製品安全

石油ストーブ「1.ガソリンの誤給油」

 

石油ストーブにガソリンを給油して使ったために、ストーブから大きな炎が立ち上がった事故の再現映像

【動画の解説】
ガソリンは揮発性が高く、燃焼筒の熱でタンクが温められた結果タンクの内圧が上昇し、溢れ出たガソリンにストーブの火が引火して大きく燃え上がる現象を再現しています。絶対にストーブにガソリンを給油しないでください。ガソリンを使用する場合はポリタンクなどには保管せず、消防法に則り、専用の携行缶などに保管してください。また、高齢などで視覚に障害を持つ方はガソリンと灯油の区別が困難な場合があります。一層のご注意をお願いします。

※専門家が実験を行っております。大変危険ですのでマネしないでください。

【注意喚起ポスター】
2-04 石油ストーブ1「石油ストーブでの火災」
2-11 暖房器具「暖房器具の事故」
2-14 石油ストーブ2「石油ストーブによる火災」
3-26 高齢者の事故「高齢者の事故」
 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図