製品安全

事故情報特記ニュースNo.4

1997.1.21

通商産業省は、電気ストーブの発火事故に関してテストを実施した結果、電源コードの経年劣化により、発煙・発火する可能性があることが確認されたこと、また、家庭用電気製品の電源コードからの発火が、当省が収集した事故情報においても散見されることから、電源コードの発火事故再発防止に資するため、当該事故の情報を提供することとしました。

なお、下記の製品をお持ちの方は、直ちに点検を実施し、不具合があった場合、廃棄するか、又は、下記の販売事業者まで連絡し修理(有償) を受けるようにして下さい。

事故発生状況等及び事故製品は次のとおりです。

1.事故の発生状況

昭和63年に購入した電気ストーブを平成8年1月26日午後9時頃台所で使用し、本体スイッチを切って隣室にいた。午前5時40分頃トイレに行ったとき、ストーブから発火し、床面が焼けていた。

ページトップへ

2.事故製品

事故製品
商品名 電気ストーブ
型式 RH-B8
生産国 日本
製造事業者 ユニオン電子株式会社
販売事業者 三菱電機株式会社
製造期間 昭和62年7月~昭和62年11月
生産台数 53,967台
事故の発生件数 1件

ページトップへ

3.事故原因

事故原因は、本体電源コードのブッシング部で被覆が経時屈曲劣化によって、絶縁が破壊され、心線が短絡し発火に至ったものと推定される。

ページトップへ

4.措置

当該電気ストーブは長期間使用(購入後約8年)されており、現在使用中の同型式製品についてもコードの経時屈曲劣化が考えられることから、電源コードを動かすと通電したり、通電しなかったりする症状が認められる場合は、直ちに電源プラグを抜いて電源を切ること。

ページトップへ

5.販売事業者の連絡先

三菱電機お客様相談センター

首都圏本部
03-3414-9655
関西本部
06-451-3611

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター  リスク評価広報課
TEL:06-6612-2066  FAX:06-6612-1617
住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-22-16 地図