製品安全

製品安全教育DVDハンドブック(こんろの事故)

View this page in English

この動画を見るためには<a href="http://get.adobe.com/flashplayer/" target="_blank">Flashのプラグイン</a>が必要です

ファイル【swf:12,694KB】

あらまし

天ぷらを調理中に、目を離してしまい、においと煙が発生するところでした。

ページトップへ

解説

天ぷら油は、強火で加熱後約5~10分程度で自然発火する温度(370℃以上)に達します。

現在は、天ぷら油の自動消火機能(調理油過熱防止装置)が付いており、なべの底の温度を測って、ある一定温度(250℃程度)になると消火したり火の大きさを小さくします。しかし、なべの底がひどく汚れていたりすると正しく測れない場合があります。また、油の量が少ない時、すぐに油の温度が上昇します。その温度上昇スピードにセンサーがついていけず、自然発火温度に達して発火することもありますので、天ぷら調理中は目を離さないようにしてください。
天ぷら油の自動消火機能については、2口こんろの片側にしか付いていなかったものが、2008年10月1日から全口に調理油過熱装置が義務化されました。しかし、規制以前の過熱防止装置がついていないこんろも多く使われていますのでご注意ください。また、IHこんろでも同じように火災になった事例があります。

ページトップへ

注意ポイント

天ぷら調理中はその場を離れないこと。

ページトップへ

その他のこんろの事故

  • ガスこんろの回りに可燃物を置いていたので、引火しました。
  • ガスこんろの火が付かないので、ライターの火を近づけたところ、爆発しました。
  • こんろに近づきすぎたため、衣服に燃え移りました。

ページトップへ

話し合い

  • 身近に同じような事故にあった人はいませんか?
  • どんなところに気をつけたらいいでしょうか?
    • こんろを使っている時は離れない。
    • 燃えるものを近くに置かない。
    • 火が付きやすい服装をしない。
  • 台所にある燃える物を挙げてみましょう。

ページトップへ

なべの油に火が付いたら?

  • 逃げる。声を出す。大人に知らせる。火災現場に戻らない。

FLASHファイルをご覧いただくためには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。Adobe Flash PlayerはダウンロードページGet ADOBE Flash Playerよりダウンロードできます。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図