
  知らない間に何度も回転させてしまうことがあるようです。
  コードがぐるぐるとねじれていると断線しやすくなります。ヘアドライ
  ヤーは消費電力が大きく、電源コードが断線すると大きなスパークが発
  生し、火花が出るため非常に危険です。電源コードがぐるぐる状態にな
  らないようにねじれに気づいた時は元に戻すように日頃から心がけまし
  ょう。

===================================

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
                                                          
  PSマガジン配信先の紹介等PSマガジンの普及にご協力をお願い致
  します。また、社内報や広報誌、回覧板などへの掲載も歓迎致します。
                                                              
  PSマガジンに関するお問い合わせ、「その他の製品安全情報」欄へ
  掲載のご希望などがありましたら、以下のメールアドレスまでご連絡
  ください。
   Eメール:ps【アットマーク】nite.go.jp
  (メールを送る際は【アットマーク】を@に変えてください)                      
                                                             
  配信登録や解除、配信メールアドレスの変更は、下記HPからお願い
  致します。(PSマガジンのバックナンバーも掲載しています)              
   https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/mailmagazin/index.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         【編集・発行】 独立行政法人  製品評価技術基盤機構 
                 製品安全センター リスク評価広報課
                 (法人番号 9011005001123)
                https://www.nite.go.jp/jiko/index.html

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図