製品安全

ガスこんろ「3.天ぷら油の発火(汚れた鍋)」

 

汚れた鍋を使用したため油が過熱されて発火した事故の再現映像

【動画の解説】
鍋の底に汚れが付着し、センサーが油の温度を正常に検知できず、油が加熱され続け発火温度(※)を超えた結果、自然発火する現象を再現しています。調理油過熱防止装置が付いているものでも、調理器具や使用条件によって発火に至ることがあります。調理中はその場を離れないでください。離れるときは必ずスイッチを切ってください。
(※)火種がなくても自然に発火する温度。市販の植物油の場合は約370℃。

00:30 発煙
00:51 発火
※専門家が実験を行っております。大変危険ですのでマネしないでください。
 

 

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図