製品安全

扇風機「4.就寝中に発火」

 

古い扇風機が就寝中にコンデンサーから発煙・発火した事故の再現映像

【動画の解説】
扇風機の部品は、長期の使用により劣化していきます。動きが悪い・動かなくなった、焦げ臭いような異臭がする等の不具合が発生した場合は使用を中止してください。就寝中は製品の異常に気づき難いため、一層の注意が必要です。なお、古い扇風機は部品の劣化が火災の原因になっていますので、買い替えをお勧めいたします。

00:38 発火
※専門家が実験を行っております。大変危険ですのでマネしないでください。

【注意喚起ポスター】
1-01 扇風機1「古い扇風機の火災事故」
1-14 扇風機2「古い扇風機から出火」
1-19 扇風機3「古い扇風機の首振り部分から出火」

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図