製品安全

電池・バッテリー「3.電池の誤飲」

 

コイン形リチウム電池を誤飲した事故の再現映像

【動画の解説】
ボタン電池及びコイン電池は誤飲してしまうと、電気分解によってアルカリ性の物質が生じ、消化管の壁を損傷します。穴が開いたりする可能性があり、場合によっては死に至るおそれがあります。特にリチウム電池は飲み込んでから30分から2時間という短い時間で消化管の壁に潰瘍を作ってしまいます。子どもが口に入れてしまわないよう、注意してください。

※専門家が実験を行っております。大変危険ですのでマネしないでください。

【注意喚起ポスター】
3-18 子どもの事故1「ボタン電池の誤飲事故」

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図